福士敬章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
福士 敬章 (張 明夫)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 日本の旗 日本
鳥取県八頭郡智頭町
生年月日 (1950-12-27) 1950年12月27日
没年月日 (2005-04-13) 2005年4月13日(54歳没)
身長
体重
182 cm
91 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1968年 ドラフト外
初出場 NPB / 1970年
KBO / 1983年
最終出場 NPB / 1982年
KBO / 1986年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

福士 敬章(ふくし ひろあき)、1950年12月27日 - 2005年4月13日)は、鳥取県八頭郡智頭町出身のプロ野球選手投手)。韓国系日本人(1974年に帰化)[1][2]。登録名は1978年まで松原 明夫1979年福士 明夫韓国名およびKBOでの登録名は「張 明夫」(チャン・ミョンブ)、ハングル:장명부

長男はスポーツメーカーのグラブ職人。二男は大相撲朝日山部屋の元力士大瀬(だいせ)、最高位は三段目19枚目。三男はオフィスキイワード所属でMCタレント、ナレーター、徳島ヴォルティスのスタジアムアナウンス(2015年から)を務める福士幹朗。

経歴[編集]

鳥取県立鳥取西高等学校では、エースとして1968年夏の甲子園県予選準決勝に進出するが、米子南高に惜敗。同年のドラフト外で広島、大洋との争奪戦の末、読売ジャイアンツに入団。2年目の1970年に一軍昇格を果たし、開幕第4戦に先発で起用されるなど川上哲治監督の期待が大きかったが、なかなか結果を出せなかった。

1973年富田勝との交換トレードで山内新一と共に南海ホークスへ移籍。同年、野村克也監督のもと、チェンジアップフォークを武器にローテーションの一角に成長し、7勝を挙げてリーグ優勝に貢献。日本シリーズにも先発で登板する。ちなみにトレードの際川上が「移籍して活躍したら返す」という条件で野村に福士を渡し、活躍したため巨人復帰が可能だったが、福士本人が「裏切られた」と思っており復帰を拒否したという。

1977年広島東洋カープ古葉竹識監督の希望により、金城基泰との交換トレードで広島に移籍。先発投手として活躍し、15勝を二度マーク。1979年1980年の連続日本一にも貢献し、カープ黄金期の一翼を担った。"ブラッシュボールの名手"として知られ[3]、そのボールを投げると相手ベンチから「来た!!」の声が一斉に上がった[3]。尚、広島移籍後は松原明夫から福士明夫福士敬章と登録名が変わっているが、これは家族との間で問題が起こったためである。1982年にわずか3勝に終わると同年限りで退団。

1983年に本名の張明夫の登録名で、創設2年目の韓国プロ野球三美スーパースターズに入団。

同年登板60試合で36完投、427イニング1/3投球、30勝16敗6セーブと驚異的な成績で最多勝を獲得。当時の韓国プロ野球の試合数は前後期制の100試合で、この年の三美の成績は52勝47敗1引き分けで3位だった。チームの試合と勝利のおよそ60%を担い、前年の前後期制80試合で15勝65敗の最下位だったチームをAクラスに引き上げる、文字通りの牽引役になった。この30勝は現在でも韓国プロ野球記録であり、また創成期の韓国プロ野球のレベルを物語るエピソードともいえる。当時の韓国プロ野球投手はは力任せの投球が主流だったか、福士は日本のプロ野球で養われた打者との駆け引きの巧さで力を省く技術を韓国プロ野球に伝えレベルアップに貢献した。韓国では一見茫洋とした顔つきな上、一度も内角に投げなかったことから悪賢いというイメージをもたれ「ノグリ(너구리)」(タヌキ)というニックネームがついた。

この凄まじい記録の裏側には、シーズン前、球団社長が「30勝をすれば、1億ウォン(当時のレートで約2500万円)のボーナスを追加してくれる」という言質があった。社長はまさか100試合制で30勝が可能だとは思わず出した発言だったが、これを口頭契約と信じ込んだ福士は30勝を満たそうと状況を問わず、勝利のチャンスがあれば登板して投げ込んだ。しかし、目標を達成しようという焦りから、降板を巡って首脳陣と言い争いをすることもあった。しかし、記録の達成を目にした社長が、オーナーの裁可もなしで発した自分の一言に責任を避けようと、上述の「1億ウォンのボーナス」発言について知らないふりをしたため、福士は球団に対して不信感を持つようになった。翌1984年もスーパースターズと契約して試合には出たが、すでに意欲を喪失していた。投げ出しに近い状態で負けを重ね、13勝20敗と成績を落として、チームは最下位に逆戻りした。翌1985年も同じような投球で11勝は挙げたが、シーズン25敗の韓国記録を作った。

1986年ピングレ・イーグルスに移籍。年齢から来る衰えに逆らえず1勝18敗の記録を残して、同年に現役引退。その後は韓国でロッテ・ジャイアンツのコーチを務めたが1991年5月、麻薬所持および使用の疑いで韓国警察に逮捕され、韓国球界から追われた。

