外岡茂十郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

外岡 茂十郎(とのおか もじゅうろう、1898年3月25日 - 1986年8月27日)は、静岡県出身の法学博士

経歴[編集]

賀茂郡立中学豆陽学校から早稲田大学に進学し、1925年に早稲田大学教授に就任。

1942年から早稲田大学野球部部長と東京六大学野球連盟理事長を務め、1943年には出陣学徒壮行早慶戦を敢行している[1]

戦後はオール早慶戦の開催、1946年春の六大学野球再開を実現させ、12月に日本学生野球協会が結成されると副会長として30年間アマチュア野球の発展に尽力した[1]。 その後は中京大学へと移り、1975年まで法学部長を務めた。

1974年に「明治前期家族法資料」で日本学士院賞を受賞。1982年野球殿堂入り。1986年8月27日に88歳で死去した。

2008年に出陣学徒壮行早慶戦を映画化した『ラストゲーム 最後の早慶戦』では、彼をモデルとした外岡太一郎なる人物が登場し、宮川一朗太[2] が演じた。

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『野球殿堂 2012 The Baseball Hall of Fame』(2012年、ベースボール・マガジン社)、P.69
  2. ^ 宮川も、早大第一文学部を中退している。