加藤進 (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
加藤 進
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県名古屋市
生年月日 (1923-09-24) 1923年9月24日(94歳)
身長
体重
168 cm
64 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手外野手
プロ入り 1949年
初出場 1949年
最終出場 1957年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 中日ドラゴンズ (1956, 1958 - 1959, 1963 - 1964)

加藤 進(かとう すすむ、1923年9月24日 - )は、愛知県名古屋市出身の元プロ野球選手捕手外野手、右投右打)・コーチ解説者

経歴[編集]

旧制愛知一中卒業後は慶應義塾大学へ進学し、1943年出陣学徒壮行早慶戦に代打として出場。戦後は慶大に戻って主将を務め(慶大時代はプロ入り後もチームメイトとなる大島信雄とバッテリーを組んでいた)、1946年東京六大学リーグ全勝優勝に貢献。リーグ通算成績は、34試合出場、117打数33安打、打率.282、0本塁打、18打点。慶大卒業後は藤倉電線・愛知産業を経て、1949年に捕手として中日ドラゴンズ1951年 - 1953年は名古屋ドラゴンズ)へ入団。正捕手・野口明という壁に阻まれ、入団2年目の1950年から2シーズンは外野手として試合に出場した。その後は1952年に捕手へ戻り、1953年には野口の二番手としてながらも75試合に出場。その後は河合保彦もあり、年々出場機会が減少。1956年にはコーチ兼任となり、1試合も出場することはなかった。1957年は選手に専念するが、2試合出場したのみに終わる。同年限りで現役を引退。引退後も中日に残り、一軍コーチ(1958年 - 1959年)を務めた。退団後はNHK解説者1960年 - 1962年)を経て、中日の一軍バッテリーコーチ(1963年)・一軍投手コーチ(1964年)を務めた。その後は1965年から1980年代後半頃まで20年以上にわたり再びNHK解説者として、ドラゴンズ戦中継を中心に出演した。2003年に発行された書籍『プロ野球人名事典 2003』では、没年不明の人物として扱われている[1]が、同書発行時点では存命であり、2009年には東京新聞の取材を受けている[2]2008年に出陣学徒壮行早慶戦を映画化した『ラストゲーム 最後の早慶戦』では、彼をモデルとした加藤なる人物が登場し、桜木涼介が演じた。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1949 中日
名古屋
中日
48 93 81 12 19 4 2 1 30 12 5 2 0 -- 12 -- 0 15 -- .235 .333 .370 .704
1950 76 189 160 26 33 6 3 5 60 21 2 5 2 -- 25 -- 2 23 5 .206 .321 .375 .696
1951 62 160 134 17 28 4 2 0 36 12 7 4 4 -- 21 -- 1 30 3 .209 .321 .269 .589
1952 73 165 142 15 31 4 1 0 37 19 4 5 3 -- 20 -- 0 26 3 .218 .315 .261 .575
1953 75 199 173 16 38 3 0 1 44 17 2 4 5 -- 21 -- 0 23 6 .220 .304 .254 .558
1954 37 69 64 7 16 1 0 0 17 4 3 2 0 0 4 -- 1 17 1 .250 .304 .266 .570
1955 21 21 17 2 2 0 0 0 2 1 0 0 1 0 3 0 0 7 0 .118 .250 .118 .368
1957 2 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 ---- 1.000 ---- ----
通算:8年 394 897 771 95 167 22 8 7 226 86 24 22 15 0 107 0 4 141 18 .217 .315 .293 .608
  • 中日(中日ドラゴンズ)は、1951年に名古屋(名古屋ドラゴンズ)、1954年に中日(中日ドラゴンズ)に球団名を変更

背番号[編集]

  • 25 (1949年 - 1956年、1963年 - 1964年)
  • 5 (1957年 - 1958年)
  • 61 (1959年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 生没年月日の欄は「1923.9.24 〜 ?」となっている。
  2. ^ 『東京の記憶 焦土からの出発』より、P139-141掲載「早慶戦復活 白球が希望の灯ともした」(文:佐藤次郎=東京新聞編集委員・論説委員)を参照。

参考資料[編集]

2009年4月から12月にかけて東京新聞日曜朝刊で連載された『焦土からの出発―東京の記憶』をもとに増補した書籍。加藤を取材した記事も掲載。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]