1980年の野球

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

< 1980年 | 1980年のスポーツ

競技結果[ソースを編集]

日本プロ野球[ソースを編集]

ペナントレース[ソースを編集]

セントラル・リーグ
順位 球団 勝利 敗戦 引分 勝率 ゲーム差
優勝 広島東洋カープ 73 44 13 .624 -
2位 ヤクルトスワローズ 68 52 10 .567 6.5
3位 読売ジャイアンツ 61 60 9 .504 14.0
4位 横浜大洋ホエールズ 59 62 9 .488 16.0
5位 阪神タイガース 54 66 10 .450 20.5
6位 中日ドラゴンズ 45 76 9 .372 30.0
パシフィック・リーグ
順位 球団 勝利 敗戦 引分 勝率 前・後
優勝 近鉄バファローズ 68 54 8 .5573 2・1
2位 ロッテオリオンズ 64 51 15 .5565 1・3
3位 日本ハムファイターズ 66 53 11 .555 2・2
4位 西武ライオンズ 62 64 4 .492 6・4
5位 阪急ブレーブス 58 67 5 .464 4・5
6位 南海ホークス 48 77 5 .384 5・6
  • 1・2位はプレーオフで決定。前期における近鉄バファローズと日本ハムファイターズは同率の2位であり、総合順位では近鉄バファローズが優勝・日本ハムファイターズが3位となる。

パシフィック・リーグプレーオフ[ソースを編集]

  • 近鉄バファローズ(3戦全勝)ロッテオリオンズ

日本シリーズ[ソースを編集]

  • 広島東洋カープ(4勝3敗)近鉄バファローズ

個人タイトル[ソースを編集]

  セントラル・リーグ パシフィック・リーグ
タイトル 選手 球団 成績 選手 球団 成績
最優秀選手 山本浩二 広島   木田勇 日本ハム  
最優秀新人 岡田彰布 阪神   木田勇 日本ハム  
首位打者 谷沢健一 中日 .369 L.リー ロッテ .358
本塁打王 山本浩二 広島 44本 C.マニエル 近鉄 48本
打点王 山本浩二 広島 112点 C.マニエル 近鉄 129点
最多安打 高橋慶彦 広島 169本 L.リー ロッテ 175本
盗塁王 高橋慶彦 広島 38個 福本豊 阪急 54個
最多出塁数(セ)
最高出塁率(パ)
山本浩二 広島 240個 栗橋茂 近鉄 .412
最優秀防御率 松岡弘 ヤクルト 2.35 木田勇 日本ハム 2.28
最多勝利 江川卓 巨人 16勝 木田勇 日本ハム 22勝
最多奪三振 江川卓 巨人 219個 木田勇 日本ハム 225個
最高勝率 福士敬章 広島 .714 木田勇 日本ハム .733
最優秀救援投手 江夏豊 広島 30SP 金城基泰 南海 19SP

ベストナイン[ソースを編集]

  セントラル・リーグ パシフィック・リーグ
守備位置 選手 球団 選手 球団
投手 江川卓 巨人 木田勇 日本ハム
捕手 大矢明彦 ヤクルト 梨田昌崇 近鉄
一塁手 谷沢健一 中日 レオン.L ロッテ
二塁手 基満男 大洋 山崎裕之 西武
三塁手 衣笠祥雄 広島 有藤道世 ロッテ
遊撃手 高橋慶彦 広島 高代延博 日本ハム
外野手 山本浩二 広島 L.リー ロッテ
若松勉 ヤクルト 福本豊 阪急
杉浦亨 ヤクルト 栗橋茂 近鉄
指名打者   C.マニエル 近鉄

ダイヤモンドグラブ賞[ソースを編集]

  セントラル・リーグ パシフィック・リーグ
守備位置 選手 球団 選手 球団
投手 西本聖 巨人 木田勇 日本ハム
捕手 大矢明彦 ヤクルト 梨田昌崇 近鉄
一塁手 王貞治 巨人 小川亨 近鉄
二塁手 基満男 大洋 山崎裕之 西武
三塁手 衣笠祥雄 広島 羽田耕一 近鉄
遊撃手 山下大輔 大洋 水上善雄 ロッテ
外野手 山本浩二 広島 福本豊 阪急
J.ライトル 広島 平野光泰 近鉄
J.スコット ヤクルト 簑田浩二 阪急

