森脇浩司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
森脇 浩司
中日ドラゴンズ コーチ #85
森脇浩司20120629.jpg
2012年6月29日、京セラドーム大阪
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県多可郡黒田庄町(現:西脇市
生年月日 (1960-08-06) 1960年8月6日(57歳)
身長
体重
178 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 遊撃手二塁手三塁手
プロ入り 1978年 ドラフト2位
初出場 1981年4月15日
最終出場 1995年6月4日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

森脇 浩司(もりわき ひろし、1960年8月6日 - )は、兵庫県西脇市出身の元プロ野球選手内野手)、野球指導者、監督野球解説者。実兄の忠之は、かつて兵庫県立社高等学校の野球部で監督を務めていた[1]オリックス・バファローズ監督。2017年現在、中日ドラゴンズ1軍内野守備走塁コーチを務めている。

1996年福岡ダイエーホークスで現役を引退してからは、同球団でコーチや二軍監督、後継球団の福岡ソフトバンクホークスでコーチや一軍監督代行、読売ジャイアンツで二軍コーチを歴任。2012年にチーフ野手兼内野守備走塁コーチとして入団したオリックス・バファローズでは、一軍監督代行を経て、2013年から2015年8月31日まで一軍監督を務めた。

2015年9月1日[2]から2016年10月31日までは、オリックスのシニアアドバイザー(SA)として活動。2017年からは、中日ドラゴンズの内野守備走塁コーチを務める[3]

来歴・人物[編集]

現役時代[編集]

1978年のドラフト2位で近鉄バファローズに入団。1984年加藤英司大原徹也との2対2の交換トレードで福井保夫とともに広島東洋カープに移籍。その後、1987年シーズン途中に永田利則とともに西山秀二(+金銭)との交換トレードで南海ホークスに移籍。

当時、南海の遊撃手のポジションでは小川史中尾明生湯上谷宏坂口千仙など何人もの似たタイプの選手がレギュラー争いをしていた。5月から主に遊撃手として起用され、同年は65試合に先発出場。翌1988年は低迷するが、1989年には二塁手三塁手を兼ねユーティリティプレイヤーとして活躍、自己最多の70試合に先発した。その後も準レギュラーとして起用され、1990年頃から藤本博史・湯上谷・小川との4人(4人とも名前読みが『ひろし』)で内野を守ることが度々あった。1993年には藤本博史が一塁手に回り、その後継として開幕から三塁手として起用されるが、打撃の低迷もあってシーズン後半には若井基安に定位置を譲る。1994年には松永浩美の入団で出場機会が減り、1996年限りで現役を引退した。

彫りの深い端正な顔立ちで、広島二軍時代から一部で非常に人気が高かった。「球界の草刈正雄」と呼ばれ[4]漫画家真柴ひろみは、自作の登場人物に「森脇浩司」と名付けたこともある。現役時代の応援コールには「森脇、森脇、男前!」というものもあった。ホークスの監督代行を務めていた時期にメディアへの露出が増えたことから、再びそのマスクが注目を集めている。

現役引退後[編集]

1997年からはホークスの内野守備・走塁コーチ(1997年から1999年は二軍コーチ、2000年から2002年2005年から2006年は一軍内野守備・走塁コーチ(2006年はチーフコーチ兼任)、2003年から2004年二軍監督兼内野守備・走塁コーチ)を務めた。ノックの技術は球界屈指とされ[5]、当時の王貞治監督も「ノックだけで飯が食える」と評している[6][7]。あるテレビ番組のコーナーで「ここ(通常の右打席)から打って三塁線のフェアーの打球を3バウンドさせ外野フェンスの○△×□社の広告の“×”の文字に当てて下さい」と注文された森脇は、いとも簡単に言われた通りのノックを披露してみせた。

2006年のシーズン開幕前に王貞治監督がWBC代表監督としてチームを離れていた間、監督代行としてオープン戦の指揮を執り、7月6日からは王監督の胃癌手術に伴う休養のため、ソフトバンクの監督代行を務めた。リーグ優勝を逃したことについて、「残念」「罪の意識すらある」と語った。あくまでも肩書は監督代行(チーフコーチ)兼内野守備・走塁コーチであったため、王監督休養後も攻撃時には三塁コーチボックスに立ち指揮していた。南海ホークスの選手だったこともあり、森脇が審判に抗議している時などは、南海時代の応援歌などが演奏されていた。

