大倉英貴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大倉 英貴
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 広島県佐伯郡廿日市町(現:廿日市市
生年月日 (1944-07-01) 1944年7月1日(74歳)
身長
体重
180 cm
74 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手
プロ入り 1966年 第2次ドラフト2位
初出場 1967年
最終出場 1973年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

大倉 英貴(おおくら ひでたか、1944年7月1日 - )は日本の元プロ野球選手内野手)。

来歴・人物[編集]

広島県佐伯郡廿日市町(現:廿日市市[1]出身。広島商業高校時代はエースピッチャー[1]1962年春季中国大会決勝に進み、松江商を降し優勝するが、夏は県予選で敗退し甲子園には出場できなかった。高校同期に大下剛史上垣内誠がいる。

卒業後は芝浦工業大学に進学し、野手に転向。東都大学リーグでは優勝に届かなかったが、1965年秋季リーグと1966年春季リーグに2季連続で首位打者を獲得[1]。リーグ通算73試合出場、244打数69安打、打率.283、6本塁打、23打点。ベストナイン2回(三塁手)受賞。

1966年2次ドラフト2位で阪神タイガースに入団[1]。第二次選択会議では阪神のほか八球団からリストアップされていた。1年目の1967年から一軍で起用され、三塁手として10試合に先発出場。1969年には小玉明利らを抑え、レギュラーの座を獲得する。しかし翌1970年のシーズン後半には藤田平が三塁に回り、後藤和昭の台頭もあってポジションを失う。その後も準レギュラーとして起用されるが、1973年に引退[1]

打撃は大学時代から中距離打者として評価が高く期待されたが、守備が苦手で1969年には19失策を記録した。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1967 阪神 21 34 30 2 8 1 0 1 12 1 0 1 0 0 2 0 2 7 0 .267 .353 .400 .753
1968 8 6 6 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 .000 .000 .000 .000
1969 119 365 336 28 80 11 1 7 114 26 3 2 1 2 20 2 6 70 4 .238 .291 .339 .630
1970 51 128 112 9 22 5 1 1 32 7 1 1 3 1 4 2 8 23 1 .196 .272 .286 .558
1971 80 119 103 11 21 4 0 3 34 3 2 1 2 0 10 0 4 27 1 .204 .299 .330 .629
1972 64 131 113 15 30 1 0 2 37 12 1 0 2 1 13 2 2 16 4 .265 .349 .327 .676
1973 34 67 55 3 8 0 0 0 8 3 1 3 3 0 6 1 3 11 4 .145 .266 .145 .411
通算:7年 377 850 755 68 169 22 2 14 237 52 8 8 11 4 55 7 25 155 15 .224 .297 .314 .611

背番号[編集]

  • 13 (1967年)
  • 1 (1968年 - 1973年)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、100ページ