加藤匠馬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
加藤 匠馬
中日ドラゴンズ #52
Doragons katotakuma 20160812.jpg
2016年8月12日 阪神鳴尾浜球場
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 三重県松阪市
生年月日 (1992-04-29) 1992年4月29日(26歳)
身長
体重
175 cm
74 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 2014年 ドラフト5位
初出場 2015年5月31日
年俸 550万円(2018年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

加藤 匠馬(かとう たくま、1992年4月29日 - )は、中日ドラゴンズに所属するプロ野球選手捕手)。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学校から軟式野球を始め、中学校では投手をやっていた。

三重高等学校では1年から捕手に転向し、2年秋に正捕手に定着。3年春に選抜大会に出場し、1回戦でサヨナラタイムリーを決めた。

青山学院大学では1年秋からリーグ戦に出場。

2014年プロ野球ドラフト会議にて中日ドラゴンズから5位指名を受け、11月16日に仮契約を結んで入団。背番号は39に決まった。

プロ入り後[編集]

2015年、5月31日の北海道日本ハムファイターズ戦でプロ初出場したが、この年は打席に立つことはなかった。

2016年、5月22日の読売ジャイアンツ戦の8回裏に代打で初打席に立ち、結果は一塁へのファールフライだった。11月25日から台湾で開催されたアジアウインターベースボールリーグにおいて、NPBウエスタン選抜に選出される[2]

選手としての特徴・人物[編集]

地元出身という事で中日ファンであり、年に2回はナゴヤドームに足を運んで試合観戦をしていたという[3]。入団会見でも「小さい頃からずっと応援していたあこがれていたユニホームに袖を通すことができて、とても嬉しく思います」と喜びを語った[4]

遠投120メートルの強肩である[5]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2015 中日 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
2016 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
2017 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
NPB:3年 5 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
  • 2017年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]


捕手
















2015 2 1 0 0 0 0 1.000 1 1 0 .000
通算 2 1 0 0 0 0 1.000 1 1 0 .000
  • 2016年度シーズン終了時

記録[編集]

背番号[編集]

  • 39 (2015年 -2017年 )
  • 52 (2018年 - )

代表歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 中日 - 契約更改 - プロ野球.日刊スポーツ.2018年6月13日閲覧。
  2. ^ 2016アジアウインターベースボールリーグ(AWB)NPBメンバー一覧”. NPB.jp (2016年11月22日). 2017年10月29日閲覧。
  3. ^ 中日スポーツ 2014年10月30日
  4. ^ 2014年ドラフト指名選手 加藤匠馬中日ドラゴンズ公式サイト
  5. ^ 青学大が始動 ドラフト候補の加藤、初のVへ意気込むスポニチアネックス 2014年1月5日掲載

関連項目[編集]

外部リンク[編集]