藤本英雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
藤本 英雄
Hideo Fujimoto 2.jpg
1949年
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 山口県下関市彦島
生年月日 (1918-05-10) 1918年5月10日
没年月日 (1997-04-26) 1997年4月26日(78歳没)
身長
体重
170 cm
65 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1942年
初出場 1942年9月27日
最終出場 1955年10月11日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴
  • 東京巨人軍
    読売ジャイアンツ (1944, 1946, 1956 - 1957)
  • 大和証券
野球殿堂(日本)
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 1976年
選出方法 競技者表彰

藤本 英雄(ふじもと ひでお、1918年5月10日 - 1997年4月26日)は、山口県下関市彦島出身(韓国釜山生まれ)のプロ野球選手投手)・コーチ監督解説者。韓国名は李 八龍(이팔용)。日本名は後に中上 英雄(なかがみ ひでお)[1][2]

1940年代から50年代前半にかけての巨人の主力投手。明治大学では34勝するなどエースとして2度の優勝に貢献。1943年に巨人に入団するといきなり10連勝、翌1944年も34勝を挙げ優勝に貢献。この年に記録した、防御率0.73、19完封日本プロ野球記録。1944年には史上最年少の25歳で監督に就任している。戦後は肩を痛めるも、スライダーをマスターして巨人の主力投手に復活し、1950年には日本プロ野球史上初の完全試合を達成した。通算成績でも防御率1.90、勝率.697の日本プロ野球記録を持つ。引退後は巨人の二軍監督・コーチを経て、社会人野球大和証券の監督を務め都市対抗野球にも出場した。1976年野球殿堂入り。

経歴[編集]

プロ入りまで[編集]

釜山で生まれ、8歳の時に下関市彦島に移り、小学校4年で野球を始める。旧制下関商時代は1935年春1937年春に甲子園へ出場[3]。この頃は毎日彦島からの連絡船に乗って通学していたが、同じ船に同乗していた後の木暮実千代が、藤本のファンであったという[4]

下関商はどちらかというと法政大学系であったが、明治大学出身の迫畑正巳からコーチを受けたことから、1938年に明治大学に進学する。また、卒業に際して金鯱軍岡田源三郎からも誘いを受けたが、進学を理由に断りを入れている[5]。大学同期の投手に林義一がいる。藤本の直球の球威からケガを防止するため、捕手は投球練習であってもレガースプロテクターを付けていたという[6]1940年に明治大学黄金時代のエース清水秀雄が中退して職業野球入りすると、藤本がエースとなり秋季リーグでは4勝無敗、防御率0.62を記録して優勝に貢献。1942年の春季リーグでも9勝1敗(うちノーヒットノーランを含む3完封)、さらには打撃でも.310でベストテンに入るなど一人気を吐いて、再び優勝に貢献した[7]。しかし、同年9月に文部省の措置により繰り上げ卒業となった。明治大学時代は通算34勝9敗(勝利数は六大学歴代10位、明大の投手としては現在も最多)を記録している[8]

現役時代(戦前)[編集]

大学卒業に当たって、東京巨人軍のほか朝日軍南海軍阪急から勧誘を受ける。下関商業の先輩である巨人軍の平山菊二の誘いを受けて巨人軍代表の市岡忠男と会って入団を決心し[9]、シーズン途中の9月25日に東京巨人軍へ入団。六大学随一の豪速球投手のプロ入りで、当時主将の水原茂が応召された直後ということもあり、9月27日の対大洋戦での初登板の際には読売新聞に先発予告が掲載されるなど大々的に宣伝され、当時の巨人主催試合の動員新記録(16,942名)を作った。しかし、この時の藤本は1ヶ月ほど練習ができておらず調子は最低で、野口明佐藤武夫本塁打を打たれて3点を失い、8回からはスタルヒンのリリーフを受けてようやく勝利投手となった。監督藤本定義によると、藤本が十分に調整をして臨んだら、当時の職業野球では到底打てるはずがなく、打てないとなると「なんだ職業野球は、六大学より弱いのか」と見られてしまう。そこで、職業野球の強さを見せておく必要があるため、藤本の調子が上がらないうちにデビューさせたという[10]。藤本は10日ほどたつと体調も万全となり、3試合目の登板となる10月6日の朝日軍戦で2勝目を完封で飾るとその後も閉幕まで勝ち続け、新人ながら無傷の10連勝を果たす。

