中山孝一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中山 孝一
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 千葉県八千代市
生年月日 (1948-08-12) 1948年8月12日(70歳)
身長
体重
180 cm
74 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1969年 ドラフト5位
初出場 1970年
最終出場 1980年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

中山 孝一(なかやま こういち、1948年8月12日 - )は千葉県八千代市出身の元プロ野球選手

来歴・人物[編集]

千葉工商高等学校(現:敬愛学園高等学校)では、1966年全国高等学校野球選手権千葉大会東金商ノーヒットノーランに抑え、続く東邦大付も7回コールドながらノーヒットノーランで降す[1]。その後も2試合連続で完封勝利、習志野戦で失点するも41回連続無失点記録を達成した。しかし東関東大会準決勝で竜ヶ崎一高に敗退、甲子園出場はならなかった。同年の一次ドラフト6位で阪神タイガースに指名されるも拒否し、サッポロビールに入社。1969年第40回都市対抗野球大会に出場。同年のドラフト5位で南海ホークスに入団。

南海では速球投手として期待され、1年目の1970年から先発として起用されるが、同年は1勝に終わる。1972年には中継ぎに回り、1973年読売ジャイアンツとの日本シリーズでも2試合に登板。1974年には4月から先発陣の一角として起用され8勝、初めて規定投球回に達し、防御率3.04で投手成績8位にランクイン。1975年1976年には二桁勝利をあげる。しかしその後は右肩を故障して低迷。1978年オフに、山下慶徳との交換トレードでヤクルトスワローズに移籍するが、1年で自由契約になり、阪神タイガースに移籍。しかし、全盛期の力は既に無く1980年オフに現役を引退した。

南海では一、二を争うほどの速球派投手だったが、その一方で制球力に乏しいという欠点もあった。振り上げた右腕をいったん肩でひょいと、かつぐような格好になってから投球する一風変わったフォームの持ち主であった。この変則モーションは、打者のタイミングを外すのに有効だった。南海時代の好調期は内角を突く速球に威力があった。また、速球のほかにスライダー、2種類のナックルボール、外角のカーブを武器とした。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1970 南海 16 11 0 0 0 1 6 -- -- .143 296 65.2 68 8 34 0 0 41 1 1 38 29 3.95 1.55
1971 4 2 0 0 0 0 0 -- -- ---- 61 13.0 18 6 4 0 0 10 1 0 13 13 9.00 1.69
1972 34 2 0 0 0 1 5 -- -- .167 290 69.1 56 6 36 2 1 59 7 0 33 27 3.52 1.33
1973 16 8 0 0 0 1 3 -- -- .250 282 68.1 58 10 29 1 2 48 3 3 28 27 3.57 1.27
1974 28 24 3 1 0 8 9 0 -- .471 634 154.1 117 20 66 2 3 95 7 0 59 52 3.04 1.19
1975 23 23 7 2 0 10 7 0 -- .588 569 135.2 135 10 44 0 2 64 4 0 55 48 3.18 1.32
1976 30 29 8 4 1 12 11 0 -- .522 755 176.1 165 14 72 1 4 114 1 1 75 69 3.53 1.34
1980 阪神 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 6 0.2 3 1 1 0 0 0 0 0 4 4 54.00 6.00
通算:8年 152 99 18 7 1 33 41 0 -- .446 2893 683.1 620 75 286 6 12 431 24 5 305 269 3.54 1.33
  • 各年度の太字はリーグ最高

背番号[編集]

  • 17 (1970年 - 1973年)
  • 13 (1974年 - 1979年)
  • 44 (1980年)

出典・脚注[編集]

関連項目[編集]