山本功児

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山本 功児
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府堺市
生年月日 (1951-12-25) 1951年12月25日
没年月日 (2016-04-23) 2016年4月23日(64歳没)
身長
体重
187 cm
95 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 一塁手外野手
プロ入り 1975年 ドラフト5位
初出場 1976年4月6日
最終出場 1988年10月23日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴
  • ロッテオリオンズ
    千葉ロッテマリーンズ (1988 - 2003)
  • 読売ジャイアンツ (2004 - 2005)
国際大会
代表チーム 日本の旗 日本代表

山本 功児(やまもと こうじ、1951年12月25日 - 2016年4月23日)は、プロ野球選手監督。ポジションは一塁手外野手。左投げ左打ち。大阪府堺市出身。長男は同じくプロ野球選手の山本武白志[1]

経歴[編集]

プロ入りまで[編集]

実家が当時の南海ホークスの練習場であった中百舌鳥球場と選手寮(秀鷹寮)の近くでパン・菓子屋を営んでおり、幼少期は南海選手から可愛がられていたと、皆川睦雄が野球中継解説時に語っている。また実父は当時の監督であった鶴岡一人と懇意にしており、二軍選手はもちろんのこと、上記の皆川以外にも杉浦忠穴吹義雄野村克也らの主力選手もからもよく声をかけられていて、「功児、合宿所に遊びに来い」と度々誘いを受け、選手寮の食堂で選手たちと食事をともにするだけでなく、帰る前に湯船に浸かっていくこともあったという。その中でも特に可愛がっていたのは穴吹で、堺市の浜寺公園にあった自宅にも、ちょくちょく招いてもらっていた[2]

三田学園では1年生からレギュラーとなる。エース吉岡邦広を擁し、五番打者、一塁手として1967年夏の甲子園県予選決勝に進出するが、報徳学園に敗れる[3]。3年次に1969年春の選抜に出場。準々決勝に進出するが、堀越高但田裕介投手(阪神)に抑えられ、1-2で惜敗[4]。同年夏は県予選準々決勝で滝川高に敗退[3]。1年下のチームメートに淡口憲治がいた。1969年のドラフト会議では、地元の球団の南海ホークスから3位指名(1位は佐藤道郎、2位は門田博光)を受けるも拒否。

法政大学経営学部に進学。東京六大学リーグでは2年生までに3度の優勝を経験するが、その後は優勝に届かなかった。リーグ通算86試合出場、282打数79安打、打率.280、3本塁打、44打点。ベストナイン2回。1972年1973年には日米大学野球選手権大会日本代表に選出されている。

卒業後は本田技研鈴鹿に入社。1974年には西濃運輸1975年には新日鐵名古屋の補強選手として都市対抗野球大会に連続出場。1974年の第1回社会人野球日本選手権大会にも出場し、本塁打を放った。1975年には第2回インターコンチネンタルカップ日本代表に選出されている。同年、ドラフト5位で読売ジャイアンツに入団。

現役時代[編集]

本来の守備位置である一塁手には王貞治がおり、外野手も兼ねて出場機会の確保を目指す。1979年には準レギュラーとして117試合に出場、打率.291の好成績を残す。同年オフの長嶋茂雄監督による「地獄の伊東キャンプ」にも参加する。同年から1980年にかけ、7試合に四番打者として先発出場した。王の引退後の1981年には中畑清と一塁手の定位置を争う。守備には定評があったが、打撃面での不調もありレギュラーは奪えなかった。

1981年8月26日中日ドラゴンズ戦で代打として出場。星野仙一相手にショートフライに打ち取られると思いきや、遊撃手宇野勝が失策。山本はダイヤモンドを一周して同点となる本塁を目指したが、本塁で刺殺された[5]

