落合英二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
英二 (落合 英二)
千葉ロッテマリーンズ コーチ #88
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 栃木県下野市
生年月日 (1969-07-25) 1969年7月25日(48歳)
身長
体重
178 cm
84 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1991年 ドラフト1位
初出場 1993年7月28日
最終出場 2006年8月2日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

落合 英二(おちあい えいじ、1969年7月25日 - )は、栃木県下都賀郡石橋町(現:下野市)出身の元プロ野球選手投手)、プロ野球コーチ

中日ドラゴンズの中継ぎとして活躍した右腕投手。2010年から2012年まで韓国プロ野球サムスン・ライオンズの投手コーチをつとめた。2015年から2017年までは千葉ロッテマリーンズの一軍投手コーチを務める。2017年からの登録名は「英二」。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

高校3年の夏は石井忠徳(石井琢朗)投手(横浜大洋ホエールズ入団)率いる足利工業高校に敗れ、県予選ベスト4に終わった。近鉄バファローズ新人王を獲得した宇都宮南高校高村祐なども高校時代の同期である。

日本大学へ進学。東都大学1部リーグ通算27試合登板、8勝13敗、防御率2.12、148奪三振。150km/hのストレートを武器にドラフトの目玉候補とされていたが、大学4年時に投球の際に右肘を骨折する重傷を負う。一時は選手生命も危惧されたが、回復すると判断した中日が1991年ドラフト会議東北福祉大学のエース斎藤隆の外れ1位で指名し入団。

プロ入り後[編集]

プロ1年目の1992年には肘にサファイアを埋め込む大手術を行った。

2年目の1993年に一軍登板を達成してから数年間は肘の状態を考慮してショートリリーフ専門だった。1995年以降はチーム事情もあり主に先発として一軍の登板機会を得る。先発としては完投能力はあるものの投球が良い時と悪い時の差が激しく成績を残せない時期が続いた。同姓の落合博満が現役選手として中日に在籍していた時期、基本的にスコアボード表記は英二は「落合英」、博満は単に「落合」と表記していた。ただ、一時期の東京ドームで博満が「落合博」となっていたことがある他、読売新聞等一部の活字メディアでは博満に「落合博」を使用していた。

1998年に就任した宮田征典コーチの意向もあって、抑えを務めていた宣銅烈に繋ぐ中継ぎとして固定されたことが転機となる。55試合に登板して、防御率2.82、4勝5敗5セーブの成績を挙げ、リリーフポイント19.70で最優秀中継ぎ投手のタイトルを獲得。

1999年には、サムソン・リー岩瀬仁紀らと強力な中継ぎ陣を形成し、リーグ優勝に大きく貢献した。

以降も活躍を続け、2002年からの山田久志監督下でも結果を残した。

落合博満が監督に就任した2004年も、中継ぎ陣の柱として活躍。この年は不調の岩瀬に代わり抑えを務める時期があった。9月26日には久々の先発登板、5回無失点で勝利に貢献。

2005年、落合監督の意向で先発に転向したが結果を残せず、中継ぎに再転向。

2006年はプロ野球の投球フォームのルール改正により二段フォームだった落合も投球フォーム改造を余儀なくされるなどの問題から開幕は二軍で迎え、一軍に上がっても結果は出せなかった。チームがリーグ優勝した際には一軍にいなかったが、落合をずっと支えてきた永田トレーナーが監督胴上げの瞬間、落合英二の背番号「26」のプレートを掲げ万歳するシーンが見られた。永田トレーナー以外にも、落合を慕っていた荒木雅博朝倉健太も帽子の裏に「26」と書いて出場していたという。同年オフに戦力外通告を受けた。球団は二軍投手コーチのポストを用意したが、本人は現役続行を希望し、固辞。その後、移籍先等模索したが契約にはまとまらず現役を引退。

1球勝利投手、1球セーブ投手、1球ホールド、1球敗戦投手、0球登板(交代を告げられてマウンドに上がってから雨天中断、その後降板[1])という珍記録を持っている。

引退後[編集]