その後、日本に帰り、実母の郷里である和歌山県麻雀店を営みながら生活していた。2005年4月13日に急死。満54歳没。経営する店で体調不良を訴え、ソファに横になり、そのまま冷たくなっていたという[4]

人物[編集]

王貞治と公式戦で対戦した最後の投手である。(結果はセカンドフライ)

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1970 巨人 11 6 0 0 0 0 3 -- -- .000 177 40.2 38 4 16 1 2 32 0 0 17 14 3.07 1.33
1971 2 1 0 0 0 0 0 -- -- ---- 29 7.1 6 1 3 0 0 6 1 0 4 4 5.14 1.23
1972 5 2 0 0 0 0 0 -- -- ---- 46 9.0 17 4 4 0 0 2 0 0 10 8 8.00 2.33
1973 南海 27 18 6 1 0 7 7 -- -- .500 592 140.2 130 10 66 1 7 56 1 4 56 45 2.87 1.39
1974 26 18 5 2 0 9 6 0 -- .600 581 139.1 130 10 43 0 0 59 2 2 53 47 3.04 1.24
1975 32 21 11 4 1 11 12 0 -- .478 769 188.2 185 10 58 2 2 66 1 0 75 63 3.00 1.29
1976 24 17 3 0 0 6 7 1 -- .462 486 115.0 120 13 37 0 7 23 3 1 47 47 3.68 1.37
1977 広島 46 6 0 0 0 6 6 5 -- .500 461 100.1 129 11 41 6 4 39 3 0 59 57 5.13 1.69
1978 41 32 12 2 1 15 8 0 -- .652 972 230.0 236 23 70 2 5 94 1 0 96 92 3.60 1.33
1979 37 25 4 1 1 7 9 1 -- .438 674 163.2 156 24 44 1 3 109 1 0 78 65 3.57 1.22
1980 31 28 8 1 1 15 6 0 -- .714 791 187.0 195 28 52 2 3 106 1 0 84 82 3.95 1.32
1981 35 28 7 1 0 12 9 0 -- .571 871 201.1 211 22 76 6 5 116 2 0 99 90 4.03 1.43
1982 22 15 5 1 0 3 11 2 -- .214 472 111.1 113 21 41 4 2 77 0 0 62 55 4.46 1.38
1983 三美
青宝
60 44 36 6 -- 30 16 6 -- .652 1712 427.1 388 19 106 6 16 220 6 1 138 111 2.34 1.16
1984 45 25 15 2 -- 13 20 7 -- .394 1074 261.2 261 20 66 7 6 145 3 0 111 96 3.30 1.25
1985 45 35 10 0 -- 11 25 5 -- .306 1117 246.0 304 22 100 7 12 128 5 0 175 145 5.30 1.64
1986 ピングレ 22 17 3 0 -- 1 18 0 -- .053 493 108.1 130 12 41 1 9 48 2 2 71 60 4.98 1.58
NPB:13年 339 217 61 13 4 91 84 9 -- .520 6921 1634.1 1666 181 551 25 40 785 16 7 740 669 3.68 1.36
KBO:4年 172 121 64 8 -- 55 79 18 -- .410 4396 1043.1 1083 73 313 21 43 541 16 3 541 495 3.55 1.34
  • 各年度の太字はリーグ最高、赤太字はKBOにおける歴代最高
  • 三美(三美スーパースターズ)は、1985年途中に青宝(青宝ピントゥス)に球団名を変更

タイトル[編集]

NPB
KBO
  • 最多勝利:1回 (1983年)
  • 最多奪三振:1回 (1983年)

表彰[編集]

KBO

記録[編集]

NPB

背番号[編集]

  • 46 (1969年)
  • 28 (1970年 - 1972年)
  • 34 (1973年 - 1976年、1983~1984年)
  • 18 (1977年 - 1982年、 1985年)
  • 19 (1986年)

登録名[編集]

  • 松原 明夫 (まつばら あきお、1969年 - 1978年)
  • 福士 明夫 (ふくし あきお、1979年)
  • 福士 敬章 (ふくし ひろあき、1979年 - 1982年)
  • 張 明夫 (チャン・ミョンブ、1983年 - 1986年)

脚注[編集]

  1. ^ KBO 리그 거쳐간 전설적인 해외동포 선수들
  2. ^ 일본(日本)에 귀화(帰化)한 김일융(金日融), 장명부(張明夫) 『歸國(귀국)』이냐... 『來韓(내한)』이냐...
  3. ^ a b 週刊新潮1982年9月2日号120頁
  4. ^ 日めくりプロ野球【1月18日】1983年(昭58) 「切れで勝負できるうちに」福士敬章 初の韓国移籍投手に - スポニチANNEX 2010年1月18日

関連項目[編集]