筒井修

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
筒井 修
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 香川県善通寺市
生年月日 1917年10月12日
没年月日 (1990-11-03) 1990年11月3日(73歳没)
身長
体重
173 cm
64 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 二塁手
プロ入り 1936年
初出場 1936年
最終出場 1941年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
野球殿堂(日本)
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 1991年
選出方法 競技者表彰

筒井 修(つつい おさむ、1917年10月12日 - 1990年11月3日)は、香川県善通寺市生まれのプロ野球選手プロ野球審判員

経歴[編集]

1931年松山商業学校に入学。松山商では遊撃手で4番を打ち、1935年第21回全国中等学校優勝野球大会では、中心打者として母校を優勝に導く。この事が東京巨人軍関係者の目に留まり、翌年巨人に入団。背番号は7

巨人では4番に名を連ね、チームの優勝(公式戦初代覇者)にも貢献するが、1937年のプレーオフ直前に召集されたのを機に人生が暗転する。1941年に復員してチームに合流するが、選手としてプレーしたのはこの年が最後。2度目の応召を受け、手榴弾の暴発により左手の親指以外の指を失い、選手生命を絶たれてしまったのである。

2度の応召によって選手生命を絶たれたのを機に、プロ野球審判員になる事を決意。1948年日本野球連盟の審判部に入局したが、翌年の暮れに2リーグ制に移行すると、セントラル・リーグの審判部に転籍。1955年に審判部が東京・関西2部制になると、関西審判部に所属。初代の関西審判部主任を務め、さらに審判部副部長を務めた。

オールスターゲーム日本シリーズには第1回からジャッジし、公式戦では記憶に残る優勝決定試合に立会い、1971年9月2日阪神広島戦で、審判としては2番目の通算3000試合出場を達成。1リーグ時代からの審判では最も長く現役を務めるが(最も長く在籍したのは島秀之助審判だが、専任指導員時代が長いため現役としては長くない)、1977年に引退した。審判員としての通算試合出場数は3451(歴代5位)、オールスター10回、日本シリーズ17回(ともに歴代2位)。

1990年11月3日死去。73歳没。死去の翌年、1991年に競技者表彰で野球殿堂入りしている。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1936 巨人 7 29 23 2 5 1 0 0 6 3 1 -- 0 -- 5 -- 1 5 -- .217 .379 .261 .640
1936 24 99 79 16 17 5 3 0 28 5 7 -- 1 -- 19 -- 0 15 -- .215 .367 .354 .721
1937 53 216 181 21 35 10 0 0 45 14 7 -- 3 -- 30 -- 2 27 -- .193 .315 .249 .564
1937 45 204 167 28 44 7 2 2 61 23 10 -- 2 -- 31 -- 4 12 -- .263 .391 .365 .756
1941 30 75 67 5 17 2 0 0 19 6 3 -- 2 -- 6 -- 0 2 -- .254 .315 .384 .699
通算:5年 159 623 517 72 118 25 5 2 159 51 28 -- 8 -- 91 -- 7 61 -- .228 .351 .308 .659

表彰[編集]

背番号[編集]

  • 7(1936年 - 1937年、1941年)

関連項目[編集]