佐藤真一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
佐藤 真一
東京ヤクルトスワローズ 外野守備走塁コーチ #81
20111015 Shinichi Sato,coach of the Tokyo Yakult Swallows, at Yokohama Stadium.jpg
2011年10月15日 横浜スタジアムにて(ヤクルトコーチ時代)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 北海道札幌市南区
生年月日 (1965-08-07) 1965年8月7日(57歳)
身長
体重
185 cm
82 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1992年 ドラフト4位
初出場 1993年4月11日
最終出場 2005年10月11日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
国際大会
代表チーム 日本の旗 日本
五輪 1992年
オリンピック
男子 野球
1992 野球

佐藤 真一(さとう しんいち、1965年8月7日 - )は北海道札幌市南区出身[1]の元プロ野球選手外野手)。右投右打。

北海道拓殖銀行バルセロナオリンピック野球日本代表を経て、27歳でプロ入り。実働12年で、40歳を迎えるまで現役選手としてプレーした。バルセロナオリンピック野球の銅メダリスト。現役引退後は東京ヤクルトスワローズオリックス・バファローズでコーチを務めた。

来歴・人物[編集]

アマチュア時代[編集]

小学2年の時に野球を始める[2]。学生時代、勉学は常に学年でトップクラスの成績だった。甲子園などの大舞台への出場はならなかったが、野球部の中心選手として「文武両道」を地でいく活躍を見せ、東海大学付属第四高等学校時代には「松前賞」を受賞している。卒業後は東海大学へ進学[2]。同期には荻原満がいる。2年の時に投手から外野手へ転向し、1988年には全日本メンバー入りする[2]首都大学リーグ通算28試合出場、104打数30安打、打率.288、15打点。卒業後は北海道拓殖銀行に入行[2]

1989年都市対抗野球大昭和製紙北海道の補強選手として準優勝[3]。同大会では三菱重工広島の補強選手として出場した佐々岡真司新日本製鐵堺野茂英雄の両者からホームランも打っている[2]1990年8月、アトランタでのアマチュア野球ワールドオールスターゲームで東軍代表(アジア・欧州・オセアニア、名誉監督王貞治、監督山中正竹)として出場し、ハンク・アーロンが名誉監督の西軍代表(アフリカ・アメリカ)を破り初代最優秀選手となった。

1992年のバルセロナオリンピックではプロ入り後にもチームメイトとなる小久保裕紀伊藤智仁と共に山中監督率いる日本代表に選ばれた。当時から強肩で知られていたが、一次リーグ5試合目のイタリア戦ではピッチャーとしてマウンドにも上がっている。打撃でも全日本の3番を打ち、銅メダル獲得に貢献した[2]

その年のプロ野球ドラフト会議福岡ダイエーホークスから4位指名を受け、27歳にしてプロ入りを決めた[2]。即戦力として期待され、背番号は「7」が与えられた。契約金1億円は下位指名では史上最高額で、史上初の1位指名以外で契約金1億円を突破した。

プロ入り後[編集]

ダイエー時代[編集]

1993年シーズンは、1年目から一軍で56試合に起用されている。同年オープン間もない福岡ドームで開催されたフレッシュオールスターゲーム出場した(同年4月17日福岡ドーム初の公式戦でスコアが0-1で9回裏1アウト走者二塁の場面で代打で出場し、同試合完封記録の野茂英雄光山英和のバッテリーにキャッチャーへのファウルフライを喫した)

1994年シーズンは一軍で24試合に出場し、1安打に留まった。当時の監督根本陸夫は、4番を打っていた秋山幸二が負傷欠場した際、他の選手の打順を繰り上げずに佐藤を4番で起用したこともあった。しかしこのように期待をかけられるも打撃で結果を出せずに徐々に出番が減っていき、控えに甘んじることも多くなる。

1995年には僅か7試合の出場に終わり、同年オフに田畑一也と共に、柳田聖人河野亮との交換トレードヤクルトスワローズへ移籍[2]

ヤクルト時代[編集]