1982年4月20日の中日戦では星野からサヨナラヒットを打った。1984年三宅宗源との交換トレードでロッテオリオンズへ移籍。同年には初めて規定打席に到達し、打率.301(9位)を記録。同年から2年連続でゴールデングラブ賞を受賞した。しかし1988年には愛甲猛が一塁手に定着、コーチ兼任となり、同年限りで現役を引退。

引退後[編集]

引退後は1989年1993年までロッテ一軍打撃コーチ、1994年は二軍打撃コーチ、1995年1996年まで再び一軍打撃コーチ、1997年から1998年まで二軍監督を経て、1999年から2003年までロッテ監督に就任。辞任後の2004年に、巨人時代の先輩である堀内恒夫が同球団の一軍監督へ就任したことを受けて、堀内の要請で二軍ヘッド兼打撃コーチとして巨人復帰。翌2005年からは一軍ヘッドコーチとなるが、チームの不振で堀内は辞任し、山本も同年限りで退団。ここで初めて現場から離れたこととなり、復帰もなかった。翌年の2006年から2007年までスポーツ報知野球評論家、ラジオ日本野球解説者を務めた。

2008年慢性心不全を発症してからは、病院への入退院を繰り返しながら、療養に努めていたが、長男・武白志(むさし)が九州国際大学付属高校への進学を機に同校のある福岡県へ妻と共に移住。2012年10月から12月まで「山本功児 なんとなく幸せ」と題して、『東京スポーツ』紙上で半生を振り返るコラムを連載した。

2016年4月23日、肝臓癌のため北九州市内の自宅で死去。64歳没[6]

指導者として[編集]

現役最終年となる88年の選手兼任打撃コーチに始まり、二軍打撃コーチ、二軍ヘッド、二軍監督、一軍打撃コーチ、一軍ヘッド、一軍監督と指導者としてのすべてのポジションを経験するという稀有なキャリアを持つ。特に巨人に復帰した2004年の二軍ヘッド(のちに打撃コーチ兼任)というポジションは通常ありえない役職であった。この二軍ヘッドという役職はすでに組閣を終えた後に、堀内恒夫一軍新監督が山本をどうしても復帰させたい、としたため急きょ作ったもの。翌2005年には一軍ヘッドに昇格した。

ロッテ二軍打撃コーチ時代の1994年開幕直後、当時高卒入団1年目の投手で、共に打撃センスがあった福浦和也小野晋吾を呼び出しバッティング練習をさせ、福浦に「おまえ、今すぐにバッターへ転向しろ」と打者転向を命じた[7]。福浦は当初は拒否したが、その後も山本は執拗に福浦に打者転向を迫り、オールスター明けには打者に転向させた[7]。福浦は、「ある意味で、山本さんに無理やりという感じじゃないですか(笑)」と振り返っている[7]。なお、小野はその後も投手として活躍している。

ロッテ監督としての選手起用については、当初は大塚明立川隆史など、生え抜きの若手を積極的に起用したものの、決定的な実力不足を痛感し、ベテラン勢や外部補強選手を中心に戦いながらサブロー里崎智也小林宏之などの台頭を気長に待つことになる。こうして監督を務めた5年間、チームは全て5位か4位に終わっているが、年々勝率を上げ2003年には借金1にまでチームを戻したところで辞任した。特に2003年の9・10月は22勝8敗1分で勝率.733という好調ぶりだった。

二軍監督から一軍監督時代の間に獲得・育成した選手が第2次バレンタイン政権下でのリーグ優勝・日本一に貢献する事となり、その手腕が評価された。

熱血漢ゆえにファンや審判とやり合うことも多く、2002年3月19日、オープン戦で川口亘太塁審に「しっかり見ろよ、川口。このタコ!」と暴言を吐いて退場となった[8]。オープン戦で監督が退場処分を受けるのは、1982年の阪神安藤統男監督以来20年ぶり2人目だった。さらに、2003年9月9日にも同じく川口審判に暴言を吐いて退場となった。また、2003年5月31日のダイエー戦で、小林宏之の(登板過多による)故障を危惧した女性ファンが試合終了後に「壊れちゃう」と山本に言い寄ったところ、山本が「(小林は)2日休んでるんだ、バカヤロー!」とやり返した[9]。ほか、「立川の打順は下げたんじゃない。勝手に下がったんだ」[10]など名言には事欠かない。