2年目の1943年には、前年度26勝のスタルヒンが病気で、21勝の広瀬習一が応召でそれぞれ戦列を離れる中、藤本はエースとして孤軍奮闘する。まず、5月22日名古屋軍戦(後楽園)でノーヒットノーランを達成。また、夏場の7月16日から8月17日の1ヶ月間に8完封を含む11連勝を記録し、100イニングでわずか自責点2[11]、さらに8月1日から9月15日にかけて62イニング無失点と打者を圧倒した[12]。結局、シーズンではチーム84試合中の46試合に先発し、34勝、防御率0.73、253奪三振最多勝最優秀防御率最多奪三振三冠、さらに勝率.756で最高勝率を受賞し、19完封もリーグ1位で、1937年春の沢村栄治1938年秋のヴィクトル・スタルヒンに次ぐ日本プロ野球史上3人目の投手五冠を達成した。防御率0.73、19完封は現在も日本プロ野球記録として残っている。このシーズン藤本は投手として圧倒的な成績を残すが、最高殊勲選手はリーグで唯一の三割打者であった呉昌征が選ばれたため、惜しくも選に漏れた。なお、この年に結婚して中上家の婿養子となるが、選手としての登録名は「藤本英雄」のまま引退まで通している。

1944年は投手ながら3番を打ち、監督と主将も兼任。人員不足の戦中にあってチームを支えた。25歳での監督就任は日本プロ野球史上最年少記録であり、これは未だ更新されていない。選手は産業戦士として午前中は東芝府中工場で働き、午後は野球の練習を許されたが、グラウンドはどこも芋畑になっていて使えなかったため、時々ではあったが藤本のつてで代田橋にあった明治大学グラウンドを借りて練習していたという[13]。この状況の中で同年の春期シリーズでは、11勝3敗の勝率.786で阪神と同率首位となる。藤本は選手としても須田博(スタルヒン)の6勝に次ぐ5勝(2敗)、打率.320を記録して陣頭指揮でチームを牽引した。しかし、夏季シリーズでは国籍を理由に須田が出場できなくなり、負担がかかった藤本は調子を落として5勝6敗に終わる。チームも8勝11敗と負け越し、主力選手がほとんど残っていた阪神に優勝を掠われて巨人は7連覇を逃した[14]

現役時代(戦後)[編集]

1946年途中まで監督を兼任し、同年シーズン途中に中島治康が兼任監督として巨人に復帰したのを受けて選手専任に戻る。この年は近藤貞雄(23勝)に次ぐ21勝を挙げ、防御率2.11で再び最優秀防御率を獲得。しかし、藤本が巨人と再契約する時に受け取った5,000円の契約金について、球団代表・市岡忠男からの「シーズン後にまた返すから一旦返してほしい」の求めに応じて返還したが、シーズン後になっても返還されなかったことで球団に不信感を抱き、1947年中部日本ドラゴンズへ移籍する[15]。中日への移籍については、中島との監督交代に伴う感情問題が原因ともされる[16]。中日では17勝、防御率1.83(リーグ2位)を記録し、清水秀雄(23勝)・服部受弘(16勝)とともに中日の2位躍進の原動力となるが、シーズン後半にを故障してしまう。

1948年三原修総監督の要請で巨人に復帰するが、巨人は中部日本に対して6万円の移籍金を払ったともされる[17]。シーズン初めは主に外野手として出場。今度は足を故障し、投手へと戻らざるを得なくなった。幸い、外野手に転向している間に投球ができる程度に肩は回復。投手復帰に向けた練習をしていた頃、同じく肩を痛めて二軍にいた宇野光雄とキャッチボールをしていたところ、藤本の投げたボールがぱっと右へ切れたことを宇野が指摘[18]。これをきっかけに、ボブ・フェラーの投球術の本『ハウツウ・ピッチ』(あるいはハル・ニューハウザーの『ハウ・トゥ・ピッチング』)[19]を参考にしてスライダーを習得。肩の故障で球威は落ちたものの復活し、1949年にはラビットボール導入でリーグ全体の投手成績が悪化する中、リーグでただ一人防御率1点台(1.94)を記録。自身3度目の最優秀防御率のタイトルを獲得し、勝利数も24勝(リーグ2位)をあげるなど安定した成績を残した。