ヤクルトスワローズ移籍後は、背番号「00」が与えられた。野村克也が監督在任中は守備固め中心の起用が続くことになるが、徐々に出場機会が増加していく。

1997年シーズンは、4月19日の対阪神タイガース戦(福岡ドーム)では4-4の同点の9回一死無走者の打席葛西稔からサヨナラ本塁打を放った[4]1997年の日本シリーズ第4戦では、8回裏1死3塁の場面で打席が回り、ダメ押しとなる2点本塁打を放っている。

1999年シーズンは、4月16日の対阪神タイガース戦で両者無得点のまま迎えた9回二死満塁の打席で藪恵壹からサヨナラ安打[5]、5月19日の対読売ジャイアンツ戦で4-4の同点の延長13回二死二塁の打席で入来祐作からサヨナラ安打[6]の2度のサヨナラ打を放ち、シーズン途中6月からシュアな打撃で3番に定着した。最終的に113試合に出場し、規定打席未到達ながら打率.341、13本塁打、10盗塁と才能を開花させている。8月6日の阪神タイガース戦(明治神宮野球場)で球団記録の25試合連続安打を達成する[7]。この時の25試合連続安打は、2022年現在もヤクルトのチーム記録である。

2000年シーズンも中心選手として期待され、背番号も東海大野球部の偉大な先輩原辰徳の現役時代と同じ「8」が与えられた。

2001年シーズンはプロ入り後初めて一軍出場なしとなった。

2002年シーズンはキャンプ・オープン戦も二軍で過ごしたが、前年3番をつとめた稲葉篤紀が安定感に乏しく、5月に一軍へ昇格されると、6月には一時的に3番としてスタメンに返り咲いた。際立った成績は残せなかったものの、以降もセンターが手薄だったことから、強肩を期待されてたびたび起用されている。

2003年シーズンもほぼ1年間を一軍でプレーし、8月16日の対中日ドラゴンズ戦では、9回表に抑えの大塚晶則から逆転となる二塁打を放つなど、代打の切り札的存在としてパワーある打撃を見せた。驚異的な代打成功率を誇り、その勝負強さを発揮している。

2004年シーズンは体力を不安視される形で打席数こそ減ったものの、スタメン出場も多く、一時4割を越える高打率をマークした。最終的にも.323の打率をマークしている。

2005年シーズンを最後に現役を引退。プロ入りが28歳の年と高齢入団だった事もあり、40歳まで現役を続けることが目標であったと語っており、その目標を叶えた上での引退となった。また、生え抜きの有名選手以外では珍しく、引退セレモニーも行われた。現役最終打席は代打で出場し、横浜ベイスターズ那須野巧からあわや本塁打というライトフェンス直撃の二塁打を放った。

引退後[編集]

2005年シーズンオフに守備・走塁コーチ(主に二軍、一軍は馬場敏史)就任した。(2007年シーズンオフからは一軍守備・走塁コーチとなった馬場の代わりに角富士夫との体制に)。

2009年シーズンからは一軍打撃コーチを、2011年シーズンからは一軍打撃コーチ兼作戦担当を、2014年シーズンからは一軍ヘッドコーチを務めた[8]

2014年10月8日に今季限りで退団することが発表された[9]。10月16日にダイエー時代の同僚森脇浩司が監督を務める[10]オリックス・バファローズの一軍打撃コーチに就任したものの[11]、開幕から低迷が続き4月3日の時点でチーム打率がリーグワーストの.193まで沈むなど不振の要因となったため、2015年4月19日の西武戦終了後、二軍打撃コーチに降格となった[12]。シーズン終了後の10月15日に、フロント入りすることが発表された[13]2020年はスカウトを務めた。

