東京ヤクルトスワローズの選手一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

東京ヤクルトスワローズの選手一覧(とうきょうヤクルトスワローズのせんしゅいちらん)は、東京ヤクルトスワローズに所属する選手・監督・コーチ、およびかつて所属していた選手の一覧である。

首脳陣[編集]

一軍[編集]

背番号 名前 役職
22 髙津臣吾 監督
73 嶋基宏 ヘッド兼バッテリーコーチ
89 伊藤智仁 投手コーチ
98 石井弘寿 投手コーチ
78 大松尚逸 打撃チーフコーチ
74 杉村繁 打撃コーチ
87 福川将和 打撃コーチ
75 森岡良介 内野守備走塁コーチ
82 松元ユウイチ 外野守備走塁兼作戦コーチ

二軍[編集]

背番号 名前 役職
88 池山隆寛 監督
79 城石憲之 総合コーチ
72 小野寺力 投手コーチ
81 正田樹 投手コーチ
84 松岡健一 投手コーチ
76 宮出隆自 打撃コーチ
85 畠山和洋 打撃コーチ
70 河田雄祐 外野守備走塁コーチ
83 衣川篤史 バッテリーコーチ
95 土橋勝征 内野守備走塁兼育成担当コーチ
92 山本哲哉 投手兼育成担当コーチ

[1][2]

所属選手[編集]

投手[編集]

背番号 選手名 備考
12 石山泰稚
14 西舘昂汰 2023年ドラフト1位
15 山下輝
16 原樹理
17 清水昇 選手会長
18 奥川恭伸
19 石川雅規
20 木澤尚文
21 吉村貢司郎
24 星知弥
26 山野太一
28 松本健吾 2023年ドラフト2位
29 小川泰弘
34 田口麗斗
35 石原勇輝 2023年ドラフト3位
37 エルビン・ロドリゲス
39 ホセ・エスパーダ 新外国人
40 高梨裕稔 14から背番号変更
41 柴田大地
43 山本大貴
44 大西広樹
45 小澤怜史
47 高橋奎二
48 金久保優斗
49 嘉弥真新也 ソフトバンクから移籍
52 尾仲祐哉
53 長谷川宙輝
54 サイスニード
56 坂本拓己
58 阪口皓亮
61 宮川哲 西武からトレード移籍
62 竹山日向
68 丸山翔大
69 今野龍太
99 ミゲル・ヤフーレ 新外国人
012 近藤弘樹 育成選手
013 嘉手苅浩太 育成選手・67から背番号変更
015 沼田翔平 育成選手
019 下慎之介 育成選手

捕手[編集]

背番号 選手名 備考
27 中村悠平
30 西田明央
32 松本直樹
33 内山壮真
57 古賀優大
65 鈴木叶 2023年ドラフト4位
023 橋本星哉 育成選手
025 フェリペ 育成選手

内野手[編集]

背番号 選手名 備考
00 赤羽由紘 71から背番号変更
1 山田哲人 キャプテン
5 川端慎吾
7 長岡秀樹
10 宮本丈 39から背番号変更
13 ホセ・オスナ
36 西村瑠伊斗
38 北村拓己 巨人から現役ドラフトで移籍
46 太田賢吾
50 北村恵吾
55 村上宗隆
59 小森航大郎
60 武岡龍世
63 増田珠 ソフトバンクから移籍
66 三ツ俣大樹
67 伊藤琉偉 2023年ドラフト5位
026 髙野颯太 育成選手・2023年育成ドラフト2位

外野手[編集]

背番号 選手名 備考
0 並木秀尊
3 西川遥輝 楽天から移籍
4 丸山和郁
9 塩見泰隆 副キャプテン
23 青木宣親
25 ドミンゴ・サンタナ
31 山崎晃大朗
42 澤井廉
51 濱田太貴
64 岩田幸宏 育成選手からの支配下登録

退団・移籍した選手[編集]

国鉄、サンケイ、アトムズ時代およびヤクルトスワローズ時代も含む。名前は選手として在籍した最終年の登録名を基準とする。

あ行[編集]

か行[編集]

さ行[編集]

た行[編集]

な行[編集]

は行[編集]

ま行[編集]

や行[編集]

ら行[編集]

[編集]

歴代監督[編集]

監督代行

  • 砂押邦信(1965)※林の退任に伴う。
  • 中原宏(1967)※飯田の休養に伴う。
  • 小川善治(1970)※別所の退任に伴う。
  • 佐藤孝夫(1979)※広岡の退任に伴う。
  • 中西太(1984)※武上の退任に伴う。
  • 土橋正幸(1984)※代行・中西の退任に伴う。
  • 小川淳司(2010)※高田の退任に伴う。
  • 松元ユウイチ(2022)※高津の病気療養(新型コロナ感染)に伴う。

最後の選手[編集]

後楽園球場時代( - 1963)
  • 鈴木皖武(1975年引退、当時の背番号は17(1962年 - 1963年))

1971年限りで丸山完二(当時の背番号は29(1962年 - 1963年))と緒方勝(当時の背番号は62(1962年)、44(1963年))が引退したことにより、後楽園球場時代に在籍した選手は1人もいなくなった。

国鉄→サンケイスワローズ時代( - 1965)
  • 福富邦夫(1980年引退、当時の背番号は12(1965年))

1980年限りで福富邦夫が引退したことにより、国鉄→サンケイスワローズに所属した選手は1人もいなくなった。

サンケイアトムズ→アトムズ時代( - 1969)
  • 井上洋一(1986年引退、当時の背番号は48(1967年)、39(1968年 - 1969年))

1985年限りで松岡弘(当時の背番号は25(1968年)、17(1969年))が引退したことにより、サンケイアトムズ→アトムズに所属した選手は1人もいなくなった。

ヤクルトアトムズ時代( - 1973)
  • 八重樫幸雄(1993年引退、当時の背番号は28(1970年 - 1973年))
  • 杉浦享(1993年引退、当時の背番号は55(1971年 - 1973年))

1993年限りで八重樫幸雄と杉浦享が引退したことにより、ヤクルトアトムズに所属した選手は1人もいなくなった。

現役ヤクルトスワローズ時代のメンバー( - 2005)
  • 石川雅規(当時の背番号は19(2002年 - 2005年))
  • 青木宣親(当時の背番号は23(2004年 - 2005年))

脚注[編集]

  1. ^ 2024年コーチングスタッフ(1軍)のお知らせ”. 東京ヤクルトスワローズ (2023年10月10日). 2023年11月8日閲覧。
  2. ^ 2024年コーチングスタッフ(2軍)のお知らせ”. 東京ヤクルトスワローズ (2023年11月8日). 2023年11月8日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]