高橋三千丈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
高橋 三千丈
名古屋産業大学硬式野球部 監督
CD-Michitake-Takahashi.jpg
中日コーチ時代
(2008年6月25日、阪神鳴尾浜球場にて)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 静岡県熱海市
生年月日 (1956-11-10) 1956年11月10日(61歳)
身長
体重
175 cm
72 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1978年 ドラフト1位
初出場 1979年4月21日
最終出場 1984年7月14日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

高橋 三千丈(たかはし みちたけ、1956年11月10日 - )は、静岡県熱海市出身の元プロ野球選手投手、右投右打)・コーチ解説者評論家2016年からは名古屋産業大学硬式野球部の監督を務める[1]

経歴[編集]

プロ入りまで[編集]

静岡県立静岡商業高等学校では荒れ球の剛球投手として鳴らす。2年生時の1973年春の選抜に出場。しかし1回戦で、この大会に優勝した広島商佃正樹に完封を喫する[2]。1年上のチームメートに三塁手秋田秀幸がいた。翌1974年夏の県予選では3試合連続ノーヒットノーランを記録し、甲子園に出場。準々決勝に進み、前橋工の向田佳元(早大富士重工)と投げ合うが0-1で惜敗[3]。2学年下に遊撃手久保寺雄二、内野の控えであった大石大二郎がいた。

その後は明治大学に進学し、同期の鹿取義隆と二枚看板として活躍、4年生時には主将も務めた。当時の東京六大学リーグ江川卓を擁する法大の全盛期であったが、江川らが卒業した直後の1978年春季リーグで2年半ぶりに優勝、同季のベストナインを獲得する。リーグ通算55試合登板、18勝14敗、防御率2.36、156奪三振。

現役時代[編集]

1978年ドラフト1位で中日ドラゴンズに入団。1年目の1979年から先発投手としてそこそこの活躍を見せて期待されたが、右腕血行障害を患い、翌1980年から登板機会が減少する。1983年5月25日の対阪神タイガース戦(阪神甲子園球場)で完封勝利。この試合ではゴロや振り逃げ失敗などによるアウトが1つもなかったため、球界史上初となる無補殺[4]完封勝利となったが、結果的にこれが最後の勝ち星となった。1984年限りで現役引退。

現役時代の主な球種はカーブフォークシュート

現役引退後[編集]

1985年から1995年まで、中日の投手コーチを歴任。1985年と1986年は二軍投手コーチ、1987年は一軍投手コーチ、1988年から1991年までは二軍投手コーチ、1992年は一軍投手コーチ補佐、1993年から1995年までは一軍投手コーチを務めた。

1996年1997年には、日本テレビ中京テレビ東海ラジオの野球解説者、日刊スポーツの野球評論家として活動。『ズームイン!!朝!』(日本テレビ制作)の「プロ野球イレコミ情報」では、中京テレビの解説者として、中日情報を担当していた。

1998年から中日に復帰。2000年まで一軍投手コーチ、2001年2002年に二軍投手コーチ、2003年に一軍投手チーフコーチ、2004年から2008年まで二軍投手コーチを務めた。

2008年の韓国プロ野球・LGツインズ秋季キャンプで投手インストラクターを務めたことから、2009年からLGの一軍投手コーチに就任。チーム事情で6月から二軍を担当したものの、2011年まで在籍した。

2012年には、韓国・起亜タイガースの一軍投手コーチへ就任した[5]。しかし、一軍投手陣の防御率がシーズン開幕の直後からリーグ最下位に低迷したことから、4月には二軍担当へ異動。結局、同年限りで退団した。

2013年に二軍投手コーチで中日に復帰したが、1年で退団。

2014年からは、スポーツ用品の小売チェーン店を展開するヒマラヤで「プロアドバイザー」を務めた[1]

その一方で、プロ野球経験者による学生野球の指導に必要な学生野球資格の回復に向けて、2014年末に研修会へ参加。2015年1月30日付で日本学生野球協会による資格回復の適性認定を受けた[6]ところ、大学時代のチームメイトだった渋谷渉(菊華高校硬式野球部監督)から、系列校である名古屋産業大学硬式野球部監督への就任を要請された。2016年1月1日付で、同大学の監督に就任[1]

人物[編集]

プロ入り間もない吉見一起浅尾拓也らを指導した。情熱的な指導には定評があり、20年以上も指導者として中日投手陣を支え続けた[7]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1979 中日 43 6 0 0 0 5 4 2 -- .556 425 102.0 94 15 37 1 0 60 3 0 52 47 4.15 1.28
1980 8 1 0 0 0 0 1 0 -- .000 53 10.1 21 2 2 0 0 2 0 0 15 13 11.32 2.23
1983 8 4 1 1 0 1 1 0 -- .500 91 21.1 26 5 5 0 0 9 0 0 11 11 4.64 1.45
1984 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 3 0.0 1 0 2 0 0 0 0 0 2 2 ---- ----
通算:4年 60 11 1 1 0 6 6 2 -- .500 572 133.2 142 22 46 1 0 71 0 0 80 73 4.92 1.41

記録[編集]

背番号[編集]

  • 12 (1979年 - 1984年)
  • 89 (1985年 - 1992年、1998年 - 2008年、2013年)
  • 88 (1993年 - 1994年)
  • 87 (1995年)
  • 79 (2009年 - 2011年)
  • 80 (2012年)

関連情報[編集]

出演番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 中日スポーツ2016年2月16日付11面記事を参照
  2. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  3. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  4. ^ 補殺は三振、フライアウト、送球を伴わないゴロアウトなどでは記録されない。
  5. ^ プロ野球・起亜 高橋三千丈氏ら日本人3コーチ入団”. 聯合ニュース (2011年11月15日). 2011年11月15日閲覧。
  6. ^ 学生野球資格回復に関する規則第4条による適性認定者日本学生野球協会
  7. ^ 中日新投手コーチに高橋三千丈氏

関連項目[編集]

外部リンク[編集]