1950年6月28日西日本戦(青森)ではの食べ過ぎで腹痛を起こした多田文久三に代わって先発を務め、日本プロ野球史上初の完全試合を達成。藤本自身も前夜「青森での登板はないだろう」と判断して、函館から青森に移動する青函連絡船の中で徹夜マージャンに興じ、ほとんど睡眠をとらない状態で登板しての記録達成だった。しかし、この試合に新聞記者は4人いたがカメラマンがいなかったため、達成時の写真がないという華々しさが残らない結末となった(梅雨を避けての東北北海道遠征の最中で前日の函館での試合のあと、遠征に帯同していた記者たちのほとんどが東京に戻ってしまっていたという)[20]。当時中学生だった寺山修司がこの試合を観戦しており、バットボーイは少年時代のなかにし礼が務めた。この年も26勝(リーグ3位)、防御率2.44(同2位)の好成績を挙げる。

1951年は15勝、防御率3.13(リーグ10位)の成績だったが、23勝の松田清、21勝の別所毅彦を差し置いて、野手陣から推されて、南海ホークスとの日本シリーズ第一戦に先発登板する[21]。この試合で10安打を浴びながら要所を押さえて完封勝利すると、第5戦でも2失点で完投勝利を挙げて胴上げ投手となった。その後も、1952年は16勝6敗、防御率2.36(リーグ6位)、1953年は17勝6敗、防御率2.08(リーグ2位)と安定的な記録を残すなど、1949年から1953年までの5年間に毎年15勝以上を記録し、別所毅彦・大友工らとともに第二期黄金時代の巨人の投手陣を支えた。1954年に指のケガにより1勝に終わる[22]

1955年

1955年は開幕から戦列を離れていたが、唯一の登板となった10月11日広島戦(和歌山)で、先発の堀内庄の後を受けて試合中盤の5回から登板。向かい風を活かしたカーブで好投して1安打無失点に抑え、200勝を達成[23]。同年限りで現役を引退。

引退後[編集]

1956年は巨人の二軍監督に就任するが、あまりに規則が厳しくて選手が困ったという[24]1957年は一軍投手コーチに遷るが、日本シリーズ西鉄に敗れると、品川主計球団社長によって谷口五郎と共にコーチを解任された[25]

巨人退団後は明大の先輩である小西得郎の招聘[26]大和証券監督(1958年 - 1961年)を務め、1961年にはチームを都市対抗に導いた。当時大和証券の役員の一人が偶然にも藤本と同じ下関商業出身で、この話はスムーズに運ばれ、形としては小西総監督・中上監督体制となった[26]。チームでは後に明大で監督、総監督を務める別府隆彦[26]、1年目の小弓場保三田晃がプレーしていた。関東学院大学と対戦した際には青木宥明にノーヒットノーランに抑えられるが、藤本は「サイドからのシュートはプロ向きかな」と感じて古巣の巨人に紹介している[27]

その後は日本テレビ○曜ナイター」解説者[24]報知新聞評論家を務め、1968年には祖国・韓国を訪問。ソウル・釜山・大田大邱少年野球教室を開いたほか、韓国野球協会設立にも尽力し、野球の普及に務めた。

1973年には妻と共に[24]アメリカカリフォルニア州ロサンゼルスへ渡り、読売新聞ロサンゼルス支局駐在員に就任。事実上は巨人の米国担当スカウトとして活動し、スコアブックをつけながら、米国各地を回った。藤本がロサンゼルスで生活していた頃、子供達家族も夏休みになると、ロスで楽しい夏休みを過ごした[24]。英語の勉強をしながらフジテレビアメリカ大リーグ実況中継」解説者(1978年 - 1979年)も務め[24]パイレーツが1勝3敗からオリオールズに逆転で世界一となった1979年のワールドシリーズでは報知新聞に全7戦の評論を寄稿[28]。第1戦では「朝ホテルから外を見たらが積もっていた…」と現地から報告し、午後に雪交じりのが止んで試合が決行すると、気温3度の中で行われた試合の様子を伝えた[29]。原稿の締めでは「かつて日本人は内野守備がうまいといわれたが、守備範囲の広さなど、このシリーズを見ただけでもまだまだ差がある。確かにつまらぬミスも多い。またそこが楽しい」とメジャーの魅力を語った[28]1976年野球殿堂入り。

