1980年の野球

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

< 1980年 | 1980年のスポーツ

競技結果[編集]

日本プロ野球[編集]

ペナントレース[編集]

セントラル・リーグ
順位 球団 勝利 敗戦 引分 勝率 ゲーム差
優勝 広島東洋カープ 73 44 13 .624 -
2位 ヤクルトスワローズ 68 52 10 .567 6.5
3位 読売ジャイアンツ 61 60 9 .504 14.0
4位 横浜大洋ホエールズ 59 62 9 .488 16.0
5位 阪神タイガース 54 66 10 .450 20.5
6位 中日ドラゴンズ 45 76 9 .372 30.0
パシフィック・リーグ
順位 球団 勝利 敗戦 引分 勝率 前・後
優勝 近鉄バファローズ 68 54 8 .5573 2・1
2位 ロッテオリオンズ 64 51 15 .5565 1・3
3位 日本ハムファイターズ 66 53 11 .555 2・2
4位 西武ライオンズ 62 64 4 .492 6・4
5位 阪急ブレーブス 58 67 5 .464 4・5
6位 南海ホークス 48 77 5 .384 5・6
  • 1・2位はプレーオフで決定。前期に於ける近鉄バファローズと日本ハムファイターズは同率の2位であり、総合順位では近鉄バファローズが優勝・日本ハムファイターズが3位となる。

パシフィック・リーグプレーオフ[編集]

  • 近鉄バファローズ(3戦全勝)ロッテオリオンズ

日本シリーズ[編集]

  • 広島東洋カープ(4勝3敗)近鉄バファローズ

個人タイトル[編集]

  セントラル・リーグ パシフィック・リーグ
タイトル 選手 球団 成績 選手 球団 成績
最優秀選手 山本浩二 広島   木田勇 日本ハム  
最優秀新人 岡田彰布 阪神   木田勇 日本ハム  
首位打者 谷沢健一 中日 .369 L.リー ロッテ .358
本塁打王 山本浩二 広島 44本 C.マニエル 近鉄 48本
打点王 山本浩二 広島 112点 C.マニエル 近鉄 129点
最多安打 高橋慶彦 広島 169本 L.リー ロッテ 175本
盗塁王 高橋慶彦 広島 38個 福本豊 阪急 54個
最多出塁数(セ)
最高出塁率(パ)
山本浩二 広島 240個 栗橋茂 近鉄 .412
最優秀防御率 松岡弘 ヤクルト 2.35 木田勇 日本ハム 2.28
最多勝利 江川卓 巨人 16勝 木田勇 日本ハム 22勝
最多奪三振 江川卓 巨人 219個 木田勇 日本ハム 225個
最高勝率 福士敬章 広島 .714 木田勇 日本ハム .733
最優秀救援投手 江夏豊 広島 30SP 金城基泰 南海 19SP

ベストナイン[編集]

  セントラル・リーグ パシフィック・リーグ
守備位置 選手 球団 選手 球団
投手 江川卓 巨人 木田勇 日本ハム
捕手 大矢明彦 ヤクルト 梨田昌崇 近鉄
一塁手 谷沢健一 中日 レオン.L ロッテ
二塁手 基満男 大洋 山崎裕之 西武
三塁手 衣笠祥雄 広島 有藤道世 ロッテ
遊撃手 高橋慶彦 広島 高代延博 日本ハム
外野手 山本浩二 広島 L.リー ロッテ
若松勉 ヤクルト 福本豊 阪急
杉浦亨 ヤクルト 栗橋茂 近鉄
指名打者   C.マニエル 近鉄

ダイヤモンドグラブ賞[編集]

