伊藤智仁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
伊藤 智仁
富山GRNサンダーバーズ 監督 #84
伊藤智仁2010.jpg
ヤクルトコーチ時代
2010年11月8日(松山中央公園サブ野球場
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 京都府京都市中京区
生年月日 (1970-10-30) 1970年10月30日(47歳)
身長
体重
183 cm
76 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1992年 ドラフト1位
初出場 1993年4月20日
最終出場 2001年4月10日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴
国際大会
代表チーム 日本の旗 日本
五輪 1992年
オリンピック
男子 野球
1992 野球

伊藤 智仁(いとう ともひと、1970年10月30日 - )は、京都府京都市中京区出身の元プロ野球選手投手)でプロ野球指導者。

来歴・人物[編集]

京都市立朱雀第一小学校、京都市立中京中学校、花園高を卒業後、地元の三菱自動車京都に入社。1992年バルセロナオリンピック野球日本代表に選出され、1大会27奪三振のギネス記録を作るなど、日本の銅メダル獲得に貢献した。同年のドラフト会議ではヤクルトスワローズ広島東洋カープオリックス・ブルーウェーブの3球団が1位指名、抽選の結果ヤクルトが交渉権を獲得し入団契約を交わす。入団時の背番号は20

1993年4月20日に先発で初登板し7回を10奪三振2失点で勝利投手となる。150km/hを超えるストレートと真横に滑るような高速スライダーを武器に投球回を上回る三振を奪い、前半戦だけで7勝2敗・防御率0.91の成績を挙げる。6月9日の石川県立野球場での対巨人戦では8回まで無失点、更にセ・リーグタイ記録である16奪三振をあげるが、0-0で迎えた9回裏の2アウトから篠塚和典にソロ本塁打を打たれサヨナラ負けを喫する。ベンチに引き上げる際、あまりの悔しさに自軍ベンチに向かって自分のグラブを投げ感情を露にした。なお「負け試合における」1試合16奪三振はこのケースが初めてである[1]。 7月4日の登板を最後に戦線離脱しシーズン終了まで復帰することはなかったが、新人王を受賞。

1994年から2年間はひじ痛とルーズショルダーにより一軍登板はできなかった。

1996年5月19日の巨人戦(東京ドーム)で1050日ぶりに一軍登板を果たした。この年は全て救援で14試合に登板したが、7月28日の登板を最後に2軍落ちし、その後の一軍登板はなかった。

1997年は抑えの高津臣吾が不調に陥ったため一時的に代理を務める。150km/hを超えるストレートが戻り[要出典]、7勝2敗19セーブを記録しカムバック賞を受賞した。

1998年から再び先発に転向する。開幕からローテーションに入ったものの、途中抑え不在のチーム事情でストッパーになるも[要出典]再び先発に戻る。最終的に6勝11敗と負け越すが初めて規定投球回数をクリアし、リーグ3位の防御率2.72を記録する。

1999年から背番号を21に変更。登板回数は少ないものの先発ローテーションに入り2年連続自己最多の8勝を挙げるが、ひじ痛・肩痛は癒えておらず同年オフに2度目の右肩の手術を受けている。

2001年にひじ痛・肩痛が再発、チームはリーグ優勝・日本一になるも本人は1試合の登板に終わる。オフに3度目となる右肩の手術を受ける。

2002年秋季コスモスリーグに登板するも9球目に右肩を亜脱臼しリハビリに残りシーズンを費やす。同年オフに球団から引退勧告とヤクルト本社への入社を勧められるが現役続行を志願、過去最大となる88%減の年俸で契約した[2]

2003年10月25日、秋季コスモスリーグの対巨人戦に登板し、打者3人を相手に内野ゴロ・四球・四球という投球内容で降板。かつて最速153km/hを計測したストレートは109km/hにとどまった。10月29日、球団の引退勧告を受け現役引退を表明。

2004年からヤクルトの二軍投手コーチに就任、背番号は84

2008年荒木大輔と共に一軍投手コーチに就任。2014年からは投手コーチに就任した高津臣吾と共に投手陣を指導した。

2017年はベンチを担当したが、同年シーズン終了後退団を申し入れ受理された[3]

2017年12月1日、来シーズンよりベースボール・チャレンジ・リーグ富山GRNサンダーバーズ監督に就任することが発表された[4]