1997年4月26日午前1時22分、心筋梗塞のため東京都千代田区東京警察病院で死去[26]。78歳没。

選手としての特徴[編集]

非常にスタミナがあり、試合前の投球練習で少なくとも100球投げ、試合中は前半より後半、連投であれば前日より翌日の方が調子が良かった[30]

藤本とは巨人軍入団同期の青田昇が語ったところによると、「藤本英雄のスライダーは、投げてから手元でホップするところまではストレートと同じで、そこからスッと曲がった。後のプロ野球で藤本英雄と同じスライダーを投げたのは、稲尾和久伊藤智仁しかいない」という[31]

投手ながら打撃がよく、1944年打率.268を打って打撃成績9位に入ったほか、1950年に放った7本塁打は、2010年代に二刀流の大谷翔平が登場するまで、長く投手としての最多本塁打記録となっていた。日本シリーズでも19打数6安打で打率.316の記録を残している[23]。映画会社が「二死満塁のホームラン」懸賞を企画した際には、投手ながら野手を押しのけて本塁打を打ち、賞金を獲得した[32]

人物[編集]

二軍監督時代に知人の勧めでゴルフを始め、持前の練習熱心さを発揮して、めきめき上達しハンディーも5くらいになった[24]。藤本の影響で、2人の息子も学生時代に入っていた野球部を辞めて、大学でゴルフ部に入った[24]。家族で千葉カントリークラブのメンバーになり、娘も子育てが一段落してからゴルフを始めて、藤本親子でラウンドして楽しんだ[24]。晩年は、孫もゴルフ部であったため、3世代でラウンドできた[24]

麻雀も好きであったが、役満に対して平和で突っ張るなど、相手が大きな手を作れば作るほど立ち向かっているところがあり、下手ではないが、勝負には弱かった。1950年完全試合を達成した際に球団から5万円の賞金が出たが、全額が麻雀のつけとして川上哲治青田昇別所毅彦に取られてしまう。周囲は気の毒に思って、一時藤本をメンバーから外したところ、藤本は野球場へ移動する際に麻雀牌を1つユニフォームのポケットに入れて出かけるようになった。当時、麻雀牌を揃えることは簡単でなく、牌が1つ欠けるとゲームができなくなってしまったため、やむなく再び藤本がメンバーに加えられたという[33]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1942 巨人 14 12 9 4 2 10 0 -- -- 1.000 433 111.0 64 2 36 -- 0 53 0 0 15 10 0.81 0.90
1943 56 46 39 19 3 34 11 -- -- .756 1664 432.2 212 3 168 -- 1 253 9 0 57 35 0.73 0.88
1944 21 19 17 5 1 10 8 -- -- .556 693 169.2 132 3 62 -- 1 113 2 0 54 30 1.59 1.14
1946 31 25 21 9 1 21 6 -- -- .778 870 217.1 171 6 81 -- 0 83 1 0 63 51 2.11 1.16
1947 中日 35 31 27 4 1 17 15 -- -- .531 1062 275.0 220 7 52 -- 5 77 1 0 67 56 1.83 0.99
1948 巨人 22 12 9 0 1 8 5 -- -- .615 517 131.0 104 3 24 -- 3 51 2 1 33 25 1.72 0.98
1949 39 31 29 5 5 24 7 -- -- .774 1137 288.0 238 14 55 -- 6 137 1 0 72 62 1.94 1.02
1950 49 34 33 6 8 26 14 -- -- .650 1442 360.1 307 25 70 -- 2 156 1 0 117 98 2.44 1.05
1951 31 25 16 3 3 15 7 -- -- .682 822 206.1 189 7 41 -- 3 88 1 1 89 72 3.13 1.11
1952 34 25 14 5 3 16 6 -- -- .727 830 213.2 169 11 38 -- 2 89 0 0 68 56 2.36 0.97
1953 29 25 13 3 7 17 6 -- -- .739 777 198.2 166 9 30 -- 1 73 0 0 60 46 2.08 0.99
1954 5 5 0 0 0 1 2 -- -- .333 83 19.2 21 3 4 -- 1 4 0 0 15 13 5.85 1.27
1955 1 0 0 0 0 1 0 -- -- 1.000 16 5.0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0.00 0.20
通算:13年 367 290 227 63 35 200 87 -- -- .697 10346 2628.1 1994 93 661 0 25 1177 18 2 710 554 1.90 1.01
  • 各年度の太字はリーグ最高、赤太字はNPB記録(通算成績は2000投球回以上)