2007年から2009年まで3年間、中部日本放送(CBC)の解説者等を務めた。同局ではテレビ番組『サンデードラゴンズ』内で「落合英二ブルブルの輪」というコーナーも担当していた。解説初年度は「ネット裏解説」という奇妙なポジションでの解説を務めることが多かった[2]が、その後は普通に実況席で解説をしていた。ただし、全国ネットの場合は2年目以降でも「ネット裏解説」として出演する場合があった。「ネット裏解説」の時は、観客に話しかけられることがあったという。ドラゴンズの選手からは「英二さんがすぐ見えるところにいるのが変な感じ」といわれたりしたとのこと。

ドラゴンズ時代に同僚だった宣銅烈が監督を務めていた縁で、韓国のサムスン・ライオンズでコーチ研修を受けた。2010年からサムスンの投手コーチに就任。落合コーチ就任後、サムスン・ライオンズのチーム防御率は大幅に改善し、2011年からは投手起用の全権を任され、その手腕は高く評価された。2012年シーズン、サムスンは2年連続韓国シリーズ優勝を達成し、同年のアジアシリーズ終了後退団した[3]

2013年から2014年まで2年間は、野球解説者に復帰。本数契約でCBC・東海ラジオテレビ愛知に出演する。また、中日スポーツの野球評論家も務める。2014年10月16日に千葉ロッテマリーンズの一軍投手コーチに就任する事が発表された[4] 。2017年より登録名を「英二」に変更した。同年現在、姓を省略し名のみを登録名としているコーチは中日の英智外野守備走塁コーチに次いで2人目。同年10月11日に来季コーチ契約を行わないことを通告された[5]

人物[編集]

「霊感に優れている」と言われており、以下のような話がある。

  • 試合中に大豊泰昭に自分のバットを差し出して「このバットを使ったら打てる」と予言したところ、大豊が本塁打を打った。
  • 1996年、山崎武司にもバットを差し出したところ、その年に山崎は本塁打王になった[6]
  • 1999年には、ズームイン!!朝!のプロ野球イレコミ情報で、どこの球場で優勝を決めるかと質問されると、「ブルペンが外にある球場で星野監督が胴上げされるのが見える」と予言。実際にプルペンが外にある神宮球場で優勝を決めている。
  • 2009年6月30日の対阪神戦の6回裏、一死満塁で藤井淳志が打席に立った際、ホームランバッターというわけでもなく、さらにそれまでのシーズンで藤井は満塁の場面の打率が7打席1安打と良くなかったにもかかわらず「藤井が颯爽とベースを回る姿が見える」と予言。そしてその打席、藤井は逆転のプロ初となる満塁本塁打を放った。[7]

他にも、霊感の強い様は中日スポーツ連載の4コマ漫画おれたちゃドラゴンズくらはしかん作)でも度々ネタにされていた。

人間関係[編集]

監督だった星野仙一に投球などで注意される時、殴られたことがあったが、結婚後は「俺は既婚者の奴は殴らないから安心しろ」と言われたという(落合に限らず、星野は独身選手には手を出すことはあっても、既婚者に対しては、基本的に手を出さなかった)。

横浜から移籍して来た谷繁元信は落合よりは1つ年下であるが、何故か「英ちゃん」と呼ばれ、タメ口で話されている。『サンデードラゴンズ』で落合は「歳の分は実績で加味されている」と冗談交じりに語っていた。

2007年に中日に入団した堂上直倫とは、父である堂上照が球団寮の寮長ということもあって以前から付き合いがあり、2006年のファン感謝デーで行われた引退セレモニーでは「成し遂げられなかった日本一の夢をここにいる選手・コーチ、それにこのナゴヤドームのどこかで見ている堂上直倫君に託します」とあいさつ、場内をどよめかせた[8]。ちなみにその時堂上は愛工大名電の野球部の仲間と共に変装して来場していた。また、2007年の沖縄キャンプの休日で堂上が報道陣の写真撮影に応じた際、落合からの貰い物と思われる「EIJI 26」とネームの入った短パンを履いていた。その後堂上直倫が入団した2007年に中日は日本一に輝いた。

家族[編集]