2020年12月2日、2021年シーズンよりヤクルトに二軍外野守備走塁コーチとして復帰することが発表された[14]2022年からは一軍外野守備走塁コーチに配置転換された[15]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1993 ダイエー 56 107 100 11 18 6 0 0 24 6 1 2 0 0 6 0 1 19 0 .180 .234 .240 .474
1994 24 14 14 2 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 .071 .071 .071 .143
1995 7 4 4 1 1 0 0 0 1 0 1 0 0 0 0 0 0 2 0 .250 .250 .250 .500
1996 ヤクルト 61 138 124 19 24 8 0 2 38 7 1 1 0 0 11 1 3 14 3 .194 .275 .306 .582
1997 61 45 40 8 9 1 0 2 16 7 3 0 1 1 3 0 0 9 1 .225 .273 .400 .673
1998 30 24 21 2 4 1 0 1 8 4 0 1 0 0 3 0 0 5 2 .190 .292 .381 .673
1999 113 366 337 57 115 25 1 13 181 48 10 4 3 2 19 0 4 44 6 .341 .381 .537 .918
2000 70 253 230 30 52 11 0 8 87 19 4 0 1 2 18 1 2 33 8 .226 .286 .378 .664
2002 84 237 220 20 50 7 1 4 71 20 1 2 4 0 13 0 0 43 8 .227 .270 .323 .593
2003 76 221 206 16 57 7 2 4 80 31 4 1 1 3 6 0 5 33 1 .277 .309 .388 .697
2004 40 134 130 9 42 3 0 2 51 13 0 0 0 0 4 0 0 13 6 .323 .343 .392 .736
2005 7 15 14 0 3 1 0 0 4 0 0 1 0 0 1 0 0 2 2 .214 .267 .286 .552
通算:12年 629 1558 1440 175 376 70 4 36 562 155 25 12 10 8 84 2 15 220 37 .261 .307 .390 .697

記録[編集]

初記録

背番号[編集]

  • 7(1993年 - 1995年)
  • 00(1996年 - 1999年)
  • 8(2000年 - 2005年)
  • 82(2006年 - 2014年)
  • 89(2015年)
  • 81(2021年 - )

脚注[編集]

  1. ^ 「12球団全選手カラー百科名鑑2004」 (廣済堂ベストムック)
  2. ^ a b c d e f g h プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、253ページ
  3. ^ - 都市対抗野球大会60年史
  4. ^ 「“怪鳥”ツバメ8連勝 佐藤真がサヨナラ弾」『読売新聞』(縮刷・関東版) 1997年(平成9年)4月20日付朝刊、16 - 17面(スポーツ面)。
  5. ^ 「4安打 藪と気迫の投げ合い 石井一15K完封」『読売新聞』(縮刷・関東版) 1999年(平成11年)4月17日付朝刊、19面(スポーツ面)。
  6. ^ 「延長13回 今季最長5時間20分 Gサヨナラ負け」『読売新聞』(縮刷・関東版) 1999年(平成11年)5月20日付朝刊、21面(スポーツ面)。
  7. ^ 週刊ベースボール別冊 よみがえる1990年代のプロ野球 [Part.4] 1999年編 王ダイエー初V ベースボール・マガジン社.2021年.P84
  8. ^ “【ヤクルト】高津氏一軍投手コーチに就任”. 日刊スポーツ. (2013年10月23日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20131023-1208150.html 
  9. ^ “契約満了のお知らせ” (プレスリリース), 東京ヤクルトスワローズ, (2014年10月8日), http://www.yakult-swallows.co.jp/news/detail/17769 2015年10月7日閲覧。 
  10. ^ 【オリックス】長内、古久保両コーチが退団 佐藤氏、前田氏が後任に”. 2014年10月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年10月20日閲覧。スポーツ報知、2014年10月17日
  11. ^ “佐藤真一打撃コーチ、前田大輔バッテリーコーチ就任のお知らせ” (プレスリリース), オリックス・バファローズ, (2014年10月16日), http://www.buffaloes.co.jp/news/detail/4112.html 2015年10月7日閲覧。 
  12. ^ “オリックス佐藤1軍コーチと下山2軍コーチが入れ替え”. 日刊スポーツ. (2015年4月19日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1464056.html 
  13. ^ “オリ来季コーチ陣 1軍は準総取っ替え”. デイリースポーツ. (2015年10月15日). http://www.daily.co.jp/newsflash/baseball/2015/10/15/0008484940.shtml 
  14. ^ “ヤクルトが2021年の組閣発表 伊藤智コーチが4シーズンぶり復帰”. ベースボールキング. (2020年12月2日). https://baseballking.jp/ns/257239 2021年12月8日閲覧。 
  15. ^ 【ヤクルト組閣】松元ユウイチ作戦コーチ、大松尚逸1軍打撃コーチ” (2021年12月8日). 2021年12月8日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]