1973年の日本シリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 1973年の日本シリーズ
チーム 勝数(引分数)
読売ジャイアンツ() 4
南海ホークス() 1
ゲームデータ
試合日程 1973年10月27日-11月1日
最高殊勲選手 堀内恒夫
敢闘選手 野村克也
チームデータ
読売ジャイアンツ ()
監督 川上哲治
シーズン成績 66勝60敗4分
(シーズン1位) 
南海ホークス()
監督 野村克也
シーズン成績 68勝58敗4分
(前期1位/PO優勝)
日本シリーズ
 < 1972 1974 > 

1973年の日本シリーズ(1973ねんのにっぽんシリーズ、1973ねんのにほんシリーズ)は、1973年10月27日から11月1日まで行われたセ・リーグ優勝チームの読売ジャイアンツパ・リーグ優勝チームの南海ホークスによる第24回プロ野球日本選手権シリーズである。

概要[編集]

読売ジャイアンツ川上哲治監督)と南海ホークス野村克也監督(捕手兼任))との対決。パ・リーグは1973年シーズンより2シーズン制を導入、南海はプレーオフ阪急を撃破した勢いがあった。一方の巨人は2位で迎えた10月22日の最終戦の勝利で優勝を決め、66勝60敗4分という低勝率。日本シリーズに強い長嶋茂雄を負傷で欠いていた。巨人が4勝1敗で南海を破り9連覇を達成。

第1戦は江本孟紀の好投などで南海が勝ったが、第2戦から巨人が4連勝。シーズンは12勝17敗、防御率4.52と不振だった堀内恒夫が日本シリーズで復調。堀内は打撃でも第2戦では延長11回に決勝打、第3戦では2本塁打を放ち、MVPに輝いた。巨人はシリーズでは投手は高橋一三、堀内、倉田誠の3人のみの登板で乗り切った。一方、南海はシリーズのチーム打率.185で当時のシリーズ最低記録と、2007年日本ハムが.147と更新するまでのワースト記録をマークした。

巨人は翌1974年シーズンはリーグ優勝を逃し、連覇が途絶えた。以後巨人の日本シリーズ連覇はこの年を最後に出ていない。

試合結果[編集]

1973年 日本シリーズ
日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月27日(土) 第1戦 読売ジャイアンツ 6-8 南海ホークス 大阪球場
10月28日(日) 第2戦 読売ジャイアンツ 2-1 南海ホークス
10月29日(月) 移動日
10月30日(火) 第3戦 南海ホークス 2-8 読売ジャイアンツ 後楽園球場
10月31日(水) 第4戦 南海ホークス 2-6 読売ジャイアンツ
11月1日(木) 第5戦 南海ホークス 1-5 読売ジャイアンツ
優勝:読売ジャイアンツ(9年連続17回目)

第1戦[編集]

○南海 4-3 巨人●(大阪球場

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
巨人 0 2 0 0 0 0 0 1 0 3 5 2
南海 0 0 1 0 0 0 0 3 X 4 5 2
  1. (南海1勝0敗)
  2. 巨 : ●高橋一(8回)
  3. 南 : ○江本(9回)
  4. : 江本(1勝)  : 高橋一(1敗)  
  5. :  巨 – 土井1号(2回2点・江本)、森1号(8回1点・江本)
  6. 審判:球審…岡田豊、塁審…富澤 吉田 山本文、外審…斎田 岡田功
  7. 有料入場者:27,027人

土井正三の2ラン本塁打で先制した巨人は1点を返されたものの、8回森昌彦の本塁打で再び2点差とした。しかし8回裏、南海が桜井輝秀の押し出し四球で1点差に詰め寄りなお満塁の場面で藤原満が2点タイムリー安打を放ち、逆転。江本孟紀は9回も2安打で一死一・二塁のピンチを迎えるが、後続を抑えて完投勝利。

公式記録関係(日本野球機構ページ)

第2戦[編集]

●南海 2-3 巨人○(大阪球場)

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 R H E
巨人 0 0 0 1 0 1 0 0 0 0 1 3 9 0
南海 0 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 2 5 1
  1. (南海1勝1敗)
  2. 巨 : 倉田(6回) - ○堀内(5回)
  3. 南 : 山内新(6回) - ●佐藤(5回)
  4. : 堀内(1勝)  : 佐藤(1敗)  
  5. :  巨 – 上田1号(6回1点・山内)
  6. 審判:球審…谷村、塁審…斎田 富澤 吉田、外審…山本文 道仏
  7. 有料入場者:28,135人

桜井のタイムリー安打で南海が先制点を挙げたが、巨人は4回、投手の倉田誠の同点タイムリー安打、6回には上田武司の本塁打で逆転した。南海は7回、2つのヒットと四球で無死満塁と倉田を攻めた。この場面で巨人は堀内恒夫をリリーフに送る。堀内はウィリー・スミスに犠牲フライこそ許したものの、続く桜井を投ゴロ併殺に仕留め、1失点にとどめた。巨人は、延長11回に再び投手の堀内が決勝タイムリー安打で勝ち越して、対戦成績を1勝1敗のタイに持ち込んだ。

公式記録関係(日本野球機構ページ)

第3戦[編集]