オールスターゲーム[ソースを編集]

高校野球[ソースを編集]

大学野球[ソースを編集]

社会人野球[ソースを編集]

メジャーリーグ[ソースを編集]

できごと[ソースを編集]

1月[ソースを編集]

  • 1月5日 - 巨人は東京大手町の巨人軍球団事務所で張本勲ロッテオリオンズへの金銭トレードを発表、張本は会見で「巨人は間違った方向に進んでいる」と発言[1][2]
  • 1月10日 - セ・リーグは、巨人のヘッドコーチの青田昇が『サンデー毎日』のインタビューでの舌鍋問題に対し謹慎3か月の処分を下す[3]
  • 1月18日 - 巨人は、青田のサンデー毎日問題に関して、青田が退団したと発表[4]

2月[ソースを編集]

3月[ソースを編集]

  • 3月23日 - 近鉄の光井正和が広島市内で傷害事件を起こし逮捕。近鉄球団は後日、光井に対し1年間の試合出場停止の処分を下す[6]

4月[ソースを編集]

  • 4月5日 - プロ野球がセ・パ同時に開幕[7]
  • 4月6日 - 第52回選抜高等学校野球大会の決勝戦が阪神甲子園球場で行われ、高知商広陵を5-1で破り初優勝[8]
  • 4月8日 - 広島の山本浩二が広島市民球場での対広島1回戦の一回裏に2号2点本塁打を放ち、プロ通算300号を達成[9]
  • 4月20日 - 日本ハムのトニー・ソレイタが対南海戦(大阪)ダブルヘッダー第2試合で3ラン3本とソロ1本の1試合4本塁打、11打点[10]
  • 4月27日 - ヤクルトスワローズの松岡弘が対阪神戦(神宮)で日本プロ野球史上42人目の500試合登板[11]
  • 4月23日 - 大洋の松原誠が対阪神戦(横浜)で通算2000本安打[5]
  • 4月30日 - 仙台宮城球場にてロッテ対西武の6回戦が行われ、ロッテの張本勲が1回裏に安打を放ちプロ通算5000塁打を達成[12]、西武の山崎裕之が3回表に5号本塁打、9回表に6号本塁打を放ちプロ通算200本塁打を達成。

5月[ソースを編集]

  • 5月3日
    • ロッテの村田兆治が川崎球場での対阪急5回戦で8四球、3死球の計11四死球を記録し、パ・リーグ新記録[13]
    • 広島の渡辺秀武が広島球場での対ヤクルト4回戦の8回表に大杉勝男から三振を奪い、プロ通算1000奪三振を達成[14]
  • 5月15日 - 阪神は甲子園球場にて午後4時より記者会見を行い、監督のドン・ブレイザーが退団し後任の監督に中西太が就任したことを発表、またデーブ・ヒルトンの解雇を発表[15]
  • 5月27日 - 巨人の柴田勲が後楽園球場での対大洋9回戦の1回裏に二塁打を放ち、プロ通算300二塁打を達成[16]
  • 5月28日 - ロッテの張本勲が川崎球場での対阪急11回戦の6回裏に山口高志から6号2点本塁打を放ち、プロ野球史上初の通算3000本安打[17][18]

6月[ソースを編集]