妻はフィギュアスケートの元選手で、幼少期の安藤美姫浅田真央を指導したことがある。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1993 中日 10 0 0 0 0 1 1 0 -- .500 36 9.1 5 1 5 3 0 7 1 0 2 2 1.93 1.07
1994 27 0 0 0 0 2 1 1 -- .667 146 34.0 35 2 14 1 1 23 0 0 13 12 3.18 1.44
1995 30 14 0 0 0 3 9 2 -- .250 404 96.1 119 11 16 4 3 47 0 0 54 51 4.76 1.40
1996 24 14 3 2 1 4 6 1 -- .400 411 96.1 98 6 29 6 2 61 1 0 49 40 3.74 1.32
1997 19 9 2 0 1 4 7 0 -- .364 271 66.1 66 3 7 1 2 52 0 0 33 27 3.66 1.10
1998 55 0 0 0 0 4 6 5 -- .400 308 73.1 81 3 12 2 0 36 0 0 29 23 2.82 1.27
1999 56 0 0 0 0 5 4 2 -- .556 207 51.2 43 8 9 2 2 27 0 0 17 16 2.79 1.01
2000 21 0 0 0 0 0 2 0 -- .000 83 19.2 20 0 6 4 1 18 2 0 7 6 2.75 1.32
2001 45 0 0 0 0 0 3 2 -- .000 177 41.2 41 1 11 3 1 19 0 0 14 8 1.73 1.25
2002 37 0 0 0 0 1 2 0 -- .333 138 34.1 27 1 7 4 3 21 0 0 12 10 2.62 0.99
2003 61 0 0 0 0 7 0 1 -- 1.000 215 56.0 53 4 5 2 0 35 0 0 11 11 1.77 1.04
2004 42 1 0 0 0 4 3 10 -- .571 186 44.0 46 3 10 2 2 17 0 0 12 12 2.45 1.27
2005 31 6 0 0 0 2 1 0 8 .667 210 47.2 64 6 10 0 1 27 0 0 26 25 4.72 1.55
2006 5 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 20 4.1 6 1 1 0 1 3 0 0 4 4 8.31 1.62
通算:14年 463 44 5 2 2 37 45 24 8 .451 2812 675.0 704 50 142 34 19 393 4 0 283 247 3.29 1.25

タイトル[編集]

記録[編集]

初記録
その他の記録

背番号[編集]

  • 19 (1992年 - 1993年)
  • 71 (1994年)[9]
  • 25 (1995年)
  • 26 (1996年 - 2006年)
  • 88 (2010年 - 2012年、2015年 - 2017年)

登録名[編集]

  • 落合 英二 (おちあい えいじ、1992年 - 2006年、2010年 - 2012年、2015年 - 2016年)
  • 英二 (えいじ、2017年 - )

関連情報[編集]

出演番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 投球練習中に右脇腹に違和感で降板したと言われていたが、本人がCBCラジオのドラゴンズワールド内で否定している。
  2. ^ 他局でもグラウンドに近い位置に解説者を置く場合があるが、落合はバックネット裏の客席に座っていた点が異なる。
  3. ^ 異文化で確かな功績を残した落合英二 自費参加から「韓国一の投手コーチ」に - Sports Navi、2012年10月29日
  4. ^ 落合英二氏 投手コーチ就任のお知らせ - ロッテ公式サイト、2014年10月16日
  5. ^ コーチ契約について - 千葉ロッテマリーンズ オフィシャルサイト 2017年10月11日
  6. ^ “中日・山崎武司 霊感強かった同僚の予言に従い本塁打量産”. Newsポストセブン (小学館). (2013年3月12日). http://www.news-postseven.com/archives/20120318_94773.html 2013年10月27日閲覧。 
  7. ^ 下柳攻略…伏線は足攻”. 中日スポーツ. 2009年7月2日閲覧。
  8. ^ セレモニーの時点では、堂上はドラフト会議で中日が既に交渉権を獲得しており、仮契約を済ませた段階であった
  9. ^ この年入団したディオン・ジェームズが背番号19を希望したため。ただし1994年のキャンプ初日の写真撮影の際に「12」、キャンプ中は「70」をつけていた。「12」から「70」への変更は高橋三千丈コーチの(「12」を付けていた現役時代、終盤は血行障害に苦しみ、縁起が悪いと考えて)、「70」から「71」への変更は高木守道監督の(「70」は投手の番号ではない、というイメージから)意向だという。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]