佐藤眞一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 眞一(さとう しんいち、1956年 - )は、日本の心理学者大阪大学人間科学研究科教授、医学博士。老年行動学、老年心理学、老年学、生涯発達心理学専攻。

来歴[編集]

東京都出身。千葉県立東葛飾高校卒。1980年、早稲田大学教育学部卒業。その後同大学文学研究科博士課程を単位取得満期退学し1999年に埼玉医科大学より博士号授与。明治学院大学心理学部教授、マックスプランク研究所上級客員研究員等を経て、2009年より大阪大学教授[1]

公職等[編集]

  • 日本老年行動科学会会長
  • 日本応用老年学会理事

著書[編集]

共著[編集]

単著[編集]

監修[編集]

  • 『「結晶知能」革命』,小学館,2006年

脚注[編集]

  1. ^ 大阪大学による紹介

外部リンク[編集]