上田藤夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
上田 藤夫
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ハワイ準州
生年月日 1912年3月6日
没年月日 (2003-02-25) 2003年2月25日(90歳没)
身長
体重
173 cm
64 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 二塁手遊撃手
プロ入り 1937年
初出場 1937年
最終出場 1948年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

上田 藤夫(うえだ ふじお、1912年3月6日 - 2003年2月25日)は、1930年代から1940年代までプレーしていたプロ野球選手、1950年代から1960年代まではプロ野球審判員をつとめた。

来歴・人物[編集]

アメリカ合衆国ハワイ準州Territory of Hawaii、生誕当時は米国自治領)生まれ。本籍地広島県比婆郡[1]1937年マウイ島のハイスクールを卒業して来日し、ジミー堀尾の誘いで阪急軍に入団[1][2]。主に二番を打ち、絶妙のバントランエンドヒットを成功させた[1]。堅実な守備でも知られ1940年には第1回のベストナイン遊撃手に選ばれる。研究熱心で監督の三宅大輔から積極的に野球理論を学ぼうとした[3]1938年9月24日名古屋軍戦(甲子園)では遊撃手として12補殺のプロ野球記録[1][3]1940年11月6日巨人戦(後楽園)で1試合6併殺のプロ野球記録を完成させた[1]。戦時中、多くの日系外国人選手が、アメリカ政府の召喚命令を受け帰国したが、上田は日本の国籍を取得し日本に留まり[1]、一時中断に追い込まれた1944年までプレーした。戦後プロ野球が再開されると阪急に復帰したが年齢的な衰えは隠せず1948年限りで現役を引退。生活面は生真面目で選手時代は禁酒禁煙を通したが[3]、気が向くと宴席で得意のハワイアンを披露する事もあったという[3]

引退後は審判員に転向[3]1949年パシフィック・リーグの審判部に入局し1955年からは関西審判部所属となる。1963年4月には辞任した二出川延明前部長の後を受けてパ・リーグの審判部長に就任、1967年までつとめた。正確なジャッジには定評があり[1]、特に二遊間の併殺プレーのジャッジが必要な二塁塁審をやらせたら、歴代審判中随一といわれた[1]

阪急軍に在籍していた1938年後楽園球場でのとある試合で左翼ポール際に本塁打を放ったところ、相手チーム監督から「ファウルじゃないのか?」と抗議され、試合が1時間近く中断したことがある。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1937 阪急 54 239 189 28 40 7 0 0 47 23 13 -- 11 -- 36 -- 3 21 -- .212 .346 .249 .595
1937 31 102 82 11 13 0 1 1 18 9 9 -- 6 -- 13 -- 1 7 -- .159 .281 .220 .501
1938 30 131 110 20 24 1 0 0 25 9 4 -- 8 -- 11 -- 2 11 -- .218 .301 .227 .528
1938 40 171 138 24 36 6 3 1 51 15 4 -- 9 -- 24 -- 0 16 -- .261 .370 .370 .740
1939 91 371 316 40 85 12 4 0 105 44 16 -- 11 1 40 -- 3 29 -- .269 .357 .332 .689
1940 95 409 349 37 86 5 5 1 104 23 20 -- 9 5 44 -- 2 34 -- .246 .334 .298 .632
1941 76 332 271 29 60 6 1 1 71 23 6 -- 12 -- 47 -- 2 14 -- .221 .341 .262 .603
1942 95 418 359 35 72 3 0 0 75 19 11 8 13 -- 43 -- 3 15 -- .201 .291 .209 .500
1943 83 355 293 27 68 7 0 0 75 25 23 10 5 -- 53 -- 4 12 -- .232 .357 .256 .613
1944 35 163 139 18 36 9 0 1 48 19 6 1 3 -- 20 -- 1 7 -- .259 .356 .345 .702
1946 105 469 409 52 109 15 2 0 128 48 14 7 3 -- 53 -- 4 21 -- .267 .356 .313 .669
1947 109 453 392 50 101 14 1 3 126 29 6 5 10 -- 44 -- 7 22 -- .258 .343 .321 .665
1948 69 164 145 7 25 2 1 0 29 5 4 1 7 -- 8 -- 4 4 -- .172 .236 .200 .436
通算:11年 913 3777 3192 378 755 87 18 8 902 291 136 32 107 6 436 -- 36 213 -- .237 .335 .283 .617
  • 各年度の太字はリーグ最高

表彰[編集]

背番号[編集]

  • 5 (1937年 - 1943年)
  • 6 (1947年 - 1948年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 永井正義『勇者たち=人物阪急球団史=』1978年、現代企画室、P38 - 40。
  2. ^ 鈴木明『昭和20年11月23日のプレイボール』光人社、2001年、P122 - 123。
  3. ^ a b c d e 阪急ブレーブス黄金の歴史 [永久保存版] よみがえる勇者の記憶 1936-1988、ベースボール・マガジン社、2011年、P35

関連項目[編集]