青野修三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
青野 修三
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛媛県今治市(旧・越智郡朝倉村
生年月日 (1939-10-13) 1939年10月13日(79歳)
身長
体重
171 cm
69 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1962年
初出場 1962年
最終出場 1974年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

青野 修三(あおの しゅうぞう、1939年10月13日 - )は、愛媛県今治市(現役当時は、同県越智郡朝倉村)出身の元プロ野球選手内野手)。

経歴[編集]

西条高校では、2年生の時にエース土岐勝敏を擁し、二塁手として1956年の甲子園に春夏連続で出場を果たした。春の選抜では、2回戦で桐生高に敗退。夏の甲子園では準決勝まで進むが、平安高に0-1で惜敗した[1]。翌1957年の夏は北四国大会準決勝で、後にプロで同僚となる坂出商のエース安藤元博に完封負けを喫し、甲子園出場を逸する。高校卒業後は、立教大学へ進学。東京六大学野球リーグでは1、2年在学中に、3度の優勝を経験した。リーグ通算48試合出場、159打数43安打、打率.270。1961年春季リーグでベストナイン(二塁手)受賞。大学での同期に丸山完二寺本勇がいる。

1962年東映フライヤーズへ入団すると、1年目からレギュラー二塁手として活躍。同じ新人の岩下光一と二遊間を組み、球団史上初のリーグ優勝に貢献[1]。同年の阪神との日本シリーズでも全7戦のうち4試合に先発。第6戦で3安打を放つなど活躍し22打数6安打2打点を記録、チーム日本一に力を添えた。デビューから5年連続でリーグ最多犠打を放ったほか、1963年には433補殺を記録し、二塁手としての日本記録を達成する[1]。その後もレギュラーとして活躍するが、1967年大下剛史1969年には大橋穣が入団して内野の再編が進み、行き場を失う。1970年南海ホークスへ移籍。移籍1年目は古葉竹識山本忠男と二塁手の定位置を争うが、翌1971年からは主に代打として起用される。代打満塁本塁打を2本打っている[1]1974年ロッテオリオンズへ移籍し、同年に引退。この年はたった3安打しか打たなかったが、3安打中2本がホームランだった。

現役時代から副業に力を入れており、妻はブティックを経営していた。

引退後は大阪府内(千里)で、美術工芸品店「究璃王」を経営[1]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1962 東映 129 473 399 48 94 19 1 1 118 22 8 6 29 1 37 0 7 72 6 .236 .311 .296 .607
1963 149 634 568 61 152 27 4 8 211 47 8 5 28 1 36 0 1 61 15 .268 .312 .371 .683
1964 119 496 431 62 117 25 2 6 164 29 3 1 20 4 36 0 5 40 11 .271 .332 .381 .712
1965 93 379 335 47 92 8 2 7 125 25 4 1 19 2 20 0 3 44 6 .275 .319 .373 .693
1966 126 487 419 55 108 17 2 10 159 32 3 0 27 3 31 0 7 38 12 .258 .317 .379 .697
1967 91 327 287 22 78 11 0 3 98 29 4 1 11 5 21 4 3 36 8 .272 .323 .341 .664
1968 95 297 259 23 61 10 0 4 83 25 1 6 4 6 26 3 2 20 6 .236 .304 .320 .624
1969 24 30 28 0 8 1 0 0 9 0 0 0 0 0 2 0 0 3 0 .286 .333 .321 .655
1970 南海 67 170 147 9 40 5 0 2 51 22 0 0 3 4 14 1 2 22 1 .272 .335 .347 .682
1971 42 44 38 3 11 1 0 2 18 16 0 0 0 3 2 0 1 3 3 .289 .318 .474 .792
1972 50 50 41 0 11 1 0 0 12 7 0 0 1 0 8 2 0 5 1 .268 .388 .293 .680
1973 52 52 46 0 10 1 0 0 11 3 0 0 0 0 5 1 1 5 2 .217 .308 .239 .547
1974 ロッテ 18 18 16 2 3 0 0 2 9 5 0 0 0 0 2 0 0 4 1 .188 .278 .563 .840
通算:13年 1055 3457 3014 332 785 126 11 45 1068 262 31 20 142 29 240 11 32 353 72 .260 .319 .354 .673
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録[編集]

節目の記録
  • 1000試合出場:1973年5月30日 ※史上164人目
その他の記録

背番号[編集]

  • 4 (1962年 - 1964年)
  • 6 (1965年 - 1973年)
  • 14 (1974年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、5ページ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]