2018年4月13日、ホーム開幕戦で滋賀ユナイテッドを3-0で下し監督初勝利を挙げた。試合は元広島のデュアンテ・ヒースら4投手の継投によるノーヒットノーランリレーだった[5]。6月2日の試合前には元巨人の篠塚和典をゲストに招いた「1打席対決」のイベントが企画され25年越しの再戦が実現した。結果は伊藤の5球目を篠塚がレフト前へ流し打ち篠塚に軍配が上がった[6]

選手としての特徴[編集]

スライダーはプロ野球史上最高とも評されている[7]

野村克也は、「稲尾和久か伊藤智仁。こういうのを天才って言うんだよ。プロ野球史上最高の投手」[8]と評価しており、野村は監督退任後に「積極的に登板させた事によって彼の選手生命を縮めてしまった。申し訳なく思っている。」とコメントしたが、伊藤自身は「当時の主戦投手は200球近く投げていた[9][10]。僕も198球を投げたことがある。先発は白黒つくまで投げようという時代。野村克也監督を恨むことなんてないです。むしろチャンスをもらえた。気にもかけてくれた」と語っている[7]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1993 ヤクルト 14 12 5 4 0 7 2 0 -- .778 426 109.0 70 3 35 1 2 126 5 0 11 11 0.91 0.96
1996 14 0 0 0 0 1 2 3 -- .333 77 15.0 16 3 14 1 3 15 1 0 9 9 5.40 2.00
1997 34 0 0 0 0 7 2 19 -- .778 172 47.2 23 3 10 3 1 53 0 0 8 8 1.51 0.69
1998 29 22 6 1 0 6 11 3 -- .353 648 158.2 114 14 57 3 9 154 8 3 53 48 2.72 1.08
1999 17 17 2 1 1 8 3 0 -- .727 455 114.2 92 6 30 0 6 91 4 0 31 29 2.28 1.06
2000 18 18 2 1 1 8 7 0 -- .533 449 109.0 102 10 30 1 2 107 6 0 38 38 3.14 1.21
2001 1 1 0 0 0 0 0 0 -- ---- 15 4.0 4 0 0 0 0 2 0 0 0 0 0.00 1.00
通算:7年 127 70 15 7 2 37 27 25 -- .578 2242 558.0 421 39 176 9 23 548 24 3 150 143 2.31 1.07
  • 各年度の太字はリーグ最高

表彰[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 20 (1993年 - 1998年)
  • 21 (1999年 - 2003年)
  • 84 (2004年 - )

関連書籍[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 高速スライダーで16K 伊藤智仁、悲劇は150球目
  2. ^ ガラスの右腕~伊藤智仁 再起への闘い~
  3. ^ コーチ退団のお知らせ東京ヤクルトスワローズ公式サイト 2017年10月5日配信
  4. ^ “ヤクルト退団の伊藤智仁氏 来季富山GRNサンダーバーズ監督に”. スポーツニッポン. (2017年12月1日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/12/01/kiji/20171201s00001000167000c.html 2017年12月2日閲覧。 
  5. ^ 【BCリーグ】富山・伊藤智仁監督、継投ノーヒッターで初勝利!元広島ヒース締めた
  6. ^ プロ野球・元ヤクルト投手の伊藤智仁さんと、元巨人内野手の篠塚和典さんが演じた名場面…
  7. ^ a b 燕・伊藤智仁コーチ、太く、短い野球人生「野村監督を恨むことなんてない」/球界ここだけの話(113)”. サンケイスポーツ (2015年3月12日). 2016年3月17日閲覧。
  8. ^ http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180103-OHT1T50167.html
  9. ^ 実際に、1993年5月11日に、当時38歳の佐藤義則が218球で完投勝利を挙げている。
  10. ^ 当時は先発・抑えと一部のリリーフ投手(例:ワンポイント用の左投手)以外は役割分担が進んでおらず、勝っている試合の先発投手は球数に関係なく7~8回までは続投、抑え投手も試合展開によっては7・8回から登板しイニングをまたいで試合終了まで投げるのが当たり前で、シーズンの勝負どころになると本来先発だった投手が急遽中継ぎに回されることや中継ぎ投手が休養なしで何試合も連投させられることも珍しくなかった。
    現在のようなセットアッパー・クローザーも含めたリリーフ投手の役割分担やコンディション維持のための連投防止という考え方が確立するのは2000年代に入ってからである。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]