  • 6月1日
    • 西武の土井正博が西武球場での対阪急6回戦の5回裏に安打を放ち、プロ通算4000塁打を達成[19]
    • 広島の衣笠祥雄が広島球場での対中日9回戦の1回裏に13号本塁打を放ち、プロ通算300本塁打を達成[20]
  • 6月2日 - 巨人の堀内恒夫が対ヤクルト戦で通算200勝[21]
  • 6月6日 - 南海対西武戦(大阪)が13-13で、引き分け試合の最多得点の日本プロ野球タイ記録[22]
  • 6月12日 - この日まで通算998安打、99本塁打の日本ハムの富田勝が対阪急戦の1回に関口朋幸から左中間に通算100号本塁打、7回の第4打席で関口からこの日2本目の安打で通算1000本安打。試合は5-4で日本ハムが勝利[23]
  • 6月14日 - 6月17日 パ・リーグで、日本ハムの菅野光夫、西武のジム・タイロン、阪急の加藤英司、ロッテの有藤通世による4日連続満塁本塁打[24]
  • 6月27日 - この日、ロッテは日本ハムに勝利し、近鉄が敗れたため、ロッテがパ・リーグ前期優勝達成[25]

7月[ソースを編集]

8月[ソースを編集]

  • 8月1日 - 西武ライオンズ野村克也が対南海戦(西武)で先発出場し、日本プロ野球史上初の通算3000試合出場[28]。同年の現役引退時の記録は3017試合。
  • 8月7日
    • 巨人の柴田勲が対ヤクルト戦(神宮)の4回表、酒井圭一から通算2000本安打を放つ[29]
    • 西武の山崎裕之が対近鉄戦(日生)の7回に無死満塁で満塁本塁打と、2死からソロ本塁打を放ち、日本プロ野球史上8人目の1イニング2本塁打[30]
  • 8月8日 - 日本ハムの木田勇が対西武戦で日本プロ野球史上初の2試合連続毎回奪三振となる12奪三振[31]
  • 8月13日 - 西武が対ロッテ戦で、6月30日から日本プロ野球新記録の24試合連続本塁打、翌13日の対ロッテ戦で村田兆治に抑えられて記録はストップ[32]
  • 8月14日 - 近鉄が対南海戦で、6月19日から日本プロ野球新記録の35試合連続被本塁打[33]
  • 8月19日 - 広島が広島市民球場の対阪神戦で、5月31日から日本プロ野球タイ、セ・リーグ新記録の本拠地19連勝。途中、岡山での対中日戦でも勝利しており、ホーム試合20連勝[34]。阪神の岡田彰布がセ・リーグ通算2万号本塁打。
  • 8月21日 - 本拠地19連勝(20日の対阪神戦は引き分け)中の広島が対阪神戦で3-6で敗戦し、連勝ストップ[34]
  • 8月22日 - 第62回全国高等学校野球選手権大会の決勝戦が阪神甲子園球場で行われ、神奈川県代表の横浜が東東京代表の早稲田実業を6-4で破り初優勝。
  • 8月30日 - 中日はウェイン・ギャレットボビー・ジョーンズの解雇を決定。

9月[ソースを編集]

  • 9月2日 - 日本ハムの木田勇が日生球場での対近鉄後期9回戦で毎回奪三振16を記録、日本プロ野球初のシーズン3度目の毎回奪三振[35]
  • 9月6日 - 広島の衣笠祥雄が広島球場での対阪神18回戦の1回裏に阪神の江本孟紀に三振を喫し、プロ通算1000三振を記録[36]
  • 9月7日 - 広島の山本浩二が広島球場での対阪神19回戦の2回裏に安打を放ち、プロ通算1500本安打を達成[37]
  • 9月13日 - 阪急の福本豊が日生球場での対近鉄後期9回戦の1回表に三盗を成功させ、プロ通算800盗塁を達成[38]
  • 9月23日 - 中日の木俣達彦がナゴヤ球場での対巨人23回戦で12号、13号本塁打を放ち通算269号本塁打を記録し、江藤真一の持つ268本塁打の球団最多本塁打の記録を更新[39]
  • 9月28日 - ロッテの張本勲が川崎球場での対近鉄ダブルヘッダーの第1試合の後期10回戦の1回裏に11号本塁打を放ち、日本プロ野球史上3人目の通算500号本塁打を達成[40]

10月[ソースを編集]

