1964年の日本シリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 1964年の日本シリーズ
チーム 勝数(引分数)
南海ホークス() 4
阪神タイガース() 3
ゲームデータ
試合日程 1964年10月1日-10月10日
最高殊勲選手 ジョー・スタンカ
敢闘選手 山内和弘
チームデータ
南海ホークス ()
監督 鶴岡一人
シーズン成績 84勝63敗3分
(シーズン1位) 
阪神タイガース()
監督 藤本定義
シーズン成績 80勝56敗4分
(シーズン1位)
日本シリーズ
 < 1963 1965 > 

1964年の日本シリーズ(1964ねんのにっぽんシリーズ、1964ねんのにほんシリーズ)は、1964年10月1日から10月10日まで行われた、1962年以来2年ぶりのセ・リーグ優勝となった阪神タイガースと3年ぶりのパ・リーグ優勝となった南海ホークスによる第15回プロ野球日本選手権シリーズである。関西決戦(御堂筋シリーズ[1])として10月に阪神甲子園球場大阪球場の2球場で行われた。この年は東京オリンピックの開催に間に合わせるように日程調整され、シリーズ史上初のナイトゲームで開かれた[2]翌年から1993年までの間、日本シリーズは再び全試合デーゲームで行われる形となる。

概要[編集]

このシリーズは外国人シリーズと謳われ、先述のスタンカの他、南海はハドリ、ローガン、阪神はバッキー、バーンサイド(いずれも投手)らが活躍した[3]。 またこの年のシリーズは、観客動員が伸び悩んだ。各試合の有料入場者は次の表に示す通り。

試合 有料入場人員[4]
第1戦 19904人
第2戦 19190人
第3戦 29932人
第4戦 30107人
第5戦 26962人
第6戦 25471人
第7戦 15172人
合計 166738人
1試合平均 23820人

このように、大阪球場は3試合とも満員の盛況(第4戦だけ3万人を越えた)となったが、対照的に5万人を収容する甲子園ではスタンドに空席が目立ち、阪神の優勝がかかった第6戦でようやく25000人を越えるも、他3試合は2万人割れ、特に第7戦[5]の15172人は日本シリーズ最終戦の観客数として歴代最少となった。

なお、この年の大会の延長戦既定も特例として「22時30分を過ぎた時点で次のイニングに入らない」とした。(通常は日没時刻まで続けるとしていた)

試合結果[編集]

1964年 日本シリーズ
日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月1日(木) 第1戦 南海ホークス 2-0 阪神タイガース 阪神甲子園球場
10月2日(金) 第2戦 南海ホークス 2-5 阪神タイガース
10月3日(土) 移動日
10月4日(日) 第3戦 阪神タイガース 5-4 南海ホークス 大阪球場
10月5日(月) 第4戦 阪神タイガース 3-4 南海ホークス
10月6日(火) 第5戦 阪神タイガース 6-3 南海ホークス
10月7日(水) 移動日
10月8日(木) 第6戦 雨天中止 阪神甲子園球場
10月9日(金) 南海ホークス 4-0 阪神タイガース
10月10日(土) 第7戦 南海ホークス 3-0 阪神タイガース
優勝:南海ホークス(5年ぶり2回目)

第1戦[編集]

10月1日(木) 甲子園 入場者数:19904人

南海 0 1 0 0 1 0 0 0 0 2
阪神 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
(南) スタンカ(1勝) - 野村
(神) 村山(1敗)、若生 - 福塚辻佳山本哲

[審判]セ筒井(球)パ川瀬、セ岡田、パ小島(塁)セ田代、パ上田(外)

前述の通り、この年は東京オリンピックの開催に間に合わせるように日程調整され、シリーズ史上初のナイトゲームで開かれた。シリーズ開幕は当初9月29日(火)の予定だったが、大洋と阪神の優勝争いが最後までもつれ、開幕予定日に間に合わず2日順延。阪神が優勝を決めたのは9月30日(水)の中日とのダブルヘッダーで、リーグ優勝決定翌日からシリーズに臨むという強行軍となった[2]。そのため甲子園も中日戦が終わった後、徹夜でシリーズの飾り付けが行われるという慌ただしさだった。

