河野博文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
河野 博文
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 高知県幡多郡大月町
生年月日 (1962-04-28) 1962年4月28日(55歳)
身長
体重
172 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1984年 ドラフト1位
初出場 1985年4月10日
最終出場 2000年8月16日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

河野 博文(こうの ひろふみ、1962年4月28日 - )は、高知県出身の元プロ野球選手投手)、プロ野球コーチ実業家

経歴[編集]

プロ入りまで[編集]

明徳高校では四番打者、右翼手兼投手として1980年夏の甲子園県予選決勝に進むが、高知商のエース中西清起に抑えられ惜敗、甲子園出場を逸する。高校同期に中堅手横田真之がいた。

卒業後は横田とともに駒澤大学に進学。東都大学リーグでは1983年に、1年上の鍋島博(NTT東京)との二本柱で春秋季連続優勝。秋季リーグでは3試合連続完封勝利を含む6勝0敗、防御率0.90の活躍で最優秀投手とベストナインに選ばれた。同年の全日本大学野球選手権大会でも決勝で近大を降し優勝、明治神宮野球大会では東海大に敗れ準優勝。日米大学野球選手権大会日本代表にも選出され、1試合14奪三振の大会記録(当時)を樹立、最優秀投手に選ばれた。大学の1年上には鍋島以外に二塁手白井一幸がいた。

1984年秋季リーグでも在学中3回目の優勝を飾り、4勝0敗、防御率1.40で2度目の最優秀投手とベストナインに選ばれた。同年の日米大学野球選手権大会日本代表に2年連続選出され、明治神宮野球大会でも決勝で近大工学部佐々木修に投げ勝ち優勝。リーグ通算34試合登板し15勝3敗、防御率1.91、132奪三振。

現役時代[編集]

1984年プロ野球ドラフト会議日本ハムファイターズに1位指名され、入団。1年目の1985年から一軍に定着し、8勝を挙げた。翌年以降は不振が続いたが、1988年には先発・リリーフ兼任で防御率2.38の好成績で最優秀防御率を獲得した。

1995年オフにフリーエージェント権を行使して読売ジャイアンツ(巨人)に移籍[1]。移籍1年目の1996年には序盤こそ二軍にいたが、中盤に一軍に上がってから初めてリリーフ専任となり、7月の月間MVPにも選ばれる。39試合に登板して6勝1敗3セーブを挙げリーグ優勝に貢献。同年度のセントラル・リーグの初代最優秀中継ぎ投手になった。この年のオフ、テレビ番組の企画で当時ロサンゼルス・ドジャースに所属していたトム・キャンディオッティを訪ね、ナックルボールを教わるも、実践で使えるまでにはならなかった。

それ以降は若手の台頭もあって徐々に登板機会が減少、1999年自由契約となる。2000年千葉ロッテマリーンズでプレーするが、同年限りで引退した。

引退後[編集]

2008年から2009年まで、ベースボール・チャレンジ・リーグ群馬ダイヤモンドペガサスでコーチを務めた[2]

2011年3月24日に放送された「壮絶人生ドキュメント 俺たちはプロ野球選手だった」によると、現在は元西武・駒崎幸一の薦め[3]で農業を営んでいる。またその際、妻・広子が2009年8月2日にがんで死去(享年41)したことも報じられた。2013年、栽培しているタマネギを使用した餃子などの食品加工会社「げんちゃん」を群馬県前橋市に設立、同年暮に本社を高崎市に移転し2014年1月には事務所内に販売所を設けている[4]

2011年仲間たちと、株式会社ドリームチームを設立。

娘が二人。

選手としての特徴・人物[編集]

アーム式のオーバースローから140km/h台の直球、カーブナックル(通称ゲンちゃんボール)を武器としていた。

愛称はゲンちゃん。風貌が北京原人に似ていることから。本人によると、名付けたのは日本ハム時代の先輩投手・坂巻明で、日本ハム時代に発行された選手名鑑のニックネーム欄にも「ゲンちゃん」と掲載されていた(学生時代は「牛」と呼ばれていた)。この愛称を本人は気に入っており、巨人時代の1997年には登録名を「ゲンちゃん」に変更しようと試みている。セントラル・リーグから「ちゃん付けは不謹慎だ」という理由で却下されたが、巨人時代の監督長嶋茂雄は投手交代の際に球審に対し、「ピッチャー、ゲンちゃん」と告げ、球審が「河野ですね」と確認していたという。本人によると「監督からは(巨人在籍4年間で)一度も『河野』と呼ばれなかった」。

巨人時代の1997年当時、外国人窃盗団によるメルセデス・ベンツ盗難事件が多発していた。河野も宿泊先の千葉県のホテルで愛車のベンツが盗まれ、後日窃盗団が摘発された際に、香港の貨物船の中から河野のベンツが他の大量のベンツとともに発見された。当初は巨人の一部の人間だけが知っている話だったが、「巨人の投手も被害」と大々的に報道されてしまった。

失踪騒動[編集]

