1964年の大洋ホエールズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1964年の大洋ホエールズ
成績
セントラル・リーグ2位
80勝58敗2分 勝率.580[1]
本拠地
都市 神奈川県川崎市
球場
川崎球場
Kawasaki 1989 02.jpg
球団組織
オーナー 中部謙吉
経営母体 大洋漁業
監督 三原脩
« 1963
1965 »

1964年の大洋ホエールズでは、1964年シーズンの大洋ホエールズの動向をまとめる。

この年の大洋ホエールズは、三原脩監督の5年目のシーズンである。

概要[編集]

開幕から自慢の打線「メガトン打線」は打ちまくり、阪神とのデッドヒートの果て、前半折り返し時点では首位大洋、2位阪神との差は6.5ゲームと引き離した。だが後半メガトン打線の「夏休み」で連敗が続き、前半以上の阪神との激しいデッドヒート、そして9月18日の中日に勝った大洋は、20日の対阪神戦ダブルヘッダー、22日の対巨人戦ダブル、24日の対阪神戦ダブルの計6戦に「3勝3敗」以上で優勝となるところまできた。

その後20日の阪神戦は阪神の連勝になるも、続く巨人戦は大洋が連勝して、遂に大洋の「マジックナンバー1」、だが24日の阪神戦は台風の影響で2日延びて26日に行われるが、大洋は連敗して全日程を終了。阪神の残り3試合「29日の国鉄戦、30日の中日戦ダブル」が3連敗か1勝2敗なら大洋の優勝となる。しかし阪神はこの3戦を全勝し優勝をさらわれてしまった。大洋はこの年以後、「横浜ベイスターズ」時代の1998年に優勝するまで、優勝はおろか優勝争いとは無縁の球団になってしまう[注 1]

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 近藤和彦
2 箱田淳
3 桑田武
4 クレス
5 長田幸雄
6 アグウィリー
7 重松省三
8 伊藤勲
9 稲川誠
1964年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 最終成績
1位 大洋 -- 阪神 -- 大洋 -- 大洋 -- 阪神 -- 阪神 --
2位 阪神 2.5 大洋 0.5 阪神 3.5 阪神 5.0 大洋 2.0 大洋 1.0
3位 巨人 3.0 巨人 5.5 巨人 8.5 巨人 8.5 巨人 9.0 巨人 11.0
4位 国鉄 6.0 広島 6.5 広島 11.0 国鉄 12.5 国鉄 15.0 広島 16.5
5位 広島 7.0 国鉄 7.0 国鉄 13.0 広島 13.0 広島 15.5 国鉄 18.5
6位 中日 8.5 中日 10.5 中日 18.0 中日 21.0 中日 24.5 中日 25.0
1964年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 阪神タイガース 80 56 4 .588 -
2位 大洋ホエールズ 80 58 2 .580 1.0
3位 読売ジャイアンツ 71 69 0 .507 11.0
4位 広島カープ 64 73 3 .467 16.5
5位 国鉄スワローズ 61 74 5 .452 18.5
6位 中日ドラゴンズ 57 83 0 .407 25.0

[1]

オールスターゲーム[編集]

ファン投票 選出なし
監督推薦 秋山登 高橋重行 稲川誠 伊藤勲 桑田武 クレス 近藤和彦 重松省三

できごと[編集]

  • 7月12日 - 巨人戦の9回表、レフトの守備についていた長田幸雄目掛けてウイスキーの空き瓶が投げられ、怒った長田は空き瓶を投げ付けた犯人近くの客に「その男を捕まえろ!」と怒鳴るも、犯人が逃げ出した事から、長田はフェンスの金網をよじ登って観客席へ乱入する。まもなく犯人は警備に当たっていた川崎署員に取り押さえられ、長田はグラウンドに戻るも退場を宣告させられる。

選手・スタッフ[編集]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
高橋重行 新人王
桑田武 最多安打 161本 初受賞
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
近藤和彦 外野手 4年連続4度目[注 2]
重松省三 初受賞

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 1979年には15年振りの2位になるが、優勝争いには加わらなかった。
  2. ^ 1960年に一塁手部門で受賞しており、通算5度目。

出典[編集]

  1. ^ a b 年度別成績 1964年 セントラル・リーグ”. 2017年5月26日閲覧。