片岡篤史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
片岡 篤史
阪神タイガース コーチ #81
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 京都府久世郡久御山町
生年月日 (1969-06-27) 1969年6月27日(47歳)
身長
体重
188 cm
92 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 三塁手一塁手
プロ入り 1991年 ドラフト2位
初出場 1992年4月4日
最終出場 2006年10月12日(引退試合)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 阪神タイガース (2010 - 2012、2016 - )

片岡 篤史(かたおか あつし、1969年6月27日 - )は、京都府久世郡久御山町出身の元プロ野球選手内野手)・コーチ。現役時代には、日本ハムファイターズ阪神タイガースに所属していた。

現役引退後の2010年から、阪神で一軍打撃コーチを担当。2012年限りで退任した後は、野球評論家野球解説者タレントとして活動するかたわら、芦屋大学客員教授を務めていた。2016年からは、阪神で再び一軍打撃コーチを務める。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

中学校時代はシニアリーグの出身で、ボーイズリーグ出身の立浪和義とは試合をしたことがなかった[1]。シニアでは有名な強打者であり、「京都の怪物」の異名をとっていたが、体は大きいが要領が悪く、洗濯機を奪い合う競争にもいつも負けていた[1]。同期の1年生たちが先輩たちのユニフォームの洗濯を終えて眠りをむさぼる深夜、ようやく片岡は洗濯機に先輩のユニフォームを突っ込んでうなだれているという有様だった。そんな片岡の様子を、立浪は「いつか、寮から逃げ出すのではないか」とずっと心配していたという[1]

高校2年の秋の大会で片岡は一応レギュラーのポジションを獲ったが、まだバッティングに安定感がなく、期待通りに打つことはできなかった[1]。片岡は左打者であるため、相手チームのエースが左投手だとスターティングメンバーから外されたりして悩んでいたという[1]大阪桐蔭高校の1年生には、後に立浪とともに中日ドラゴンズでプレーした左のエース・今中慎二がいたため、彼が出てくると先発から外された[1]。ここという大一番で出番がないのが片岡の課題だった[1]。そんな片岡に何とかレギュラーに定着してほしいと、立浪は寮で同じ部屋になったという[1]。秋が深まり寒さが厳しくなった時期、「悩むくらいなら、毎朝一緒に落ち葉掃きをしないか!」と立浪から提案され、毎朝5時半に起きて約1時間、グラウンドの周りの落ち葉を掃除し続けた[1]。最初、片岡は立浪から起こされてもなかなか布団から出ようともしなかったが、日を重ねるにつれて片岡も自分から起き出すようになり、立浪曰く「晴れやかな気持ちで一日が始まる快感を知ると、最初の眠気にさえ勝てば、むしろ楽しみになる」ほどとなり、落ち葉がとうとう落ちなくなるほどまで続けられたという[1]。この落ち葉掃きの成果かどうかはわからないが、春になって片岡のバッティングはめきめきと良くなり、片岡はすっかり不動のレギュラーとなった[1]

PL学園高校時代、4番打者として1987年甲子園連覇を果たす。同期に立浪・橋本清野村弘ら、1学年下には宮本慎也、2学年上には清原和博桑田真澄がおり、清原の付き人であった。また、2学年下には清原和博の弟の清原幸治がおり、3年時の片岡の付き人であった。

卒業後は同志社大学に進学。関西学生野球リーグ1989年春季に首位打者になる。リーグ戦通算91試合出場、311打数100安打、打率.322、10本塁打、48打点。ベストナイン4度受賞。

1991年ドラフト2位で日本ハムファイターズに入団。

プロ入り後[編集]

日本ハム時代[編集]

1992年4月4日西武ライオンズ戦で7番サードでプロ初出場を果たし、この試合で工藤公康からプロ初安打を放った。4日後の近鉄バファローズ戦ではプロ初本塁打を放った。1年目からレギュラーとして出場し、125試合で打率.290、10本塁打をマークし、規定打席にも到達するなど、活躍した。また、入団の際に大学卒業に必要な単位が不足していたため、1年留年し、シーズンオフに残存単位を取得し、卒業した。

1993年オールスターゲームに初めて選出された。同年は打点と本塁打が前年より下がり、三振数は102を記録したが、安定した打撃を見せ、打率.287とアベレージを残した。

