林和男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

林 和男(はやし かずお、1923年12月16日 - 2009年9月11日)は東京都調布市[1]出身の野球指導者。

経歴[編集]

早稲田大学では政経学部に所属し、同校の軟式野球の選手として活躍[1]。大学卒業後は建設会社へ入社し、野球を続けた[1]1964年リトルリーグ(小学生硬式野球)を日本に紹介。野球を国技とするアメリカ合衆国のように、日本の子供たちに硬式野球を広めたいとする思いから、産業経済新聞社フジテレビジョンなど、のちのフジサンケイグループと協力して、リトルリーグの普及に尽力する[2]

1965年、林の長男や友人らを中心として、リトルリーグのチーム「調布リトルリーグ(創設時は調布リトル野球チーム)」の創設に携わる。1967年には、「西東京リトルリーグ」チームとして、全日本リトルリーグ野球選手権大会の第1回大会に優勝し、その後行われた世界リトルリーグ選手権大会にも日本代表として参加し、リトルリーグ世界一を獲得した[2]

その後、リトルリーグ経験者が、高校野球まで硬式野球の競技のブランクを生じさせないようにするため、1970年に調布リトルシニアリーグ(中学生硬式野球)を立ち上げる[2]1976年の調布リトルリーグ2回目の世界選手権優勝時には、荒木大輔(のち早稲田実業ヤクルト)を育て上げる。

晩年は、2000年全日本リトル野球協会という、リトルリーグとリトルシニアリーグを統合した組織の発足にも尽力した[3]。2009年9月11日に心不全のため85歳で調布市の自宅にて死去[4]。同年10月5日に行われたお別れの会には王貞治大矢明彦江本孟紀若松勉らが参加。松坂大輔が弔電を寄せ、弔辞を教え子である荒木大輔が読んだ[1]。2015年野球殿堂特別表彰受賞。

出典[編集]

  1. ^ a b c d 全日本リトル野球協会会長・林和男さん
  2. ^ a b c 日本のリトルリーグ生みの親 殿堂入りの林和男さん”. 産経新聞 (2015年1月23日). 2015年1月24日閲覧。
  3. ^ 野球殿堂:初の選手会長経験者・古田氏ら選出 原氏は落選”. 毎日新聞 (2015年1月23日). 2015年1月24日閲覧。
  4. ^ 林和男氏死去/全日本リトル野球協会会長”. 四国新聞社 (2009年9月15日). 2015年1月24日閲覧。

外部リンク[編集]