生原昭宏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

生原 昭宏(いくはら あきひろ、通称・アイク生原1937年1月20日 - 1992年10月26日)は、日本の野球関係者。日米間の野球交流発展に尽力した。

来歴・人物[編集]

福岡県田川郡香春町出身。福岡県立田川高校から早稲田大学へ進学、野球部選手として活躍。卒業後は指導者の道を歩み亜大野球部監督に25歳で就任している。その後1965年ロサンゼルス・ドジャースウォルター・オマリーオーナーと親交のあった鈴木惣太郎の紹介により渡米。ドジャース傘下のマイナーチームの用具係からたたき上げでドジャースの職員となり、いつしか苗字か名前か不明であるがアイク(IKE)の愛称で呼ばれるようになる。

その後ウォルターの息子であるピーター・オマリーがオーナーに就任すると、生原は1982年からドジャース球団のオーナー補佐兼国際担当として、巨人中日ベロビーチキャンプ実現の便宜を図ったり、日本のプロ球団から送られてくる野球留学生の面倒を見るなど、アメリカにおける日本人選手の父親的存在として知られていた。1992年10月26日死去。55歳没。

1992年に生原が亡くなった際に日本で行われた葬儀に参列した山本昌(中日)は棺の前で泣き崩れ、同じく野球留学で生原の世話になった長嶋一茂ヤクルト、巨人)らに脇を抱えられなければ立ち上がれないほどだったという。山本は当時生原から「ストライクを投げろ」「上から投げろ」「カーブを磨くんだ」「低めに投げろ」「ボールは前でリリースしろ」「缶ビールは2本まで」と言われ、これを金言に32年間の現役生活を全うしている。

現在ドジャースはオマリー家の家族経営から離れてしまったが、生原はロサンゼルス郊外にあるオマリー家代々の墓の隣にある墓で眠っており、前述の山本は事あるごとに訪米して生原の墓参りを欠かさず行っている。日米の野球交流に多大な貢献をした功績が認められ、2002年、特別表彰にて野球殿堂入りした。

エピソード[編集]

非常にエネルギッシュな人物として知られていたようであり、山本が「いつ寝ているのか」と疑問に思うほどであった。一緒にランニングを行っていても当時20代であった山本が30分で付いて行けなくなるほどの健脚であり、そのペースでアイクは1時間30分から2時間は走っていたという。

肉を1切れ食べれば野菜をボウル1個分は食べたというほど健康に気を遣う人物でもあり、それだけにアイクが若くして病魔に蝕まれたことは山本に衝撃を与えた。

参考文献[編集]

ベースボール・マガジン社『133キロ怪速球』(山本昌、2009年) ISBN 978-4583101699 p124-130

関連項目[編集]

外部リンク[編集]