1994年は2年ぶりに2桁本塁打をマークしたものの、打率2割台前半の不調で99試合の出場に終わってしまった。

1995年は2年ぶりに100試合出場を超え、規定打席に到達を果たしたものの、打撃不振は変わらず、2年続けて100安打に到達しなかった。

1996年はこれまでの不振を一掃する活躍を見せ、自身初の3割となる打率.315を記録し、15本塁打をマークした。

1997年も打撃好調で3割は逃したが、17本塁打を放った。

1998年は2年ぶりに打率3割を記録し、前年同様17本塁打をマークした。また最多四球を記録した他、最高出塁率のタイトルを獲得した。

1999年4月7日の西武戦で、プロ初先発の松坂大輔が投げた155km/hの速球に、片岡は豪快な空振りをした。その映像は松坂のデビュー戦のハイライトとしてよく使用されている。試合前には「データでは松坂は変化球投手だ」と分析しており、前日に食事をした金村義明にもそう語っていた[2]。後に片岡は「松坂は僕の空振りを見て自分のボールに自信がついたんだろう」と冗談交じりに語った。しかし、それ以後片岡は松坂を得意としている。同シーズンは前年の成績を下回った。

2000年4月2日の西武戦で土肥義弘からソロ本塁打を放ち、プロ通算100本塁打を達成した。5月31日の福岡ダイエーホークス戦で1000試合出場を達成した。6月13日の近鉄戦では1000本安打を達成した。6月30日の対西武戦で、9回裏に松坂のノーヒットノーランを阻止するヒットを打っている。打ったボールは前年空振りを喫した高めの直球であった。同年は節目だらけの年となり、打率.290で自己最多の21本塁打、97打点をマークした他、2年ぶりに最多四球を記録した。また、1997年から2000年まで4年連続でオールスターゲームに選出された。

2001年は打撃3部門全て前年を下回る成績となり、打率も.254で終わるなど不本意な成績となった。シーズンオフにFA宣言し、阪神タイガースへ移籍。このオフに結婚。夫人は当時大学4年だった。その後、2児をもうける。

日本ハム時代は、選手会長としてチームを引っ張る立場だった。岩本勉はテレビ番組で「マウンド上でくじけそうになったときも、片岡さんが後ろから励ましてくれて有り難かった」と話している。また、小笠原道大がまだ新人だった頃、その才能を見抜いて熱心に指導を行い、小笠原本人も「いつも片岡さんの背中を追いかけていた」と語っている。後に小笠原がFA宣言し、日本ハムに残留するか読売ジャイアンツに移籍するか迷った時に、最初に相談した相手は片岡であった[3]

阪神時代[編集]

2002年は2年ぶりにオールスターゲームに選出されたが、シーズンではセ・リーグのバッテリーの配球に苦しみ、規定打席には到達したが、打率.228、11本塁打、46打点と不振に陥った。

2003年には規定打席には到達しなかったものの勝負強い打撃で復活し、阪神のリーグ優勝に貢献した。チームが優勝を決めた9月15日の対広島東洋カープ戦では、途中出場の8回裏に同点ソロ本塁打を放ち、9回裏にも1死一塁からライトへのヒットで一・三塁として赤星憲広によるサヨナラ勝ちを引き出した。最終的に110試合の出場で打率.296、12本塁打、55打点の成績を残した。12本塁打は阪神移籍後最多だった。

2004年は新外国人のマイク・キンケードが加入した。キンケードは故障離脱で出場機会が少なかったものの、開幕スタメン遊撃手で起用された新人の鳥谷敬が、打撃不振で数試合で藤本敦士に譲り、その鳥谷は三塁手で起用されたため、46試合の出場にとどまり、打率も.205と不振だった。

2005年は前年までの三塁手だった鳥谷が正遊撃手となったものの、三塁手に今岡誠、一塁手にはアンディ・シーツが起用されたことでこの年もレギュラーで起用されなかった。代打で6打席連続ヒットを記録するなど、ここぞという時の切り札として活躍したが、全体では前年同様低調な成績で終わった。この年はチームは2年ぶりにリーグ優勝した。

2006年関本健太郎らにポジションを奪われ、更に相次ぐ故障から本塁打がわずか1本にとどまるなど打撃不振に陥り、終盤に戦力外通告を受けた。これを受けて体力的な限界もあったことからこの年をもって現役を引退。阪神ではシーズン100安打を打てず、規定打席に到達したのは2002年の1回だけだった。引退試合となった10月12日の対中日ドラゴンズ戦では6番サードでスタメン出場し、盟友の立浪が守るレフトを越える二塁打を放つなど2安打で有終の美を飾った。胴上げには阪神選手のほか、中日から立浪、谷繁元信井上一樹、PL学園の後輩である福留孝介、日本ハム時代のチームメイトである奈良原浩上田佳範も加わった[4]。引退セレモニーでは立浪が花束を贈呈し、片岡と熱く抱擁を交わした[5]

