永川英植

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
永川 英植
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県横浜市鶴見区
生年月日 1956年6月23日
没年月日 (1991-07-15) 1991年7月15日(35歳没)
身長
体重
190 cm
84 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1974年 ドラフト1位
初出場 1977年7月10日
最終出場 1977年7月10日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

永川 英植(ながかわ えいしょく、1956年6月23日 - 1991年7月15日)は神奈川県横浜市鶴見区出身のプロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

横浜高では、2年時にエースとして1973年春の選抜に出場。決勝では広島商佃正樹と投げ合い、延長11回の末に選抜初優勝を飾る[1]。同年夏は県予選準々決勝で長内孝のいた桐蔭学園に敗退。1年上のチームメートに一塁手西山茂がいた。翌1974年春の選抜にも連続出場。2回戦(初戦)で高知高の高橋修二(住友金属)と互いに無失点で投げ合うが、延長12回に杉村繁に適時打を浴びサヨナラ負けを喫する[1]。同年夏は県予選決勝で原辰徳らのいた東海大相模高に敗退、夏の選手権には縁がなかった。

1974年のドラフトヤクルトスワローズに1位指名される。ドラフト指名当時は定岡正二鹿児島実)、土屋正勝銚子商)、工藤一彦土浦日大)とともに「高校四天王」と呼ばれた。また土屋・工藤・永川の三人は「関東三羽烏」とも呼ばれた。しかし、プロ入り後は度重なるフォーム矯正や肝炎による体調不良により本来の実力を発揮できず、プロでの登板はわずか1試合にとどまり、1980年4月25日に肝炎のため任意引退[2]

引退後は横浜市鶴見区にて家業の焼肉店を継いでいたが、1991年7月15日午後4時50分、肝臓癌により神奈川県横浜市保土ヶ谷区の病院で死亡(享年35歳)[3]

武器はストレート、カーブ。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1977 ヤクルト 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 5 1.0 2 0 0 0 0 0 0 0 1 1 9.00 2.00
通算:1年 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 5 1.0 2 0 0 0 0 0 0 0 1 1 9.00 2.00

記録[編集]

背番号[編集]

  • 24(1975年 - 1979年)
  • 44(1980年)

脚注[編集]

  1. ^ a b 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  2. ^ 【7月10日】1977年(昭52) すべて直球…甲子園優勝投手永川英植の最初で最後の1軍 スポーツニッポン 2008年7月10日(2018年2月6日閲覧)
  3. ^ 春の甲子園優勝投手・永川英植さん癌で死亡、34歳。読売新聞1991年7月16日朝刊31面より

関連項目[編集]