  セントラル・リーグ パシフィック・リーグ
守備位置 選手 球団 選手 球団
投手 西本聖 巨人 木田勇 日本ハム
捕手 大矢明彦 ヤクルト 梨田昌崇 近鉄
一塁手 王貞治 巨人 小川亨 近鉄
二塁手 基満男 大洋 山崎裕之 西武
三塁手 衣笠祥雄 広島 羽田耕一 近鉄
遊撃手 山下大輔 大洋 水上善雄 ロッテ
外野手 山本浩二 広島 福本豊 阪急
J.ライトル 広島 平野光泰 近鉄
J.スコット ヤクルト 簑田浩二 阪急

オールスターゲーム[編集]

高校野球[編集]

大学野球[編集]

社会人野球[編集]

メジャーリーグ[編集]

できごと[編集]

1月[編集]

  • 1月5日 - 巨人は東京大手町の巨人軍球団事務所で張本勲ロッテオリオンズへの金銭トレードを発表、張本は会見で「巨人は間違った方向に進んでいる」と発言[1][2]
  • 1月10日 - セ・リーグは、巨人のヘッド・コーチの青田昇がサンデー毎日のインタビューでの舌鍋問題に対し謹慎三か月の処分を下す[3]
  • 1月18日 - 巨人は、青田のサンデー毎日問題に関して、青田が退団したと発表[4]

2月[編集]

3月[編集]

  • 3月23日 - 近鉄の光井正和が広島市内で傷害事件を起こし逮捕。近鉄球団は後日、光井に対し1年間の試合出場停止の処分を下す[6]

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

  • 6月2日 - 巨人の堀内恒夫が対ヤクルト戦で通算200勝[14]
  • 6月6日 - 南海対西武戦(大阪)が13対13で、引き分け試合の最多得点の日本プロ野球タイ記録[15]
  • 6月12日 - この日まで通算998安打、99本塁打の日本ハムの富田勝が対阪急戦の1回に関口朋幸から左中間に通算100号本塁打、7回の第4打席で関口からこの日2本目の安打で通算1000本安打。試合は5対4で日本ハムが勝利[16]
  • 6月14日 - 6月17日 パ・リーグで、日本ハムの菅野光夫、西武のジム・タイロン、阪急の加藤英司、ロッテの有藤通世による4日連続満塁本塁打[17]
  • 6月27日 - この日、ロッテは日本ハムに勝利し、近鉄が敗れたため、ロッテがパ・リーグ前期優勝達成[18]

7月[編集]

8月[編集]

  • 8月1日 - 西武ライオンズ野村克也が対南海戦(西武)で先発出場し、日本プロ野球史上初の通算3000試合出場。同年の現役引退時の記録は3017試合[21]
  • 8月7日
    • 巨人の柴田勲が対ヤクルト戦(神宮)の4回表、酒井圭一から通算2000本安打を放つ[22]
    • 西武の山崎裕之が対近鉄戦(日生)の7回に無死満塁で満塁本塁打と、2死からソロ本塁打を放ち、日本プロ野球史上8人目の1イニング2本塁打[23]
  • 8月8日 - 日本ハムの木田勇が対西武戦で日本プロ野球史上初の2試合連続毎回奪三振となる12奪三振[24]
  • 8月13日 - 西武が対ロッテ戦で、6月30日から日本プロ野球新記録の24試合連続本塁打、翌13日の対ロッテ戦で村田兆治に抑えられて記録はストップ[25]
  • 8月14日 - 近鉄が対南海戦で、6月19日から日本プロ野球新記録の35試合連続被本塁打[26]
  • 8月19日 - 広島が広島市民球場の対阪神戦で、5月31日から日本プロ野球タイ、セ・リーグ新記録の本拠地19連勝。途中、岡山での対中日戦でも勝利しており、ホーム試合20連勝[27]。阪神の岡田彰布がセ・リーグ通算2万号本塁打[12]
  • 8月21日 - 本拠地19連勝(20日の対阪神戦は引き分け)中の広島が対阪神戦で3対6で敗戦し、連勝ストップ[27]
  • 8月30日 - 中日はウェイン・ギャレットボビー・ジョーンズの解雇を決定[7]

9月[編集]