現役引退後[編集]

2007年フジテレビ関西テレビの野球解説者、スポーツニッポンの野球評論家に就任。関西テレビの『ぶったま!』では、阪神の一軍打撃コーチに就任した広澤克実に代わりレギュラーコメンテーターを番組終了時まで務めていた。

また日本ハムOBということで、『STVアタックナイター・ファイターズスタジアム』(STVラジオ)解説者として北海道のラジオでも解説を担当している。2007年9月29日の千葉マリンスタジアムでのロッテ対日本ハム戦は、日本ハムのリーグ優勝がかかっていたためSTVラジオ制作として片岡の解説で千葉から放送を行い、NRN系列で全国放送された。

2008年2月4日より広瀬哲朗の後任として、『スポーツワイド Fの炎〜SPORT HOKKAIDO〜』(北海道文化放送)の解説者となる。これは片岡の北海道で初のレギュラー番組である。

2010年シーズンからは、阪神に一軍打撃コーチとして復帰。[6] コーチ1年目はチーム打率.289の球団記録を残すなど、シーズンを通して打線が好調だった。

2011年12月9日、野球殿堂入り候補者名簿・プレーヤー部門に掲載される[7]

2012年はチーム打率はリーグ4位、チーム本塁打はリーグ最下位と低迷し責任を取って辞任した[8]

2013年からは、フジテレビ・関西テレビ・北海道文化放送の解説者、スポーツニッポンの評論家に復帰。また、芦屋学園スポーツモダニズムプロジェクトの一環として、芦屋大学の客員教授を務める[9]

2015年には、上記の活動に加えて、札幌テレビの北海道日本ハム戦中継で解説を担当。シーズン終了後の10月27日に、阪神の一軍打撃コーチへ再び就任することが球団から発表された[10]

応援歌[編集]

日本ハム時代の応援歌は、古屋英夫のテーマ曲を流用。ファンファーレから始まる曲であった。阪神の応援団は片岡の応援歌を作る際に、このファンファーレを継承。さらに、「右投げ左打ち、実家は檜風呂 リフォーム リフォーム 片岡篤史」という歌詞を付け加えた[11]

もっとも、片岡本人は「実家にあるのは、檜風呂ではなく檜製のサウナである」と主張。この応援歌が気になって打席に集中できなかったことから、2003年末の契約更改の席上で「『実家は檜風呂』というファンファーレをやめてほしい」と訴えた。そのため、応援団は2004年から片岡のファンファーレを自粛するようになった。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1992 日本ハム 125 486 431 44 125 17 3 10 178 53 5 3 18 2 33 3 2 93 3 .290 .342 .413 .755
1993 124 503 425 55 122 29 2 8 179 39 4 6 11 2 63 3 2 102 7 .287 .380 .421 .801
1994 99 382 334 38 73 11 0 11 117 41 3 3 0 2 45 0 1 90 5 .219 .312 .350 .662
1995 106 421 357 40 80 12 2 6 114 39 1 2 6 1 55 2 2 83 3 .224 .330 .319 .649
1996 115 489 416 60 131 20 3 15 202 51 3 3 6 1 65 2 1 70 7 .315 .408 .486 .893
1997 135 600 514 67 147 28 2 17 230 67 3 3 0 3 81 2 2 77 9 .286 .383 .447 .831
1998 133 584 466 89 140 26 1 17 219 83 2 0 0 4 113 1 1 93 8 .300 .435 .470 .905
1999 115 489 423 59 116 19 4 15 188 63 1 1 0 4 61 1 1 90 8 .274 .364 .444 .808
2000 135 621 510 92 148 32 2 21 247 97 9 3 0 7 101 2 3 80 14 .290 .406 .484 .890
2001 106 463 401 57 102 18 1 16 170 62 1 2 0 4 57 2 1 62 8 .254 .346 .424 .770
2002 阪神 120 489 425 45 97 17 0 11 147 46 2 0 3 4 53 0 4 110 7 .228 .317 .346 .663
2003 110 373 334 48 99 31 0 12 166 55 1 1 1 1 35 1 2 86 3 .296 .366 .497 .863
2004 46 106 88 8 18 5 0 3 32 7 0 0 0 0 16 0 2 24 0 .205 .340 .364 .704
2005 50 73 57 8 12 1 0 1 16 7 0 0 0 1 15 0 0 17 0 .211 .370 .281 .651
2006 50 101 91 4 15 3 0 1 21 7 0 0 1 1 7 1 1 22 1 .165 .230 .231 .461
通算:15年 1569 6180 5272 714 1425 269 20 164 2226 717 35 27 46 37 800 20 25 1099 83 .270 .367 .422 .789
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績[編集]

