鈴木葉留彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鈴木 葉留彦
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 埼玉県浦和市(現:さいたま市
生年月日 (1951-07-25) 1951年7月25日(67歳)
身長
体重
179 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 一塁手外野手
プロ入り 1973年 ドラフト3位
初出場 1974年5月24日
最終出場 1984年5月30日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴
  • 西武ライオンズ (1987 - 1992, 1998 - 2003)

鈴木 葉留彦(すずき はるひこ、1951年7月25日 - )は、埼玉県浦和市(現:さいたま市)出身の元プロ野球選手コーチ監督解説者。旧名は鈴木 治彦(読みは上記と同じ)。現役時代の愛称は「はっぱ」。

来歴・人物[編集]

大宮高校在学中の1967年、1年生ながら正一塁手として夏の甲子園に出場する。1回戦で報徳学園高校と対戦。9回裏2死までリードするがここから反撃を許し、大会史上初の本盗による逆転サヨナラ負けを喫した[1]。しかし、秋の埼玉国体では、決勝で河原明投手を擁する大分商を降し優勝した。チームメートに2年上の金子勝美投手吉田誠左翼手、1年上の新井良雄右翼手らがいた。翌1968年夏も新井を主戦投手として県予選決勝に進出するが、春の選抜で優勝した大宮工の吉沢敏雄投手(慶大東京ガス)に抑えられ0-1で敗退。3年時も甲子園には届かなかった。

高校卒業後は早稲田大学に進学。東京六大学リーグでは、1年下のエース矢野暢生(日本生命)らを擁し1973年春季リーグで優勝、同年の全日本大学野球選手権大会では2回戦で愛知学院大に敗れる。1972年秋季リーグでベストナイン(一塁手)に選ばれている。リーグでの通算成績は、出場60試合・191打数58安打・3本塁打・39打点・打率.304。大学同期に楠城徹鍛治舎巧らがいた。

1973年秋、ドラフト3位指名で太平洋クラブライオンズに入団。プロ入り後は即戦力と期待される。3年目の1976年シーズン後半には一塁手、二番打者に定着。同年は76試合に先発出場、規定打席には達しなかったが打率.311を記録した。しかし翌年は不調が続き、一塁手のレギュラーを新入団のボブ・ハンセンに譲る。シュアなバッティングには定評があったが、長打力に欠けた。その後は主に代打として活躍し、1982年1983年にはリーグ優勝と日本シリーズ優勝に貢献した。読売ジャイアンツとの1983年の日本シリーズでは2勝3敗と王手をかけられた第6戦、1点ビハインドの9回裏に代打として起用され左前安打、逆転優勝に力を添えた。1984年オフに現役引退。

1980年9月28日の対阪急ブレーブス戦では、8回裏一死一、三塁の場面で打者・野村克也の時に、根本陸夫監督に代打を告げられ登場。鈴木はこの打席で、併殺打を打った。この時、代打起用に落胆した野村は「打つなよ・・・」と念じ、チームメイトの凡退を願ったという。この事が、野村の27年に及ぶ現役生活からの引退に繋がった。

引退後は1985年から1986年までテレビ埼玉ライオンズアワー解説者を経て、1987年古巣・西武に二軍打撃コーチとして復活し、1988年から1989年までは一軍打撃コーチ、1990年から1992年までは二軍打撃コーチ、1998年から1999年までは二軍監督、2000年は一軍打撃コーチを務めたがチーム打率、安打、本塁打はリーグ最下位、得点は5位と低迷した。2001年から2003年までは二軍監督、2004年からはスカウト部長を務めていたが、2007年3月に発覚したアマチュア選手への「裏金問題」の責任を取る形で、同月辞任。同年6月4日付でスカウト部と編成部との統合により、編成部部長(アマチュア担当)に就任。2011年シーズン終了後、球団本部長も兼任することになったが、就任以降優勝は一度もなく、FA宣言した選手の慰留にことごとく失敗、2014年以降はチームが3年連続してBクラスに終わるなど[2]、成績の低迷が顕著になっている。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1974 太平洋
クラウン
西武
11 12 11 1 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 0 0 3 0 .091 .167 .091 .258
1975 12 25 22 3 4 0 0 0 4 1 0 0 1 0 2 0 0 4 0 .182 .250 .182 .432
1976 99 336 312 29 97 9 2 2 116 24 4 3 4 0 19 0 1 36 5 .311 .352 .372 .724
1977 97 151 138 11 23 2 1 3 36 12 0 1 1 1 11 0 0 28 5 .167 .227 .261 .488
1978 18 43 41 2 9 0 0 0 9 0 1 1 0 0 1 0 1 4 0 .220 .256 .220 .475
1979 68 116 108 6 30 3 0 2 39 16 0 2 0 3 5 0 0 14 0 .278 .302 .361 .663
1980 88 150 136 16 35 7 0 3 51 24 2 0 1 1 10 1 2 18 6 .257 .315 .375 .690
1981 67 119 108 7 24 6 1 1 35 15 1 0 0 1 9 0 1 9 2 .222 .286 .324 .610
1982 19 23 21 2 7 2 0 0 9 2 0 0 0 0 1 0 1 1 0 .333 .391 .429 .820
1983 46 60 51 5 13 5 0 0 18 9 0 0 0 1 7 0 1 6 1 .255 .350 .353 .703
1984 19 32 28 2 3 0 0 0 3 2 0 0 0 2 2 0 0 6 0 .107 .156 .107 .263
通算:11年 544 1067 976 84 246 34 4 11 321 105 8 7 7 9 68 1 7 129 19 .252 .303 .329 .632
  • 太平洋(太平洋クラブライオンズ)は、1977年にクラウン(クラウンライターライオンズ)に、1979年に西武(西武ライオンズ)に球団名を変更

記録[編集]

背番号[編集]

  • 5 (1974年 - 1975年途中)
  • 51 (1975年途中 - 1976年)
  • 6 (1977年 - 1984年)
  • 91 (1987年 - 1988年)
  • 83 (1989年 - 1992年)
  • 81 (1998年 - 2003年)

登録名[編集]

  • 鈴木 治彦 (すずき はるひこ、1974年 - 1978年)
  • 鈴木 葉留彦 (すずき はるひこ、1979年 - )

脚注[編集]

関連項目[編集]