  • 9月2日 - 日本ハムの木田勇が対近鉄戦(日生)で毎回奪三振の16奪三振で、日本プロ野球初のシーズン3度目の毎回奪三振[24]
  • 9月11日 - 西武が対日本ハム戦(西武)で主催59試合目でシーズン観客動員数138万として、1962年の東映フライヤーズの136万6500人を越えるパ・リーグ新記録[28]
  • 9月11日 - 近鉄が対南海戦(大阪)で林正広が本塁打を放ち、シーズン通算本塁打206本として、1975年の広島を抜いて日本プロ野球新記録[28]
  • 9月23日 - 中日の木俣達彦が対巨人戦(ナゴヤ)で球団新記録の通算269号本塁打[7]
  • 9月28日 - 張本勲が対近鉄戦(川崎)で日本プロ野球史上3人目の通算500号本塁打[18]

10月[編集]

  • 10月1日 - 南海の門田博光が対西武戦でパ・リーグ通算20000号の本塁打を放つ[19]
  • 10月2日 - 南海対阪急戦(大阪)で、9回表2死一、二塁の場面で登板した南海の金城基泰が、初球を投げる前に1塁走者福本豊を牽制球でタッチアウト、日本プロ野球史上初の「0球セーブ」[29]
  • 10月7日 - 勝つか引き分けるかで後期優勝となる、日本ハムのシーズン公式戦の最終戦の対近鉄戦が後楽園球場ではパ・リーグ初の超満員となる観客を集めて行われるが、3回途中から登板した木田勇が打たれて、5対6で敗戦[30]
  • 10月11日 - 近鉄がシーズン最終戦の対西武戦(藤井寺)に10対4で勝利し、後期優勝達成[31]
  • 10月11日 - ヤクルトがイースタン・リーグで7年ぶり3度目の優勝達成[9]
  • 10月15日 - 南海の監督広瀬叔功が辞任 [19]
  • 10月18日 - パ・リーグプレーオフ第3戦(大阪)で近鉄が前期優勝のロッテに13対4で勝利し、3勝0敗で2年連続パ・リーグ優勝[31]
  • 10月20日
    • 巨人のシーズン公式戦最終戦となる対広島戦が行われ5対3で勝利。この時は明らかではなかったが王貞治高田繁などの現役最後の試合となり、長嶋茂雄の第一次監督時代最後の試合になった[32]
    • 南海の新監督ドン・ブレイザーが就任 [19]
  • 10月21日 - 巨人の監督の長嶋茂雄が解任、後任には藤田元司が就任[32]
  • 10月23日 - 大洋の佐藤道郎が対ヤクルト戦で通算500試合登板[5]

11月[編集]

  • 11月2日 - 日本シリーズ第7戦が広島市民球場で行われ広島が近鉄に8対3で勝利し、4勝3敗で2年連続日本シリーズ優勝を達成[33]
  • 11月4日 - 巨人の王貞治が現役引退[32]。翌シーズンより巨人の助監督に就任。
  • 11月5日 - 西武の野村克也が現役引退会見[34]
  • 11月7日 - ロッテが日韓親善で韓国のソウルに遠征[18]
  • 11月8日 - セ・リーグ東西対抗戦がナゴヤ球場で行われ、中日の高木守道が現役引退発表[7]
  • 11月10日 - 広島と日本ハムは江夏豊高橋直樹のトレードを発表[35]
  • 11月17日 - 巨人の高田繁が現役引退会見。

12月[編集]

誕生[編集]

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

以下の選手は松坂世代を参照

5月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

10月[編集]

11月[編集]

12月[編集]