年度 三塁 一塁 二塁
試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率 試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率 試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率
1992 125 100 257 14 17 .962 - 3 2 4 0 1 1.000
1993 124 97 224 10 13 .970 - -
1994 99 63 176 6 13 .976 - -
1995 - 97 823 57 6 79 .993 -
1996 18 4 14 1 0 .947 110 924 66 2 78 .998 -
1997 133 114 293 5 30 .988 7 29 3 0 0 1.000 -
1998 132 118 280 12 27 .971 2 1 0 0 0 1.000 -
1999 95 83 180 5 17 .981 - -
2000 135 129 237 12 26 .968 - -
2001 102 84 184 9 13 .968 - -
2002 114 64 217 7 13 .976 16 73 2 0 5 1.000 -
2003 99 60 131 3 10 .985 11 37 3 0 0 1.000 -
2004 28 8 36 2 2 .957 - -
2005 2 1 1 0 0 1.000 10 53 4 0 4 1.000 -
2006 32 9 41 4 2 .926 3 6 0 0 1 1.000 -
通算 1238 934 2271 90 183 .973 256 1946 135 8 167 .996 3 2 4 0 1 1.000

タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
節目の記録
  • 100本塁打:2000年4月2日、対西武ライオンズ2回戦(西武ドーム)、7回表に土肥義弘から右越ソロ ※史上208人目
  • 1000試合出場:2000年5月31日、対福岡ダイエーホークス11回戦(東京ドーム)、3番・三塁手で先発出場 ※史上360人目
  • 1000本安打:2000年6月13日、対大阪近鉄バファローズ12回戦(大阪ドーム)、9回表にユウキから遊撃内野安打 ※史上201人目
  • 150本塁打:2003年4月29日、対読売ジャイアンツ4回戦(阪神甲子園球場)、2回裏に桑田真澄から右中間へソロ ※史上124人目
  • 1500試合出場:2005年8月13日、対読売ジャイアンツ14回戦(東京ドーム)、5回表に杉山直久の代打で出場 ※史上145人目
その他の記録
  • 最多四球:2回 (1998年、2000年) ※1998年に記録した113四球は当時のパリーグ史上最高数
  • オールスターゲーム出場:6回 (1993年、1997年 - 2000年、2002年)

背番号[編集]

  • 38 (1992年)
  • 8 (1993年 - 2006年)
  • 88 (2010年 - 2012年)
  • 81 (2016年 - )

関連情報[編集]

いずれも野球解説者として出演

出演番組[編集]

※関西テレビローカル中継では「プロ野球中継」、北海道文化放送では「BASEBALL SPECIAL」のタイトル - 2007 -2009年に出演。2013年から復帰。

書籍[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k 立浪和義『負けん気』(文芸社、2010年2月、ISBN 978-4286088532/増補版、文芸社文庫、2014年2月、ISBN 978-4286148939)96 - 98頁
  2. ^ 2007年11月3日の放送 - Suntory Saturday Wating Bar "AVANTI" - サントリー・サタデー・ウェイティング・バーオフィシャルサイト
  3. ^ なお、片岡自身もFAで阪神入りする際、PL学園の先輩である清原和博(当時・巨人)に相談している。
  4. ^ 片岡篤史(2) 虎アルバム - photos.nikkansports.com - 2006年10月12日
  5. ^ 片岡篤史(1) 虎アルバム - photos.nikkansports.com - 2006年10月12日
  6. ^ http://www.sponichi.co.jp/baseball/flash/KFullFlash20091016121.html
  7. ^ 「平成24年 第52回競技者表彰委員会 野球殿堂入り候補者名簿」発表 - 日本野球機構オフィシャルサイト
  8. ^ 阪神 有田ヘッドコーチ、片岡打撃コーチが退団を発表 - スポーツニッポン
  9. ^ 片岡篤史氏(前阪神タイガース一軍打撃コーチ)の客員教授就任記者発表を参照。片岡と入れ替わる格好で阪神の二軍監督に復帰した平田勝男の後任扱い。
  10. ^ 阪神組閣一覧 - 日刊スポーツ
  11. ^ 2003年3月発売のアルバムCD「阪神タイガース 選手別応援歌 2003」の歌詞カードにも掲載

関連項目[編集]

外部リンク[編集]