2007年2008年秋山幸二の総合コーチ就任に伴い内野守備走塁コーチに専念。2009年は監督に昇格した秋山の下でヘッド兼内野守備・走塁コーチを務めたが、11月24日に「組織の活性化」を理由に大石大二郎と入れ替わる形で解任された[8][9][10]。秋季キャンプでも指導し、秋山とも翌シーズンの話をしていたさなかの解任に対し、森脇は「今回の例は自分で最後にしてもらいたい」と発言した[9]

2010年からはJ SPORTSNHK福岡放送局(本数契約)、アール・エフ・ラジオ日本(本数契約)の野球解説者を務め、2月8日からソフトバンクの編成アドバイザーとして契約を結んだ[11]

2011年読売ジャイアンツ二軍内野守備・走塁コーチに就任したが[12]、1年限りで退団。

2012年からはオリックス・バファローズのチーフ野手兼内野守備・走塁コーチを務める[13]。チームの最下位確定後の9月25日、監督の岡田彰布の休養に伴い、同日から10月8日の最終戦まで監督代行として9試合指揮を執り、7勝2敗の成績を残した。

オリックス監督時代[編集]

2012年10月8日に、オリックスの一軍監督へ正式に就任することを発表[14]。二軍監督ならびに一軍の監督代行として指揮を執ったことはあっても、正式に一軍の監督となるのは初めて。同日のソフトバンクとのシーズン最終戦(ヤフードーム)後に監督就任の記者会見を行った[15]。会見の席では「悔しい思いを二度と味わわない。そして何よりもファンの方にも味わす訳にはいかないという気持ちを一つに纏め、プロフェッショナルな意識を持っていきたい」と意気込みを語った。2013年7月28日の対西武戦で李大浩の空振り三振をめぐる抗議で球審西本欣司への暴力行為で李と共に退場処分となった(李は侮辱行為)[16]。森脇は初の退場処分、監督代行はヘッドコーチの福良淳一が務めた。この年は5位に終わる。

2014年には、シーズンの開幕から上位を走ると、前半戦を首位でターン。8月24日には、監督としての契約を2016年のシーズン終了まで延長することで合意に達したことが、球団から発表された[17]。公式戦では、終盤にソフトバンクに逆転されて優勝を逃すも、首位とゲーム差なしの2位で終了。チームとしては2008年以来6年振りにクライマックスシリーズへ進出したが、ファーストステージ1勝2敗でシーズン3位の日本ハムに敗れた。

2015年には、トニ・ブランコ中島裕之などの獲得による大型補強でシーズンに臨んだが、開幕から4連敗を喫した。さらに、大型補強で獲得した選手や、投打の主力選手に故障や不振が相次いだ影響で最下位に低迷。19勝34敗1分けで迎えた開幕54試合目の対広島戦(5月31日)に敗れたことで、自力でのリーグ優勝の可能性が消滅した[18]。6月2日には、成績不振を理由に休養することや、福良が監督代行に就任することが球団から発表された[19]。8月31日付で監督職を正式に退任。

オリックス監督からの退任後[編集]

2015年9月1日付で、仰木彬中村勝広に次ぐ球団史上3人目のシニアアドバイザー(SA)に就任[20]。SAへの就任後は、チーム編成・運営に関するアドバイスを球団のフロントへ伝えるかたわら、野球評論家として活動することもあった。

福良が一軍監督へ正式に就任した2016年に、10月31日付でSAとしての任期を満了することから、同職を退任[21]11月1日からは、オリックスブルーウェーブ元投手の長谷川滋利が職務を引き継ぐ[22]

中日ドラゴンズのコーチとして[編集]

2017年シーズンからは、中日の一軍内野守備走塁コーチとして現場に復帰。内野守備を中心とした野手全般の指導や、作戦の立案を担当する[3]

2016年11月1日からナゴヤ球場での秋季キャンプへ合流し、コーチとしての活動を始動[23]

人間関係[編集]