  • 10月2日 - 南海の金城基泰が大阪球場での対阪急後期12回戦で9回表2死一、二塁の場面でリリーフ登板し、初球を投げる前に1塁走者の福本豊を牽制球でタッチアウトしてゲームセットとなり「0球セーブ」を記録[41]
  • 10月5日 - 巨人の王貞治が広島球場での対広島22回戦の7回表に安打を放ちシーズン100本目の安打となり、21年連続100安打を達成。張本勲の持つ20年連続100安打のプロ野球記録を更新[42]
  • 10月7日 - 日本ハム対近鉄の後期13回戦が後楽園球場にて行われ、日本ハムはこの試合が後期最終戦で、勝てば後期優勝が決定したが、近鉄が日本ハムを6-5と下し、パ・リーグ後期優勝の決定は持ち越しとなる[43]
  • 10月11日 - 近鉄対西武の後期13回戦が藤井寺球場にで行われ、近鉄が西武に10-4で勝利し、後期優勝を達成[44]
  • 10月17日 - 広島対阪神の26回戦が甲子園球場で午後2時より行われ広島が阪神を6-3と下し、2位のヤクルトが神宮球場での対中日20回戦で1-4と敗れたため、広島のリーグ優勝が決定[45]
  • 10月18日 - パ・リーグプレーオフ第3戦が大阪球場で行われ、近鉄がロッテに13-4で勝利し、3勝0敗でパ・リーグ優勝[46]
  • 10月21日 - 巨人は東京・大手町の読売新聞社会議室にて午後5時より記者会見し、監督の長嶋茂雄が辞任し、野球評論家の藤田元司が新監督に就任したと発表[47]

11月[ソースを編集]

  • 11月2日 - 日本シリーズ第7戦が広島市民球場で行われ広島が近鉄に8-3で勝利し、4勝3敗で2年連続日本シリーズ優勝を達成[48]
  • 11月4日 - 巨人の王貞治が港区の東京グランドホテルにて記者会見し、現役引退を発表[49]
  • 11月5日 - 中日の髙木守道が球団事務所で球団代表の鈴木恕夫に現役引退を申し入れる[50]
  • 11月8日 - セ・リーグ東西対抗戦がナゴヤ球場で行われ、中日の髙木守道が現役引退発表。
  • 11月10日 - 広島と日本ハムは江夏豊高橋直樹のトレードを発表[51]
  • 11月12日 - 第51回都市対抗野球大会の決勝戦が後楽園球場で行われ、富士市の大昭和製紙が札幌市の札幌トヨペットを8-3で下し三度目の優勝[52]
  • 11月15日 - 西武の野村克也が池袋の球団事務所にて記者会見を行い、現役引退を表明[53]
  • 11月17日 - 巨人の高田繁が東京・大手町の読売新聞本社にある球団事務所を訪れ、オーナーの正力亨と球団代表の長谷川実雄に対し現役引退を申し出て了承される[54]

12月[ソースを編集]

誕生[ソースを編集]

1月[ソースを編集]

2月[ソースを編集]

3月[ソースを編集]

4月[ソースを編集]

以下の選手は松坂世代を参照

5月[ソースを編集]

6月[ソースを編集]

7月[ソースを編集]

8月[ソースを編集]

9月[ソースを編集]

10月[ソースを編集]

11月[ソースを編集]

12月[ソースを編集]

