南渕時高

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
南渕 時高
福井ネクサスエレファンツ 監督
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府東大阪市
生年月日 (1965-10-29) 1965年10月29日(56歳)
身長
体重
170 cm
70 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 遊撃手二塁手
プロ入り 1989年 ドラフト4位
初出場 1990年6月16日
最終出場 2000年9月26日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

南渕 時高(みなみぶち ときたか、1965年10月29日 - )は、大阪府東大阪市出身の元プロ野球選手内野手)、野球指導者。

現役時代は粘り強い打撃で相手投手に嫌がられる打者としてチームを支えた[要出典]

経歴[編集]

天理高校時代は、3年次の1983年遊撃手として第65回全国選手権に出場。1回戦で岐阜一高に完封負け[1]

高校卒業後は、青山学院大学に進学。東都大学リーグでは1984年秋季リーグから一部昇格を果たすが、優勝には届かなかった。一部リーグ通算88試合に出場し、打率.327(312打数102安打)、6本塁打、39打点。ベストナイン(遊撃手)2回受賞。4年時は主将を務めた。大学同期に内山正博投手がいる[2]

大学卒業後は、社会人野球東芝に進み、1988年都市対抗に出場。準々決勝で新日本製鐵堺野茂英雄をKOし快勝、準決勝では適時打を放ち大昭和製紙北海道を降す。|date=2021-10}}決勝ではNTT東海に9回裏サヨナラ勝ち、5年ぶりの優勝を飾った[3]。続く同年の日本選手権でも順調に勝ち進み、決勝では本田技研熊本と対戦、大学同期の内山投手を打ち崩し優勝。都市対抗、日本選手権の同一年制覇は史上初である。この大会では準決勝で本塁打を放つなど攻守の要として活躍し、最高殊勲選手賞を獲得した[4]。同年の社会人ベストナイン(遊撃手)にも選出される。1989年にも都市対抗に連続出場。同年は第9回インターコンチネンタルカップ、第15回アジア野球選手権大会日本代表に選出された。東芝のチームメートには丹波健二菊池総らがいる。

1989年のプロ野球ドラフト会議ロッテオリオンズから4位指名を受け入団。

1991年には佐藤健一と遊撃手のレギュラーを争い、翌1992年には定位置を確保する。1993年に当時の日本記録である14打席連続出塁を達成。この年チーム唯一のスポーツ紙1面を飾った。1995年から二塁手に回り、1996年には初の規定打席(18位、打率.264)に達する。同年4月には無本塁打ながら打率0.349、2打点を記録し月間MVPを受賞した。しかし翌1997年には小坂誠の入団によって内野陣が再編成され出場機会が激減、シーズン後半にはほとんど出番がなくなる。[要出典]

読売ジャイアンツ阪神タイガースも獲得しようとしていたようだが、1998年中日ドラゴンズへ移籍し控え内野手として起用される[要出典]

2000年には、当時監督に在任していた仰木彬にパンチ力を買われてオリックス・ブルーウェーブへ移籍したものの[5]、同年限りで現役を引退。

引退後は一時期、ヤングリーグ所属の中学硬式野球チーム「ヤングパドレス」監督として指導をしていた。その後、サンリーグ所属の中学硬式野球チーム「奈良サンマリーンズ」の総監督を務めた。一方、プロ野球マスターズリーグでは名古屋80D'sersに所属していたが、2006年より大阪ロマンズに所属した。[要出典]

2017年より、独立リーグベースボール・チャレンジ・リーグ信濃グランセローズで野手総合コーチを務める[6]2020年11月20日、東京ヤクルトスワローズから育成ドラフト2位指名を受けた赤羽由紘の素質を伸ばした育成手腕などを評価され、2021年もコーチ契約を更新したことが発表された[7]。同年シーズン終了後の10月9日、退任が発表された[8]。10月30日、2022年よりリーグ戦を開始する日本海オセアンリーグ福井ネクサスエレファンツ(福井ワイルドラプターズに代わる新球団)で監督に就任することが発表された[9]

人物[編集]

同い年である古田敦也池山隆寛とは以前から親交があり、彼らからは「ブチ」と呼ばれている[要出典]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1990 ロッテ 37 96 80 12 21 8 0 0 29 5 2 1 2 0 13 0 1 13 4 .263 .372 .363 .735
1991 104 263 214 21 53 14 4 3 84 24 0 3 16 0 32 0 1 30 9 .248 .348 .393 .741
1992 105 362 299 34 76 16 2 3 105 27 2 1 24 2 35 1 2 40 6 .254 .334 .351 .685
1993 107 294 220 37 60 12 2 1 79 22 4 2 25 3 44 0 2 25 4 .273 .394 .359 .753
1994 111 375 319 29 88 19 1 6 127 39 1 3 11 5 38 1 2 29 7 .276 .352 .398 .750
1995 107 355 303 24 82 10 1 4 106 31 5 0 14 3 33 0 2 26 6 .271 .343 .350 .693
1996 128 518 439 41 116 22 1 5 155 38 7 1 29 2 48 2 0 36 12 .264 .335 .353 .688
1997 35 82 73 5 15 3 0 0 18 1 0 0 1 0 8 0 0 10 3 .205 .284 .247 .531
1998 中日 66 97 87 1 23 6 0 0 29 13 0 0 0 0 9 1 1 9 2 .264 .340 .333 .674
1999 16 16 14 1 2 2 0 0 4 1 0 0 0 1 1 0 0 1 1 .143 .188 .286 .473
2000 オリックス 8 9 7 1 2 0 0 0 2 0 0 0 0 0 2 0 0 2 0 .286 .444 .286 .730
通算:11年 824 2467 2055 206 538 112 11 22 738 201 21 11 122 16 263 5 11 221 54 .262 .346 .359 .705

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
その他の記録
  • 14打席連続出塁(1993年7月16日 - 25日) ※当時のNPB記録[10]

背番号[編集]

  • 31 (1990年 - 1991年途中、1998年 - 1999年)
  • 7 (1991年途中 - 1996年)※シーズン途中に広島東洋カープから復帰し、一旦7を着用していたた高沢秀昭(移籍前には31を着用)と背番号を交換
  • 1 (1997年)
  • 35 (2000年)
  • 76(2017年 - 2021年)

関連情報[編集]

著書[編集]

出演[編集]

映画[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  2. ^ 神宮球場ガイドブック1988年春号 ベースボールマガジン社編
  3. ^ 日本野球連盟『都市対抗野球大会60年史』毎日新聞社 1990年
  4. ^ 社会人野球日本選手権大会40年史 日本野球連盟
  5. ^ 『プロ野球選手写真名鑑』日刊スポーツ、2000年、[要ページ番号]
  6. ^ 南渕コーチ就任のお知らせ
  7. ^ 信濃、南渕コーチの契約更新発表 福地コーチは退団信毎Web
  8. ^ 南渕コーチ退団のお知らせ - 信濃グランセローズ(2021年10月9日)2021年10月9日閲覧。
  9. ^ 福井ネクサスエレファンツ 監督就任のお知らせ - 日本海オセアンリーグ(2021年10月30日)2021年10月30日閲覧。
  10. ^ 『94スポニチプロ野球手帳』スポーツニッポン新聞社、1994年、166頁。
  11. ^ 映画『レフトフライ』上映会”. 信濃グランセローズ (2017年12月1日). 2018年6月17日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]