○巨人 8-2 南海●(後楽園球場

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
南海 0 0 0 0 0 0 1 0 1 2 6 0
巨人 0 0 2 0 1 2 1 2 X 8 11 0
  1. (巨人2勝1敗)
  2. 南 : ●松原(5回) - 中山(2回) - 村上雅(1回)
  3. 巨 : ○堀内(9回)
  4. : 堀内(2勝)  : 松原(1敗)  
  5. :  南 – 門田1号(7回1点・堀内)  巨 – 堀内1号(3回1点・松原)2号(6回2点・中山)
  6. 審判:球審…道仏、塁審…谷村 斎田 岡田功、外審…岡田豊 山本文
  7. 有料入場者:34,713人

巨人は先発の堀内が打撃面でも大活躍。3回に松原明夫からソロ、6回にも中山孝一から、2ランと2本の本塁打を打った。投手面では、9回にも1点を許したが、この2失点だけで完投勝利。稲尾和久に並ぶシリーズタイ記録となる通算11勝目を挙げた。

公式記録関係(日本野球機構ページ)

第4戦[編集]

○巨人 6-2 南海●(後楽園球場)

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
南海 0 0 0 0 0 2 0 0 0 2 7 4
巨人 3 1 0 0 1 0 0 1 X 6 7 0
  1. (巨人3勝1敗)
  2. 南 : ●江本(2回) - 佐藤(3回) - 中山(2回) - 西岡(1回)
  3. 巨 : ○高橋一(9回)
  4. : 高橋一(1勝1敗)  : 江本(1勝1敗)  
  5. :  巨 – 王1号(5回1点・佐藤)
  6. 審判:球審…岡田功、塁審…岡田豊 山本文 斎田、外審…富澤 吉田
  7. 有料入場者:38,270人

1回裏、巨人は高田繁の四球、クラレンス・ジョーンズの失策でつくった好機から、末次利光柳田俊郎のタイムリー安打で2点をあげ。一死後、富田勝の内野ゴロの間に三塁走者を還して3点目とした。 さらに、巨人は、2回の4点目もジョーンズのタイムリー失策であげ、南海先発の江本は4失点ながら自責点ゼロでの降板となった。8回の6点目も失策がらみで、南海の6失点中、自責点がついたのは5回の1点だけだった。

公式記録関係(日本野球機構ページ)

第5戦[編集]

○巨人 5-1 南海●(後楽園球場)

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
南海 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 7 2
巨人 2 0 1 0 0 0 2 0 X 5 6 1
  1. (巨人4勝1敗)
  2. 南 : ●西岡(2回) - 山内(4回) - 江本(2回)
  3. 巨 : ○倉田(6回 2/3) - 堀内(2回 1/3)
  4. : 倉田(1勝)  : 西岡(1敗)  
  5. :  巨 – 王2号(1回2点・西岡)
  6. 審判:球審…吉田、塁審…岡田功 岡田豊 富澤、外審…道仏 谷村
  7. 有料入場者:37,671人

1回表門田博の犠牲フライで南海が先制したが、巨人は、その裏に王の逆転2ラン本塁打。3回には黒江透修のタイムリー安打、7回には末次のタイムリー安打と王の犠牲フライで2点を追加し、5-1とし、シリーズ制覇を決めた。

公式記録関係(日本野球機構ページ)

表彰選手[編集]

  • 最優秀選手賞、最優秀投手賞 堀内恒夫(巨人)
  • 3試合に登板し、2勝0敗、防御率0.91。打撃でも活躍し、打率.429(7打数3安打)、4打点。第2戦で決勝タイムリー、第3戦では投げては2失点完投勝利、打っては2本塁打、3打点と大活躍を見せた。日本一を決めた第5戦では胴上げ投手の栄誉に輝く。
  • 打率.250(20打数5安打)、2打点。第4戦で2安打を放ち2打点をマーク。本塁打こそなかったが、低迷する打線の中で選手兼任監督として気を吐いた。
  • 打率.364(22打数8安打)、3打点。第4戦と日本一を決めた第5戦で2試合連続打点。
  • 打率.286(14打数4安打)、5打点。第4戦と日本一を決めた第5戦で2試合連続本塁打。
  • 打率.357(14打数5安打)。第4戦で3安打1打点。第5戦ではウイニングボールを捕球。

テレビ・ラジオ中継[編集]

テレビ中継[編集]

  • 第1戦:10月27日
  • 第2戦:10月28日
  • よみうりテレビ≪日本テレビ系列≫ 実況:佐藤忠功(読売テレビ) 解説:佐々木信也 ゲスト解説:田淵幸一、山田久志
  • 第3戦:10月30日
  • 第4戦:10月31日
  • 第5戦:11月1日

ラジオ中継[編集]

  • 第1戦:10月27日
  • 第2戦:10月28日
  • NHKラジオ第1 解説:鶴岡一人
  • 文化放送(NRN) 解説:別所毅彦
  • ニッポン放送(NRN・毎日放送制作) 解説:杉浦忠
  • 第3戦:10月30日
  • 第4戦:10月31日
  • NHKラジオ第1 解説:鶴岡一人
  • TBSラジオ(JRN) 解説:松木謙治郎、杉浦忠 ゲスト解説:米田哲也
  • 文化放送(NR]) 解説:別所毅彦
  • ニッポン放送(NRN) 解説:小森光生
  • ラジオ関東 解説:広岡達朗
  • 第5戦:11月1日
  • NHKラジオ第1 実況:佐藤隆輔 解説:加藤進
  • TBSラジオ(JRN) 実況:山田二郎 解説:水原茂、杉浦忠 ゲスト解説:米田哲也
  • 文化放送(NRN) 解説:別所毅彦
  • ニッポン放送(NRN) 実況:深澤弘 解説:関根潤三
  • ラジオ関東 解説:宮田征典

関連項目[編集]

外部リンク[編集]