死去[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

  1. ^ 【1月5日】1980年(昭55) 張本勲が断言「巨人は間違った方向に進んでいる」”. 日めくりプロ野球. スポーツニッポン新聞社 (2010年1月10日). 2015年12月18日閲覧。
  2. ^ 毎日新聞1980年1月6日15面「『巨人は間違っている』移籍の張本」毎日新聞縮刷版1980年1月p161
  3. ^ 毎日新聞1980年1月11日17面「巨人『江川体質』変わらず 青田コーチ制裁 甘えと独断繰り返す」毎日新聞縮刷版1980年1月p317
  4. ^ 毎日新聞1980年1月19日15面「巨人 ついに屈服 青田問題 甘い判断、もう通ぜず 他球団、ウワサ波及に硬化」毎日新聞縮刷版1980年1月p555
  5. ^ a b 『ホエールズ&ベイスターズ60年の軌跡』 ベースボール・マガジン社〈B.B.MOOK スポーツシリーズ〉、2009年、29頁。ISBN 9784583616179
  6. ^ 『日本プロ野球事件史 1934-2013 秘蔵写真で振り返る衝撃のプロ野球史』 ベースボール・マガジン社〈B.B.MOOK スポーツシリーズ〉、2013年、96頁。ISBN 9784583619323
  7. ^ 毎日新聞1980年4月5日夕刊8面「球春満開 プロ野球も開幕」毎日新聞縮刷版1980年4月p176
  8. ^ 毎日新聞1980年4月7日1面「高知商が初優勝 センバツ 帝京、もう一歩 延長10回、サヨナラ負け」毎日新聞縮刷版1980年4月p203
  9. ^ 毎日新聞1980年4月9日19面「山本浩300号」毎日新聞縮刷版1980年4月p285
  10. ^ 宇佐美徹也 『日本プロ野球記録大鑑』 講談社1993年、532頁。ISBN 4062061082
  11. ^ a b 球団のあゆみ 1980年代”. 東京ヤクルトスワローズ公式サイト. 2015年12月18日閲覧。
  12. ^ 読売新聞1980年5月1日17面「張本5,000塁打 野村、王に続いて3人目」読売新聞縮刷版1980年5月p17
  13. ^ 読売新聞1980年5月4日17面「乱調村田、11四死球 阪急連勝し首位に並ぶ」読売新聞縮刷版1980年5月p117
  14. ^ 読売新聞1980年5月4日17面「広島・渡辺秀武(三八)が通算1000三振奪取」読売新聞縮刷版1980年5月p117
  15. ^ 読売新聞1980年5月16日17面「阪神ブレイザー監督が退団 後任には中西コーチ」読売新聞縮刷版1980年5月p537
  16. ^ 読売新聞1980年5月28日17面「巨人・柴田勲(三六)が通算300二塁打」読売新聞縮刷版1980年5月p1031
  17. ^ 読売新聞1980年5月29日17面「張本、史上初の3,000安打 22年目、アーチで飾る 阪急・山口から右翼上段」読売新聞縮刷版1980年5月p1071
  18. ^ 【5月28日】1980年(昭55) 張本勲、前人未到の3000本安打達成”. 日めくりプロ野球. スポーツニッポン新聞社. 2015年12月18日閲覧。
  19. ^ 1980年6月2日16面「西武・土井正博(三六)が通算4000塁打」読売新聞縮刷版1980年6月p46
  20. ^ 1980年6月2日16面「広島・衣笠祥雄(三三)が通算300ホーマー読売新聞縮刷版1980年6月p46
  21. ^ 歴史と記録[リンク切れ]巨人球団公式サイト
  22. ^ 宇佐美徹也 1993, p. 570.
  23. ^ 【6月26日】1980年(昭55) 100号本塁打の次は1000本安打 同日達成した富田勝”. 日めくりプロ野球. スポーツニッポン新聞社 (2009年6月11日). 2015年12月18日閲覧。
  24. ^ 宇佐美徹也 1993, p. 447.
  25. ^ チームヒストリー 1980”. 千葉ロッテマリーンズ公式サイト. 2015年12月18日閲覧。
  26. ^ 『HAWKS the 70th ホークス栄光の軌跡』 ベースボール・マガジン社 編、ベースボール・マガジン社、2008年、104頁。ISBN 9784583101194
  27. ^ ベースボールマガジン』、ベースボール・マガジン社、2012年9月、 24頁。