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1942 巨人 14 47 41 3 9 1 1 0 12 7 0 0 0 -- 6 -- 0 3 -- .220 .319 .293 .612
1943 63 200 183 11 34 5 0 0 39 12 5 2 3 -- 14 -- 0 10 -- .186 .244 .213 .457
1944 34 143 123 19 33 6 2 1 46 11 8 2 1 -- 19 -- 0 9 -- .268 .366 .374 .740
1946 52 140 126 15 29 6 2 1 42 19 2 1 0 -- 14 -- 0 12 -- .230 .307 .333 .640
1947 中日 61 141 127 14 32 3 0 1 38 11 3 2 1 -- 13 -- 0 11 -- .252 .321 .299 .621
1948 巨人 57 138 129 8 28 2 1 0 32 9 5 2 0 -- 8 -- 1 8 -- .217 .268 .248 .516
1949 52 139 116 20 33 6 1 3 50 19 2 1 7 -- 16 -- 0 12 -- .284 .371 .431 .802
1950 88 194 172 19 49 4 1 7 76 24 2 2 0 -- 22 -- 0 13 7 .285 .366 .442 .808
1951 55 104 88 9 25 3 1 0 30 18 1 0 2 -- 13 -- 1 10 4 .284 .382 .341 .723
1952 38 98 86 6 18 2 0 1 23 10 1 0 3 -- 9 -- 6 6 6 .209 .284 .267 .552
1953 29 83 74 9 21 4 0 1 28 11 0 0 6 -- 3 -- 0 8 5 .284 .312 .378 .690
1954 5 8 8 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 -- 0 1 0 .125 .125 .125 .250
1955 1 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
通算:13年 549 1437 1275 133 312 42 9 15 417 151 29 12 23 0 137 0 2 103 22 .245 .319 .327 .646

年度別監督成績[編集]

年度 チーム 順位 試合 勝利 敗戦 引分 勝率 ゲーム差 チーム
本塁打
チーム
打率
チーム
防御率
年齢
1944年 巨人 2位 35 19 14 2 .576 8 5 .236 1.92 26歳
1946年 2位 105 64 39 2 .621 1 24 .257 2.59 28歳

※1946年は6月10日限りで中島治康と交代

タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

  • 通算防御率:1.90 ※日本プロ野球記録(2000投球回以上)
  • 通算勝率:.697 ※日本プロ野球記録(2000投球回以上)
  • シーズン最高防御率:0.73(1943年) ※NPB記録
  • シーズン最多完封勝利:19(1943年) ※世界タイ記録(野口二郎と並ぶ)。ほかに2完封引き分けあり[34]
  • シーズン最多先発勝利:32(1943年) ※NPBタイ記録(須田博野口二郎と並ぶ)[35]
  • 新人最多連勝:10(1942年) ※1リーグ時代記録[36]
  • 投手五冠:1回 (1943年)※史上3人目[37]
  • 完全試合:1回(1950年6月28日、対西日本パイレーツ戦、青森市営野球場) ※史上初
  • ノーヒットノーラン:2回(1943年5月22日、対名古屋戦、後楽園球場、1950年6月28日:完全試合(上述)) ※史上11人目
  • 連続試合完封勝利:6(1943年8月2日 - 9月12日) ※ドン・ドライスデールと並ぶ世界タイ記録[38]
  • 連続イニング無失点:62(1943年8月1日 - 9月15日) ※1リーグ時代記録[39]
  • 完投試合最少投球数:75(1946年10月27日、対阪急軍戦)[40]
  • 2日連続完封勝利:2回 (1943年8月16日 - 17日、9月18日 - 19日) ※2回はNPB記録[41]
  • 投手のシーズン最多本塁打:7(1950年) ※セ・リーグ記録[42]。2014年に大谷翔平が10本塁打で更新
  • オールスターゲーム出場:2回(1951年、1953年)

