松井達徳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
松井 達徳
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福島県白河市
生年月日 (1965-06-25) 1965年6月25日(52歳)
身長
体重
178 cm
82 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手
プロ入り 1989年 ドラフト4位
初出場 1990年5月26日
最終出場 1998年10月12日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

松井 達徳(まつい たつのり、1965年6月25日 - )は、福島県白河市出身の元プロ野球選手外野手)。

経歴[編集]

学法石川高では、一塁手として1983年夏の甲子園出場。3回戦に進むが、横浜商三浦将明投手に抑えられ、3-19の大差で敗退。この試合でエース小椋政彦をリリーフし、甲子園初登板を果たす。

高校卒業後は、法政大学へ進学。東京六大学リーグで在学中4回の優勝を経験。1986年秋季リーグでは打率2位を記録し、ベストナイン(一塁手)を受賞。4年生時には1987年秋季リーグで優勝するが、直後の明治神宮野球大会では決勝で筑波大に延長10回の熱戦の末に敗れた。リーグ通算82試合出場、260打数75安打、打率.288、5本塁打、40打点。大学同期に秋村謙宏鈴木俊雄がいる。

大学卒業後は日産自動車に入社。外野手に転向し、1988年から都市対抗に2年連続出場。1989年の第9回インターコンチネンタルカップ日本代表に選出され、大会ではキューバに次ぐ準優勝、首位打者を獲得した。

同年のドラフト4位で中日ドラゴンズに入団。1年目の1990年から二番打者として19試合に先発出場するが、その後は伸び悩む。1993年のシリーズ後半には、主にレギュラー右翼手として起用されたものの長続きしなかった。

1997年に中日を自由契約となり、阪神タイガースにテスト入団。ここでは出場機会があまりなく、1999年限りで現役引退。

広角打法が持ち味で、外野のレギュラー候補として期待されていたものの、守備に難があり定位置獲得には到らなかった。一軍では代打起用が主であったが、先発出場時には三番打者として起用される事もあった。

現在は、神奈川県在住の会社員である。

選手としての特徴[編集]

現役時代、バッターボックスで構えている際にバットを回していた。これは、力が入り過ぎないようにするためである[1]。 通常バットはマークの両側面以外で打つと折れやすいが、本人によると回していても止める時には両側面の位置で止められていた。チームメイトに回転数を数えられたこともあり、2.5回転の時は調子がよいとのこと。また高校時代までは体の周りで円を描くように常に回転させていた。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1990 中日 33 92 81 13 22 1 0 2 29 7 1 1 6 0 5 0 0 17 1 .272 .314 .358 .672
1991 18 23 23 0 3 0 0 0 3 0 0 0 0 0 0 0 0 8 1 .130 .130 .130 .261
1992 16 41 39 4 10 1 0 2 17 4 0 0 0 0 2 0 0 10 0 .256 .293 .436 .729
1993 32 92 88 9 28 6 0 1 37 9 0 0 2 0 1 0 1 14 1 .318 .333 .420 .754
1994 44 74 68 1 15 2 0 0 17 5 0 0 0 0 6 0 0 18 1 .221 .284 .250 .534
1995 26 57 53 8 13 3 1 1 21 3 0 0 0 0 4 0 0 9 2 .245 .298 .396 .694
1996 17 24 23 1 4 1 0 0 5 0 1 0 0 0 1 0 0 4 0 .174 .208 .217 .426
1998 阪神 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
通算:8年 187 404 376 36 95 14 1 6 129 28 2 1 8 0 19 0 1 81 6 .253 .290 .343 .633

記録[編集]

背番号[編集]

  • 54 (1990年 - 1997年)
  • 43 (1998年 - 1999年)

脚注[編集]

  1. ^ Get Sports 2011年8月22日放送分より

関連項目[編集]

外部リンク[編集]