1990年5月24日、河野は試合前に東京ドームのフェンスを駆け上がる遊びをしていたところ[5]アキレス腱を断裂し[6]、全治6ヶ月と診断され二軍落ちとなる。[7]しかし8月途中頃からマネージャーが連絡を取ろうと思っても取れず、音信不通状態になっていた。事を大きくしたくない球団はこの件を外部に漏らさずにしてきたが、それも限界となり10月31日に当時球団常務であった大沢啓二によって河野が所在不明であることが公表され[7]、マスコミで河野失踪と大きく報じられる事となる。その公表の10数時間後に母親に連れられて球団事務所に姿を現した河野は、記者会見で「球団側から『任意引退』を申し渡され、クビだと思って実家に帰り、球団からの連絡をシャットアウトしていた」と釈明を行った[7]

なお、任意引退とは「球団に保有権がある引退」のことであるが、当時は任意引退であっても選手として球団に所属し続ける者がいた。これは当時、各球団の支配下登録選手が60名までと指定されていたことが関係している。その60名の範囲内で戦力を有効活用するために、故障で長期間の治療が必要な選手やマイナーリーグへの野球留学で日本球界の試合に出る見込みの無い選手を任意引退扱いにすることが各球団で行われ、実績を残した選手も上記の理由で現役時代に任意引退扱いを経験している。日本ハム球団が河野に任意引退を通告したのも、河野を怪我の治療に専念させて、代わりの選手を登録する枠を空けることが目的であった[7]。この一件以来、支配下選手登録から外れた選手は「準支配下選手」という肩書きとなり(92年から支配下選手は70名に拡大され準支配下選手は廃止)、「任意引退」は球団から籍を除外するときのみ使用するよう、球団やマスコミ内で見解が統一された。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1985 日本ハム 36 28 7 1 0 8 13 0 -- .381 753 170.2 166 27 87 1 6 104 4 0 92 79 4.17 1.48
1986 36 16 1 1 0 1 10 0 -- .091 428 100.0 85 20 47 0 2 58 2 0 64 55 4.95 1.32
1987 37 17 3 2 0 4 6 0 -- .400 586 136.2 115 18 70 0 5 78 5 0 55 50 3.29 1.35
1988 46 13 5 2 0 6 5 9 -- .545 585 144.0 118 16 53 3 5 111 5 1 41 38 2.38 1.19
1989 36 8 1 0 0 0 6 1 -- .000 316 73.2 66 12 39 0 2 42 1 0 40 38 4.64 1.43
1990 4 1 0 0 0 0 1 0 -- .000 50 11.0 7 0 11 0 1 7 1 0 4 4 3.27 1.64
1991 17 2 0 0 0 0 2 0 -- .000 127 28.2 30 4 13 0 1 15 0 0 15 15 4.71 1.50
1992 28 10 0 0 0 4 4 0 -- .500 266 58.1 58 9 37 1 1 41 6 0 33 32 4.94 1.63
1993 25 18 3 2 0 7 3 0 -- .700 400 97.2 78 11 33 0 4 66 3 0 37 37 3.41 1.14
1994 33 25 3 1 0 8 10 0 -- .444 626 143.0 148 20 66 2 2 94 3 0 67 61 3.84 1.50
1995 27 26 3 0 1 6 8 0 -- .429 598 140.2 129 26 64 0 3 95 3 1 76 74 4.73 1.37
1996 巨人 39 0 0 0 0 6 1 3 -- .857 203 52.0 33 3 22 5 0 39 1 0 19 19 3.29 1.06
1997 22 0 0 0 0 0 1 0 -- .000 91 21.1 19 2 10 2 1 15 0 0 10 9 3.80 1.36
1998 27 0 0 0 0 3 0 1 -- 1.000 112 26.0 15 2 15 1 4 20 0 0 10 7 2.42 1.15
1999 20 0 0 0 0 1 2 1 -- .333 75 15.2 19 3 9 0 2 13 0 0 14 13 7.47 1.79
2000 ロッテ 29 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 137 30.0 31 5 17 0 1 30 3 0 19 14 4.20 1.60
通算:16年 462 164 26 9 1 54 72 15 -- .429 5353 1249.1 1117 178 593 15 40 828 37 2 596 545 3.93 1.37
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
その他の記録

背番号[編集]

  • 18 (1985年 - 1995年)
  • 40 (1996年 - 1999年)
  • 46 (2000年)
  • 77 (2008年 - 2009年)

脚注[編集]

  1. ^ この移籍に伴い、日本プロ野球界では初めてとなる人的補償が選択され、川邉忠義が日本ハムへ移籍した。
  2. ^ ありえへん∞世界、テレビ東京、2012年4月24日放送より
  3. ^ 元プロ野球選手、タマネギ栽培で第二の人生「引退選手の受け皿に」 - 産経新聞 2013年12月21日
  4. ^ 群馬)元プロ野球選手河野さん タマネギ加工品販売所 - 朝日新聞デジタル 2014年1月11日
  5. ^ http://www.joqr.net/blog/maido/archives/2014/09/index.html
  6. ^ 「ちょっとなんか変だな」と思いながら、そのまま平然とベンチまで歩いて帰ったという。
  7. ^ a b c d http://www.sponichi.co.jp/baseball/special/calender/calender_09october/KFullNormal20091001206.html

関連項目[編集]

外部リンク[編集]