公式記録関係(日本野球機構ページ)

第2戦[編集]

10月2日(金) 甲子園 入場者数:19190人

南海 0 0 0 0 0 0 1 1 0 2
阪神 1 0 0 1 0 2 0 1 x 5
(南) 杉浦(1敗)、三浦森中 - 野村
(神) バッキー(1勝) - 辻佳

[審判]パ川瀬(球)セ岡田、パ小島、セ筒井(塁)パ井野川、セ富沢(外)

公式記録関係(日本野球機構ページ)

第3戦[編集]

10月4日(日) 大阪 入場者数:29,932人

阪神 0 1 4 0 0 0 0 0 0 5
南海 0 1 1 0 0 0 1 1 0 4
(神) 本間、○石川(1勝)、バッキー - 辻佳
(南) ●スタンカ(1勝1敗)、林、皆川新山、森中 - 野村
本塁打
(神) 藤井1号ソロ(2回スタンカ)、藤井2号ソロ(3回スタンカ)
(南) ローガン1号ソロ(3回石川)、ハドリ1号ソロ(8回バッキー)

[審判]セ岡田(球)パ小島、セ筒井、パ川瀬(塁)セ田代、パ上田(外)

公式記録関係(日本野球機構ページ)

第4戦[編集]

10月5日(月) 大阪 入場者数:30107人

阪神 1 0 0 0 0 2 0 0 0 3
南海 0 0 0 1 2 0 0 0 1X 4
(神) ●村山(2敗) - 福塚
(南) 杉浦、○新山(1勝) - 野村
本塁打
(神) 山内1号ソロ(1回杉浦)、山内2号2ラン(6回杉浦)
(南) ハドリ2号ソロ(9回村山)

[審判]パ小島(球)セ筒井、パ川瀬、セ岡田(塁)パ井野川、セ富沢(外)

公式記録関係(日本野球機構ページ)

第5戦[編集]

10月6日(火) 大阪 入場者数:26962人

阪神 0 3 0 1 0 0 0 2 0 6
南海 0 0 0 0 0 0 0 3 0 3
(神) バーンサイド(1勝)、渡辺省、バッキー - 辻佳
(南) ●皆川(1敗)、森中、三浦、新山 - 野村
本塁打
(神) 辻佳1号ソロ(2回皆川)、安藤1号2ラン(2回皆川)
(南) 森下1号ソロ(7回バーンサイド)

[審判]セ筒井(球)パ川瀬、セ岡田、パ小島(塁)セ田代、パ上田(外)

公式記録関係(日本野球機構ページ)

第6戦[編集]

10月9日(金) 甲子園 入場者数:25471人

南海 0 2 0 1 0 0 0 0 1 4
阪神 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
(南) ○スタンカ(2勝1敗) - 野村
(神) ●バッキー(1勝1敗)、若生、渡辺省 - 辻佳

[審判]パ川瀬(球)セ岡田、パ小島、セ筒井(塁)パ井野川、セ富沢(外)

公式記録関係(日本野球機構ページ)

第7戦[編集]

10月10日(土) 甲子園 入場者数:15172人

南海 0 2 0 1 0 0 0 0 0 3
阪神 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
(南) ○スタンカ(3勝1敗) - 野村
(神) ●村山(3敗)、バッキー、石川緑 - 辻佳、福塚

[審判]セ岡田(球)パ小島、セ筒井、パ川瀬(塁)セ田代、パ上田(外)

公式記録関係(日本野球機構ページ)


表彰選手[編集]

  • 最優秀選手賞、最優秀投手賞 スタンカ(南海)
  • 敢闘賞、打撃賞 山内和弘(阪神)
  • 技能賞 小池兼司(南海)
  • 優秀選手賞 ハドリ(南海)