広島時代のチームメイトだった津田恒実とは無二の親友であった。津田が脳腫瘍に冒されて現役を引退し、晩年に福岡市内の病院で闘病生活に当たっていた時には積極的に周辺の世話を行い、津田に対して「俺の年俸を半分にしてでも、お前を現役復帰できるように球団に掛け合ってやる」と励ましていた[24]。また1993年にダイエー球団職員の女性と結婚し披露宴を挙げた際には、他界した津田の席も用意してキャンドルサービスを行った。2000年に放送された津田の生涯を綴ったドラマ「最後のストライク」でも親友役として登場し、森脇役を石黒賢が演じた。

非常に研究熱心で野球の知識が豊富な人物であり、野村克也からは当時自分が楽天の監督をしていて敵である立場にもかかわらず批判覚悟で質疑をしてくることが何度もあったと著書の「名将の条件 監督受難時代に必要な資質」に書かれており、野村とは友好関係だったようだ。野村は、落合と森脇は自分と野球の話が出来る今の球界では数少ない人物であると述べており、森脇がオリックスの成績を上げたにもかかわらず翌年球団が見当違いな補強をしたため迷走し、監督を休養することになった事を上記の著書で惜しんでいた。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1981 近鉄 57 63 57 10 18 4 0 2 28 7 1 0 1 0 4 0 1 9 2 .316 .371 .491 .862
1982 55 168 149 15 31 6 0 2 43 8 3 1 7 1 11 0 0 26 1 .208 .261 .289 .549
1983 23 33 27 4 8 3 0 0 11 4 0 0 1 1 3 0 1 4 1 .296 .375 .407 .782
1984 広島 20 11 11 6 3 0 0 0 3 1 2 0 0 0 0 0 0 4 0 .273 .273 .273 .545
1985 46 24 21 6 2 0 0 0 2 0 0 1 2 0 1 0 0 5 1 .095 .136 .095 .232
1986 6 6 6 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .167 .167 .167 .333
1987 南海
ダイエー
91 198 172 22 35 1 0 3 45 11 3 2 11 1 12 0 2 36 4 .203 .262 .262 .524
1988 62 36 32 8 5 0 0 0 5 1 0 1 3 0 1 0 0 7 0 .156 .182 .156 .338
1989 98 285 241 34 62 14 5 4 98 17 5 3 12 1 31 2 0 73 4 .257 .341 .407 .747
1990 46 111 90 8 20 2 0 1 25 6 0 1 7 2 12 0 0 20 5 .222 .308 .278 .585
1991 66 32 28 2 2 1 0 0 3 1 0 0 0 0 4 0 0 3 0 .071 .188 .107 .295
1992 77 41 34 9 7 1 1 1 13 4 1 0 4 0 1 0 2 11 0 .206 .270 .382 .653
1993 98 188 167 15 35 6 1 1 46 12 1 1 6 0 15 0 0 34 8 .210 .275 .275 .550
1994 82 65 54 12 14 7 0 0 21 3 0 2 4 0 7 0 0 10 1 .259 .344 .389 .733
1995 16 6 6 1 1 0 0 0 1 0 1 1 0 0 0 0 0 2 1 .167 .167 .167 .333
通算:15年 843 1267 1095 152 244 45 7 14 345 75 17 13 58 6 102 2 6 245 28 .223 .291 .315 .606
  • 南海(南海ホークス)は、1989年にダイエー(福岡ダイエーホークス)に球団名を変更

通算監督成績[編集]

年度 球団 順位 試合 勝利 敗戦 引分 勝率 ゲーム差 チーム
本塁打
チーム
打率
チーム
防御率
年齢
2013年 オリックス 5位 144 66 73 5 .475 15.0 93 .256 3.31 53歳
2014年 オリックス 2位 144 80 62 2 .563 0.0 110 .258 2.89 54歳
2015年 オリックス 5位 53 19 34 0 .358 31.0 94 .248 3.62 55歳
通算:5年 341 202 193 11 .511 Aクラス1回、Bクラス2回
  • 1 通算成績には2006年ソフトバンク(7月8日から閉幕まで)の監督代行55試合(30勝22敗3分勝率.577)および2012年オリックス(9月25日から閉幕まで)の監督代行9試合(7勝2敗勝率.778)を含む
  • 2 2015年成績不振の責任を取り休養。監督成績は休養前の5月31日まで。監督代行は福良淳一