背番号[編集]

  • 35 (1942年 - 1943年)
  • 23 (1946年)
  • 3 (1947年)
  • 17 (1948年 - 1956年)
  • 31(1957年)

注:1944年のシーズンは全6球団で背番号廃止

脚注[編集]

  1. ^ 殿堂入りリスト 中上英雄(なかがみひでお)|財団法人野球体育博物館
  2. ^ http://www.baseball-museum.or.jp/baseball_hallo/news/pdf/2015_do.pdf
  3. ^ 藤本英雄選手の残した偉大な記録とは?【球史に名を残した偉人達】(1/1)”. 【SPAIA】スパイア (2018年1月1日). 2019年12月7日閲覧。
  4. ^ 『巨人軍の男たち』87頁
  5. ^ 『魔球伝説-プロ野球不滅のヒーローたち』201頁
  6. ^ 『魔球伝説-プロ野球不滅のヒーローたち』202頁
  7. ^ 黄金時代と戦争時代 史上初の4連覇(12.13年)の偉業、18年に突如リーグ戦中止命令」『明治大学野球部公式サイト』
  8. ^ 『魔球伝説-プロ野球不滅のヒーローたち』205頁
  9. ^ 『魔球伝説-プロ野球不滅のヒーローたち』205頁
  10. ^ 『サムライ達のプロ野球』135頁
  11. ^ 『プロ野球記録大鑑』881頁
  12. ^ 『プロ野球記録大鑑』887頁
  13. ^ 『魔球伝説-プロ野球不滅のヒーローたち』217頁
  14. ^ 『宇佐美徹也の記録 巨人軍65年』48頁
  15. ^ 『完全試合』27-28頁
  16. ^ 『魔球伝説-プロ野球不滅のヒーローたち』208頁
  17. ^ 『日本プロ野球トレード大鑑』70頁
  18. ^ 『サムライ達のプロ野球』139頁
  19. ^ 『プロ野球記録大鑑』901頁
  20. ^ 『巨人軍5000勝の記憶』収録の6月29日付読売新聞参照
  21. ^ 『サムライ達のプロ野球』142頁
  22. ^ 『週刊ベースボール』2010年第13号(4月5日号)、ベースボール・マガジン社、32頁
  23. ^ a b 『日本プロ野球 歴代名選手名鑑』55頁
  24. ^ a b c d e f g h i PDFをダウンロードする - 野球殿堂博物館
  25. ^ 『ベースボールマガジン2020年9月号、東映フライヤーズ暴れん坊伝説 (ベースボールマガジン別冊夏祭号) 』ベースボール・マガジン社、54頁
  26. ^ a b c d 「完全試合第一号 中上英雄投手」別府隆彦
  27. ^ 【週ベ60周年記念企画110】『特集 巨人を支える二人の1年生〜堀本と青木 特別レポート 新監督三人男の功罪』【1960年5月18日増大号】
  28. ^ a b 蛭間豊章記者の「Baseball inside」 : 大谷7号は藤本英雄以来10勝投手最多タイ
  29. ^ 蛭間豊章記者の「Baseball inside」 : 野球殿堂記者投票への考察⑰(1975、76年度)規約改正で投票発表は年明けに変更。ために75年度は空白。76年は初の完全男と志ん生と縁の深かった慶大塾長を選出
  30. ^ 『報知グラフ 別冊 巨人軍栄光の40年』196頁
  31. ^ 『サムライ達のプロ野球』137頁
  32. ^ 『ジャイアンツ栄光の70年』44頁
  33. ^ 『サムライ達のプロ野球』143頁
  34. ^ 『プロ野球記録大鑑』848頁
  35. ^ 『プロ野球記録大鑑』825頁
  36. ^ 『プロ野球記録大鑑』834頁
  37. ^ 『プロ野球記録大鑑』888頁
  38. ^ 『プロ野球記録大鑑』850頁
  39. ^ 『プロ野球記録大鑑』887頁
  40. ^ 『プロ野球記録大鑑』286頁
  41. ^ 『プロ野球記録大鑑』891頁
  42. ^ 『プロ野球記録大鑑』489頁

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]