テレビ・ラジオ中継[編集]

テレビ中継[編集]

  • よみうりテレビ≪日本テレビ系列≫ 実況:越智正典(日本テレビ) 解説:戸倉勝城、沼澤康一郎 ゲスト解説:王貞治
  • よみうりテレビ≪日本テレビ系列≫ 実況:大平和夫(日本テレビ) 解説:佐々木信也 ゲスト解説:王貞治
  • 朝日放送≪TBS系列≫ 実況:黒田昭夫 解説:笠原和夫 ゲスト解説:水原茂(東映監督)
  • よみうりテレビ≪日本テレビ系列≫ 実況:越智正典 解説:戸倉勝城、中上英雄 ゲスト解説:王貞治
  • よみうりテレビ≪日本テレビ系列≫ 実況:越智正典 解説:戸倉勝城、中上英雄 ゲスト解説:西本幸雄

ラジオ中継[編集]

  • NHKラジオ第1 実況:岡田実 解説:小西得郎
  • TBSラジオ(朝日放送制作) 実況:田村安起 解説:芥田武夫 ゲスト解説:小山正明
  • ラジオ関東(毎日放送制作) 実況:香西正重 解説:金田正泰 ゲスト解説:中西太
  • NHKラジオ第1 実況:岩本修(大阪放送局) 解説:苅田久徳
  • TBSラジオ(朝日放送制作) 実況:田村安起 解説:笠原和夫 ゲスト解説:小山正明
  • ラジオ関東(毎日放送制作) 実況:小池清 解説:青田昇 ゲスト解説:中西太
  • TBSラジオ(朝日放送制作) 実況:黒田昭夫 解説:芥田武夫 ゲスト解説:小山正明
  • ラジオ関東(毎日放送制作) 実況:香西正重 解説:金田正泰 ゲスト解説:中西太
  • NHKラジオ第1放送は中継なし
  • NHKラジオ第1 実況:岡田実 解説:松木謙治郎
  • TBSラジオ(朝日放送制作) 実況:田村安起 解説:芥田武夫 ゲスト解説:小山正明
  • ニッポン放送(毎日放送制作) 実況:三宅定雄 解説:青田昇 ゲスト解説:中西太
  • ラジオ関東 実況:奥田博之(ラジオ関西) 解説:後藤次男島原輝夫
  • NHKラジオ第1 実況:斎藤政男 解説:苅田久徳
  • TBSラジオ(朝日放送制作) 実況:中村鋭一 解説:笠原和夫 ゲスト解説:小山正明
  • ラジオ関東(毎日放送制作) 実況:香西正重 解説:青田昇 ゲスト解説:中西太
  • TBSラジオ(朝日放送制作) 実況:田村安起 解説:笠原和夫 ゲスト解説:小山正明
  • ラジオ関東(毎日放送制作) 解説:青田昇 ゲスト解説:中西太

関連項目[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 親会社である阪神電気鉄道梅田駅)と南海電気鉄道難波駅)との間を結ぶ通りにちなんだ別名。なお、現在は阪神電気鉄道も難波にターミナル駅(大阪難波駅)を有しているが、阪神電気鉄道の難波進出はホークスの福岡移転からおよそ20年を経た2009年である。
  2. ^ a b 【10月1日】1964年(昭39) 阪神“傷だらけ”リーグ優勝の翌日にもう日本シリーズ”. スポーツニッポン (2007年10月1日). 2013年5月8日閲覧。
  3. ^ “[http://www.sankei.com/west/news/141024/wst1410240059-n1.html 【猛虎の日本Sを振り返る】 (4)1964年対南海 「御堂筋シリーズ」も東京五輪で客足伸びず]”. 20161104閲覧。
  4. ^ NPB公式記録
  5. ^ 東京オリンピックの開会式が行われた10月10日。

外部リンク[編集]