退団が決まった2003年の最終戦では、選手側から「試合後に監督を胴上げしよう」という提案があった。そして試合終了後、胴上げをするべく選手達がベンチから出ようとしたところ、山本は「胴上げは次の監督にやってあげてくれ。ありがとう」と涙ながらに固辞。そして2年後(2005年)、チームは31年ぶりのリーグ優勝を果たし、次期監督ボビー・バレンタインの胴上げが実現した。

エピソード[編集]

  • 打席に入り構える際に身体を幾度か揺り篭の様に左右に揺らす(但しバットを持つ手は不動)独特の構えがあった。
  • 現役当時、法政大学野球部の5学年先輩に当たる広島東洋カープの4番打者山本浩二と同音の姓名であったため、主に広島戦で『偽コージ』と野次を飛ばされることが多々あった。また、ジャイアンツ内でも山本幸二という同姓同名の捕手が在籍していたため区別するのが困難であった(背番号も功児と一番違いの43番)。『偽コージ』と呼ばれた事に対しては、「偽者と野次られるのも、同姓同名の偉大な先輩がいてこそ」と、山本浩二への尊敬の念も含めて答えていた。
  • 巨人選手時代、控えとなる場合が多い中、元同僚で阪神へ移籍した小林繁には抜群に相性が良く、小林が登板する試合にはフル出場する事が多かった。
  • 44という背番号については、「ハンク・アーロンと同じ番号で気に入っている」と言い、巨人時代、活躍を認められて小さい番号に変更する話もあったものの拒否し、ロッテ移籍後も同じ番号を背負い続けた。
  • 好きな歌はフランク・シナトラで有名なマイ・ウェイ。カラオケで披露する時、決まって最後のフレーズを「♪~私には愛するロッテがあるから」と変えて歌っていた。
  • ジャイアント馬場のファンでサインを貰い少年の様に喜んでいた一幕があった。
  • 人情味があって熱血漢な性格である。ロッテ監督時代、日本ハム戦で、相手の野次に対し、大島康徳監督とベンチ越しで野次の応酬をしていた。
  • 2003年のシーズン最終戦、当時のフロントが球場に来た数人のコーチに突然の解雇通告をするという事件が起きたとき、「何で最後の試合の前に…。こんなことがあってはいかん」 という怒りのコメントを述べている。このとき、山本本人はすでに監督解任が決まっており、彼自身も最後の試合であったが、このように部下への気遣いから怒りをあらわにするような性格であった。
  • コーチ、監督時代、1時間でも2時間でもつきっきりで打撃指導するなど指導熱心であった(スタンドのファンから「山本イズム」と書かれた垂れ幕が掲げられた)。しかし、その一本槍の性格がゆえに、監督になってから、一打席ヒットが出ないだけで、すぐに選手のバッティングフォームを変えさせようとするなどして、首脳陣との軋轢が生じ、オフに退団するコーチが多かった[11]
  • また、一本槍な性格がゆえに、思い込みから失言してしまうこともあった。黒木知宏が浦和で怪我と闘っていた時期、マスコミに復帰時期を尋ねられ、「練習していない人間を一軍に上げるわけにはいかない」と発言した。
  • 成績は低迷したが、上記の性格もあり選手からも慕われていた。特に、山本に見出され巧打・巧守の一塁手として主力選手に成長した福浦和也は子供の名前の一部に「功」の字を入れるほどである。
  • 2005年5月18日の対広島戦において、小林雅英が通算150セーブを達成したとき、ヒーローインタビューで「山本監督に感謝しています」と発言があった。
  • 功児が慢性心不全を発症した2008年の時点で、長男の武白志は小学4年生(10歳)であった。当時自宅で武白志の打撃練習に立ち会っていた功児は、心臓への負担を減らす目的で、診察した医師からペースメーカーの装着を勧められた。しかし、ペースメーカーの装着によって(利き腕である)左腕を使った運動がしにくくなることも告げられたため、「(自宅でのトスバッティングなどで)武白志にボールを投げてやりたい」という理由で装着を断念。武白志が中学校へ進んでからは、入院の頻度が増えたにもかかわらず、退院中に自宅で武白志の練習相手を務めた。
  • 実兄は大阪商業大学堺高等学校で硬式野球部の監督を務めていた。
