定詰雅彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
定詰 雅彦
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 広島県山県郡戸河内町(現:安芸太田町
生年月日 (1966-09-24) 1966年9月24日(50歳)
身長
体重
178 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1990年 ドラフト2位
初出場 1991年4月6日
最終出場 1999年5月15日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

定詰 雅彦(じょうづめ まさひこ、1966年9月24日 - )は、広島県山県郡戸河内町(現・安芸太田町)出身の元プロ野球選手捕手)・コーチ

来歴・人物[編集]

広陵高校では、1984年第56回選抜高等学校野球大会に出場するが、1回戦で大島公一のいた法政二高に敗退[1]。高校同期に三塁手石橋文雄、この大会には出場できなかったが1年下に本原正治、2年下に金本知憲がいた。同年夏の広島大会では準々決勝で尾道商に敗退。

卒業後は、社会人野球日立造船有明に入部するも廃部となって、新日本製鐵広畑へ転籍。1990年都市対抗では本塁打を放つなど活躍、しかし決勝ではヤマハに11-12の接戦で敗れ、準優勝にとどまる。同年の日本選手権にも出場、第31回ワールドカップ日本代表に選出され、社会人ベストナインのタイトルも獲得した。1990年度ドラフト会議にてロッテオリオンズから2位指名を受けて入団。

1991年4月6日、西武ライオンズとの開幕戦で一軍公式戦初出場を果たす。同時に渡辺久信からプロ入り初打席で初安打を記録。同年は53試合に出場した。そして1994年頃からチームの正捕手としてチームを引っ張る。1995年は正捕手に定着しチームリーグ2位の躍進に貢献した。また強肩であったため、チームのエース的存在だった伊良部秀輝との相性が良く彼のタイトル獲得に貢献した。しかし毎年バッティングの課題が克服できず、1996年日本ハムファイターズから移籍した田村藤夫に正捕手の座を奪われ(しかし田村は翌年FAで退団)、出場試合数も100試合を切った。

1997年鮎川義文とのトレードで阪神タイガースへ移籍。主に、試合終盤の守備固めとして活躍。しかしロッテ時代から続いていた課題の打撃が改善できず、1998年には中日から矢野燿大が移籍、矢野が正捕手として起用される中山田勝彦との二番手捕手争いに破れ大幅に一軍での出場が減る。1999年、監督が吉田義男から野村克也に交代すると、起用構想から外れた。キャンプ中は「ユニークなリードをする」と言われるなど一定の評価をしていたが、オープン戦での些細なミスから一気に評価を下げてしまう。野村は、著書の一冊である「ああ、阪神タイガース」に定詰と北川博敏は捕手としては論外であったと書いており、両者とも野村の時代は出場試合が少なく途中でチームを去っており、野村からの評価はかなり低かった事が伺える。2000年にプロ入り初の一軍出場無しに終わりシーズンオフに戦力外通告、自由契約となり現役引退。

2000年メガスポーツに入社し、プロ野球経験者ということから野球用品のテレビコマーシャルにも出演。入社当時は、泉佐野市にあったスポーツオーソリティ日根野店に勤務し、2004年まで勤務していた。その傍ら、2001年からプロ野球マスターズリーグの大阪ロマンズに在籍。2005年四国アイランドリーグ徳島インディゴソックスコーチに就任。退任後、2006年は古巣のロッテでスカウト、2007年からはブルペン捕手を務め、5月12日付けでバッテリーコーチに就任し2009年まで務めた。

2011年からは、社会人野球のクラブチーム、銚子オーシャンズで選手兼任コーチを務めている[2]。その際は様々な仕事を転々としていた。

2012年にメガスポーツに再入社し、2014年12月現在、スポーツオーソリティ幕張新都心店に勤務[3]している。

エピソード[編集]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1991 ロッテ 53 99 90 8 15 1 0 3 25 5 0 0 0 0 5 0 4 26 2 .167 .242 .278 .520
1992 25 64 57 7 8 3 0 1 14 4 0 2 3 0 4 0 0 13 0 .140 .197 .246 .442
1993 58 129 115 13 29 8 2 3 50 18 0 2 2 3 9 0 0 29 5 .252 .299 .435 .734
1994 106 293 263 19 47 5 3 2 64 23 2 1 11 1 16 0 2 73 6 .179 .230 .243 .474
1995 112 310 265 24 49 8 0 3 66 20 3 0 28 2 13 0 2 64 5 .185 .227 .249 .476
1996 79 176 146 10 27 6 0 2 39 15 4 2 18 2 10 0 0 32 1 .185 .234 .267 .501
1997 阪神 62 90 81 4 14 2 0 0 16 2 0 0 5 0 4 1 0 24 3 .173 .212 .198 .409
1998 10 4 4 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .250 .250 .250 .500
1999 6 6 6 0 2 0 0 0 2 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .333 .333 .333 .667
通算:9年 511 1171 1027 85 192 33 5 14 277 88 9 7 67 8 61 1 8 262 22 .187 .236 .270 .506

年度別守備成績[編集]


捕手
試合 企図数 許盗塁 盗塁刺 阻止率
1991 58 28 21 7 .250
1992 23 28 21 7 .250
1993 57 45 27 18 .400
1994 106 90 56 34 .378
1995 111 76 52 24 .316
1996 78 45 27 18 .400
1997 62 21 15 6 .286
1998 10 5 5 0 .000
1999 5 3 2 1 .333
通算 510 341 226 115 .337
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録[編集]

背番号[編集]

  • 45 (1991年 - 1995年、1999年 - 2000年)
  • 15 (1996年)[4]
  • 28 (1997年 - 1998年)
  • 94 (2007年 - 2008年)
  • 74 (2009年)

脚注[編集]

  1. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  2. ^ [1]
  3. ^ [2]
  4. ^ 1996年シーズン終了後、一旦背番号8番への変更が内定したが、その直後に阪神へのトレードが決まった。そのため背番号8は新入団の清水将海(背番号22番が内定していた)が引き継ぐことになった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]