佐藤進一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

佐藤 進一(さとう しんいち、1916年11月25日[1][2] - 2017年11月9日[3])は、日本歴史家。専門は、日本中世[1]・中世法制史古文書学。学位は、文学博士(1961年)(学位論文学位論文「鎌倉時代より南北朝時代に至る守護制度の研究」)。中央大学名誉教授。東京大学教授・名古屋大学教授を歴任。新潟県中蒲原郡新津町(現・新潟市秋葉区)生まれ[2]

来歴[編集]

1936年3月に新潟高等学校文科甲類を卒業[4]後、同年4月に東京帝国大学文学部入学[5]に入学した。

1939年3月を東京帝国大学文学部卒業[6]。卒業論文は「鎌倉幕府訴訟制度の分化」であった[7]。4月より東京帝国大学史料編纂所第十編部に採用される[2]

1941年4月に第五編部に異動となる[2]が、翌1942年9月に応召して、東部第28部隊に入隊した。終戦後の1946年9月、史料編纂所に復職する[2]

1949年4月に法政大学文学部兼任講師(1975年まで)となる。同年8月には名古屋大学文学部併任助教授に就任した[2]

1953年4月に東京大学文学部助教授に転じる(史料編纂所も併任)[2]

1961年12月、「鎌倉時代より南北朝時代に至る守護制度の研究」により文学博士学位を授与される[8]

1962年4月、東京大学文学部教授に昇進した。

1970年10月、東京大学文学部教授を辞職し、1971年11月に名古屋大学文学部教授に就任した[2]

1977年4月、中央大学文学部教授に就任し、10年後の1987年4月に定年退職した[2]

2017年11月9日、満100歳で死去した[3]

人物[編集]

東大時代では相田二郎から古文書学、石井良助から法制史の教えを受けた。学生時代は鎌倉末期史に関心を持っていたが、戦後は南北朝期へと関心を広げ、鎌倉幕府の訴訟制度、鎌倉・室町幕府の守護制度、中央古文書学など幅広い分野で先駆的な研究を行った。教え子に石井進笠松宏至勝俣鎮夫など多数。[要出典]

史観は違うが、石母田正との共同研究により後進に多くの影響を与えた。(佐藤進一の回顧、石母田正著作集月報より)。中央公論社から出た『日本の歴史9 南北朝の動乱』は南北朝期の基礎的研究として現在でも必須の研究である(文庫版解説より)。法政大学通信教育用テキストが話題を呼び、『古文書学入門』として出版された[要出典]

単著[編集]

共著[編集]

共編著[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b デジタル版 日本人名大辞典+Plus『佐藤進一』 - コトバンク
  2. ^ a b c d e f g h i 佐藤進一 1987
  3. ^ a b 瀬田勝哉 2018
  4. ^ 『官報』第2758号、昭和11年3月14日、p.373新潟高等学校編『新潟高等学校一覧 乙號 自昭和14年至昭和15年』新潟高等学校、1939年、p.154
  5. ^ 『官報』第2802号、昭和11年5月8日、p.244
  6. ^ 東京帝国大学一覧 昭和14年度』東京帝国大学、1939年、567頁。 
  7. ^ のちに加筆して『鎌倉幕府訴訟制度の研究』として出版する)(佐藤進一 1987)。
  8. ^ 書誌事項(CiNii Dissertations)”. 国立情報学研究所. 2017年6月24日閲覧。

参考文献[編集]

  • 佐藤進一「佐藤進一自歴略譜」『中央史学』第10号、中央史学会、1987年、 166-172頁、 NAID 110009492083
  • 瀬田勝哉「佐藤進一氏の訃」『日本歴史』第839号、吉川弘文館、2018年4月号、 123頁。

関連項目[編集]