  28. ^ 【8月1日】1980年(昭55) 「生涯一捕手」ノムさん、前人未到の3000試合出場”. 日めくりプロ野球. スポーツニッポン新聞社 (2007年7月18日). 2015年12月18日閲覧。
  29. ^ 【8月7日】1980年(昭55) スイッチヒッター初 ケンカで転向した柴田勲 2000安打達成”. 日めくりプロ野球. スポーツニッポン新聞社 (2010年8月1日). 2015年12月18日閲覧。
  30. ^ 宇佐美徹也 1993, p. 410.
  31. ^ 宇佐美徹也 1993, p. 693.
  32. ^ 宇佐美徹也 1993, p. 432.
  33. ^ 宇佐美徹也 1993, p. 427.
  34. ^ a b 宇佐美徹也 1993, p. 162.
  35. ^ 読売新聞1980年9月3日17面「3度目の毎回奪三振 木田、日本新」読売新聞縮刷版1980年9月p97
  36. ^ 読売新聞1980年9月7日17面「広島・衣笠祥雄(三三)が通算1000三振」読売新聞縮刷版1980年9月p261
  37. ^ 読売新聞1980年9月7日17面「広島の山本浩二外野手(三三)が1500安打を達成」読売新聞縮刷版1980年9月p293
  38. ^ 読売新聞1980年9月14日17面「福本800盗塁達成 黄金の足12年、三盗で飾る」読売新聞縮刷版1980年9月p543
  39. ^ 読売新聞1980年9月23日夕刊13面「中日・木俣達彦捕手(三六)が球団新の個人通算269本塁打」読売新聞縮刷版1980年9月p913
  40. ^ 読売新聞1980年9月29日17面「張本また勲章500本塁打」読売新聞縮刷版1980年9月p1097
  41. ^ 読売新聞1980年10月3日17面「ドカベン6号 南海が連勝」読売新聞縮刷版1980年10月p101
  42. ^ 読売新聞1980年10月6日16面「王また日本新 張本抜く21年連続100安打」読売新聞縮刷版1980年10月p212
  43. ^ 読売新聞1980年10月8日17面「日ハム優勝"お預け" 猛牛の意地に最終戦飾れず 頼みの木田打たれる」読売新聞縮刷版1980年10月p293
  44. ^ 読売新聞1980年10月8日17面「近鉄、最終戦でV後期飾る ロッテと15日からプレーオフ 西武砕き、ハムを抜く」読売新聞縮刷版1980年10月p453
  45. ^ 読売新聞1980年10月18日1面「広島、2年連続優勝 セ・リーグ」読売新聞縮刷版1980年10月p689
  46. ^ 読売新聞1980年10月19日1面「近鉄も連続優勝 パ・リーグ」読売新聞縮刷版1980年10月p725
  47. ^ 読売新聞1980年10月22日1面「長島監督が辞任 巨人、後任は藤田氏内定」読売新聞縮刷版1980年10月p841
  48. ^ 読売新聞1980年11月3日1面「広島が連続優勝 日本シリーズ」読売新聞縮刷版1980年11月p69
  49. ^ 読売新聞1980年11月5日1面「王選手現役を引退 868号残し 巨人・助監督に」読売新聞縮刷版1980年11月p135
  50. ^ 毎日新聞1980年11月6日18面「プロ野球だより」毎日新聞縮刷版1980年11月p168
  51. ^ 読売新聞1980年11月11日19面「江夏ー高橋直トレード 大物ストーブリーグ読売新聞縮刷版1980年11月p377」
  52. ^ 毎日新聞1980年11月13日1面「富士市(大昭和製紙)が優勝 都市対抗野球」毎日新聞縮刷版1980年11月p351
  53. ^ 読売新聞1980年11月16日17面「"生涯一捕手"野村も引退 三冠王、本塁打王9、打点王7、首位打者1 輝く3017試合出場残し」読売新聞縮刷版1980年11月p581
  54. ^ 読売新聞1980年11月18日17日「名手・高田去る V9の戦士 やはり体力、解説者に」読売新聞縮刷版1980年11月p655
  55. ^ 読売新聞1980年12月2日17面「松原選手の巨人入り決定」読売新聞縮刷版1980年12月p63
  56. ^ 読売新聞1980年12月6日17面「宮本四ー宇野の交換発表」読売新聞縮刷版1980年12月p231
  57. ^ 読売新聞1980年12月7日17面「広島、小川投手と契約」読売新聞縮刷版1980年12月p303
  58. ^ 読売新聞1980年12月23日17面「西武に広島の小林 金銭トレード」読売新聞縮刷版1980年12月p869