  • 清原和博平沼定晴から死球を受けたことで乱闘になり、山本は平沼に付き添い清原を怒鳴った一人だが、後に巨人のコーチに山本が赴任してからは後腐れのない関係となったようであり、清原の「ハイタッチ拒否事件」に関しても清原に対してかなり親身になっていた[12]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1976 巨人 67 68 66 5 18 1 0 1 22 7 0 0 0 0 1 0 1 13 0 .273 .294 .333 .627
1977 89 98 94 6 26 5 0 2 37 18 0 0 0 1 3 0 0 13 1 .277 .296 .394 .690
1978 87 116 102 11 30 2 2 3 45 24 0 0 1 3 8 1 2 12 1 .294 .348 .441 .789
1979 117 232 220 24 64 12 0 5 91 29 1 0 1 2 8 2 1 24 4 .291 .316 .414 .730
1980 106 137 124 6 29 7 1 1 41 20 0 0 1 2 8 0 2 17 3 .234 .287 .331 .617
1981 95 197 179 16 43 8 0 4 63 17 0 2 0 2 14 5 2 16 6 .240 .299 .352 .651
1982 107 284 254 29 56 5 2 13 104 33 5 1 4 2 21 3 3 44 6 .220 .286 .409 .695
1983 78 131 117 15 33 6 0 5 54 15 0 0 3 1 8 2 2 19 5 .282 .336 .462 .797
1984 ロッテ 125 487 429 49 129 28 2 10 191 66 4 1 6 7 42 1 3 45 8 .301 .362 .445 .807
1985 122 449 413 45 121 19 0 10 170 67 1 4 3 4 29 2 0 30 22 .293 .336 .412 .748
1986 85 240 221 16 58 11 0 4 81 26 0 2 2 2 13 0 2 26 9 .262 .307 .367 .673
1987 95 274 251 29 80 12 0 6 110 42 2 0 2 0 18 0 3 34 5 .319 .371 .438 .810
1988 44 65 53 2 12 4 1 0 18 5 0 1 1 0 11 4 0 13 1 .226 .359 .340 .699
通算:13年 1217 2778 2523 253 699 120 8 64 1027 369 13 11 24 26 184 20 21 306 71 .277 .328 .407 .735
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別監督成績[編集]

年度 年度 チーム 順位 試合 勝利 敗戦 引分 勝率 ゲーム差 チーム
打率
チーム
防御率
チーム
本塁打
年齢
1999年 平成11年 ロッテ 4位 135 63 70 2 .474 15.5 .257 3.64 97 48歳
2000年 平成12年 5位 135 62 67 6 .481 9.0 .259 4.73 109 49歳
2001年 平成13年 5位 140 64 74 2 .464 14.0 .258 3.93 133 50歳
2002年 平成14年 4位 140 67 72 1 .482 23.0 .247 3.72 102 51歳
2003年 平成15年 4位 140 68 69 3 .496 14.0 .271 4.37 145 52歳
通算:5年 690 324 352 14 .479 Bクラス5回

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
節目の記録
その他の記録

背番号[編集]

  • 44 (1976年 - 1988年)
  • 86 (1989年 - 2003年)
  • 87 (2004年 - 2005年)

関連情報[編集]

出演番組[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]