死去[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 【1月5日】1980年(昭55) 張本勲が断言「巨人は間違った方向に進んでいる」 スポーツニッポン 2010年1月10日
  2. ^ 毎日新聞1980年1月6日15面「『巨人は間違っている』移籍の張本」毎日新聞縮刷版1980年1月p161
  3. ^ 毎日新聞1980年1月11日17面「巨人『江川体質』変わらず 青田コーチ制裁 甘えと独断繰り返す」毎日新聞縮刷版1980年1月p317
  4. ^ 毎日新聞1980年1月19日15面「巨人 ついに屈服 青田問題 甘い判断、もう通ぜず 他球団、ウワサ波及に硬化」毎日新聞縮刷版1980年1月p555
  5. ^ a b c d ベースボール・マガジン社刊「ホエールズ&ベイスターズ60年の軌跡」29ページ
  6. ^ ベースボール・マガジン社刊「日本プロ野球事件史1934-2013」96ページ
  7. ^ a b c d e 中日新聞社刊「中日ドラゴンズ70年史」87ページ
  8. ^ 講談社刊 宇佐美徹也著「日本プロ野球記録大鑑」532ページ
  9. ^ a b c 球団のあゆみ 1980年代ヤクルト球団公式サイト
  10. ^ 講談社刊 宇佐美徹也著「日本プロ野球記録大鑑」590ページ
  11. ^ a b 【2月4日】1980年(昭55)「サードやりたいんや!」 岡田彰布、好守連発も…スポーツニッポン
  12. ^ a b タイガースヒストリー阪神球団公式サイト
  13. ^ 【5月28日】1980年(昭55) 張本勲、前人未到の3000本安打達成スポーツニッポン
  14. ^ 歴史と記録巨人球団公式サイト
  15. ^ 講談社刊 宇佐美徹也著「日本プロ野球記録大鑑」570ページ
  16. ^ 【6月26日】1980年(昭55) 100号本塁打の次は1000本安打 同日達成した富田勝スポーツニッポン2009年6月11日
  17. ^ 講談社刊 宇佐美徹也著「日本プロ野球記録大鑑」447ページ
  18. ^ a b c チームヒストリーロッテ球団公式サイト
  19. ^ a b c d HAWKS the 70th―ホークス栄光の軌跡、ベースボールマガジン社、2008年、P104
  20. ^ ベースボール・マガジン2012年9月号24ページ
  21. ^ 【8月1日】1980年(昭55) 「生涯一捕手」ノムさん、前人未到の3000試合出場スポーツニッポン2007年7月18日
  22. ^ 【8月7日】1980年(昭55) スイッチヒッター初 ケンカで転向した柴田勲 2000安打達成 スポーツニッポン 2010年8月1日
  23. ^ 講談社刊 宇佐美徹也著「日本プロ野球記録大鑑」410ページ
  24. ^ a b 講談社刊 宇佐美徹也著「日本プロ野球記録大鑑」693ページ
  25. ^ 講談社刊 宇佐美徹也著「日本プロ野球記録大鑑」432ページ
  26. ^ 講談社刊 宇佐美徹也著「日本プロ野球記録大鑑」427ページ
  27. ^ a b 講談社刊 宇佐美徹也著「日本プロ野球記録大鑑」162ページ
  28. ^ a b 【9月21日】1980年(昭55) 西武、球団新!近鉄、日本新!スポーツニッポン2012年9月21日
  29. ^ 講談社刊 宇佐美徹也著「日本プロ野球記録大鑑」797ページ
  30. ^ 職業野球人 第1回 大沢啓二 17・マジック1 スポーツニッポン 2007年4月6日
  31. ^ a b 日刊スポーツ出版社刊「サヨナラ近鉄バファローズ」88ページ
  32. ^ a b c 【10月20日】1980年(昭55) ON“最後の日” 名手もライオン丸も静かに去ったスポーツニッポン2008年10月18日
  33. ^ ベースボール・マガジン社刊 週刊ベースボール別冊冬季号「さらば大阪近鉄バファローズ」143ページ
  34. ^ イースト・プレス刊 村瀬秀信著「プロ野球最期の言葉」230ページ
  35. ^ 読売新聞1980年11月11日19面「江夏ー高橋直トレード 大物ストーブリーグ」