記録[編集]

背番号[編集]

  • 31 (1979年 - 1983年)
  • 23 (1984年 - 1985年)
  • 12 (1986年 - 1987年途中)
  • 15 (1987年 - 同年終了)
  • 4 (1988年 - 1996年)
  • 79 (1997年 - 1999年、2003年 - 2004年)
  • 82 (2000年 - 2002年)
  • 88 (2005年 - 2009年、2012年 - 2015年)
  • 73 (2011年)
  • 85 (2017年 - )

著書[編集]

関連情報[編集]

出演[編集]

CD[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 【オリックス】森脇監督、トークショーで兄・忠之さんと初めて“競演””. スポーツ報知. 2014年12月14日閲覧。
  2. ^ 森脇浩司シニアアドバイザー就任のお知らせ”. オリックスバファローズ. 2015年9月1日閲覧。
  3. ^ a b 中日新コーチに土井正博氏、田村藤夫氏、森脇浩司氏”. 日刊スポーツ. 2016年10月26日閲覧。
  4. ^ 週刊ベースボール2012年11月5日号 P33
  5. ^ 森脇監督がT岡田復活へ愛情ノック105分 日刊スポーツ 2015年2月7日]
  6. ^ オリックス・森脇監督 ONにはありがた迷惑な名人芸的恩返しZAKZAK 2014年6月19日
  7. ^ オリ森脇監督の「休養会見」に巨人球団が冷ややかだったワケ 日刊ゲンダイ 2015年6月3日
  8. ^ 森脇 浩司ヘッドコーチの退団について
  9. ^ a b 何があったソフトバンク 指揮官戸惑い 愛弟子は号泣”. スポニチ (2009年11月26日). 2009年11月26日閲覧。
  10. ^ あり得ない…ソフトバンク大揺れヘッド入れ替え人事”. スポニチ (2009年11月26日). 2009年11月26日閲覧。
  11. ^ 編成アドバイザー契約のお知らせ 
  12. ^ 森脇浩司、清水崇行、小関竜也の3氏が二軍コーチに就任”. 読売ジャイアンツ (2010年10月26日). 2011年11月12日閲覧。
  13. ^ 【オリックス】森脇コーチの就任を発表”. 日刊スポーツ (2011年11月12日). 2011年11月12日閲覧。
  14. ^ [1]2012年10月8日 オリックス・バファローズ オフィシャルサイト
  15. ^ オリックス・バファローズ新監督就任記者会見の模様2012年10月8日 オリックス・バファローズ オフィシャルサイト
  16. ^ 【オリックス】森脇監督と李大浩が退場日刊スポーツ2013年7月28日配信
  17. ^ オリ森脇監督続投もう2年、長期政権へ”. 日刊スポーツ (2015年8月24日). 2015年9月1日閲覧。
  18. ^ オリックス自力V消滅 3連敗で54戦借金15”. 日刊スポーツ (2015年5月31日). 2015年9月1日閲覧。
  19. ^ 森脇浩司監督休養のお知らせ オリックス・バファローズオフィシャルサイト(2015年6月2日)
  20. ^ オリックス森脇監督が退任、シニアアドバイザー就任”. 日刊スポーツ (2015年8月27日). 2015年9月1日閲覧。
  21. ^ オリックス 前監督の森脇SAと契約更新せず 球団幹部が明かす”. 時事通信 (2016年9月18日). 2016年9月25日閲覧。
  22. ^ 長谷川滋利氏「サポートしたい」オリックスSA就任”. 日刊スポーツ (2016年9月18日). 2016年10月24日閲覧。
  23. ^ “前オリ監督の森脇氏が中日コーチ!“森”監督の“脇”で参謀役に”. スポニチアネックス. (2016年11月2日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2016/11/02/kiji/K20161102013647220.html 2016年11月2日閲覧。 
  24. ^ 森脇コーチ感無量…「俺の年俸は半額でも」津田さんを励まし続ける-Sponichi Annex 2012年1月14日 2017年4月5日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]