平松政次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
平松 政次
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 岡山県高梁市
生年月日 1947年9月19日(69歳)
身長
体重
176 cm
74 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1966年 第2次ドラフト2位
初出場 1967年8月16日
最終出場 1984年10月13日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

平松 政次(ひらまつ まさじ、1947年9月19日 - )は、岡山県高梁市出身のプロ野球選手投手)、野球解説者

カミソリシュート」の異名を取る、高速かつ凄まじい切れ味を誇るシュートを武器に、大洋ホエールズで18年間活躍した。愛称は「カミソリ平松」。風邪をよく引いたり故障が多かったことから「ガラスの平松(ガラスのエース)」とも。

経歴[編集]

3歳で父親と死別[1]

岡山県立岡山東商業高等学校時代の1964年湊山球場での秋季中国大会決勝で米子東に敗れたが、準優勝の成績を収め、翌1965年春の第37回選抜高等学校野球大会に出場。39イニング連続無失点の大会新記録を樹立し、決勝で藤田平のいた市和歌山商を、延長13回サヨナラ勝ちで降し優勝した。同年夏は県予選準決勝で倉敷商松岡弘、東中国大会決勝で関西高校森安敏明に投げ勝ち甲子園出場を決める。この大会では春夏連覇が期待されたが、1回戦で降雨ノーゲームによる再試合の末、日大二高に敗れた。

同年の第1回ドラフト会議中日ドラゴンズに4位指名を受けるが入団拒否。社会人野球日本石油に入社した。翌1966年第2回第2次ドラフト会議大洋ホエールズから2位指名を受けるが入団保留。このドラフト会議では巨人から1位指名の確約を受けていたが、巨人は槌田誠を指名した。巨人は競合した槌田の抽選に外れた場合、平松を指名する予定であったといわれている。1967年8月8日に行われた第38回都市対抗野球大会で優勝し橋戸賞を受賞。大会終了の2日後、大洋に入団[2]。なお、入団説得のために高校の先輩でもあり、当時の大洋の主力選手であった秋山登土井淳も平松の許に訪れた[3]

1年目は途中入団ということもあって3勝に終わる。内2勝が完封だったことから2年目期待されたが5勝12敗に終わり、当人はひそかに「俺のプロ野球生活は3,4年で終わりだな」と覚悟したという。3年目春のキャンプ、一軍選手が雨天のため体育館で練習をした際に、打席に立った近藤和彦から冷やかしで投げさせられたのが、「ちゃんと投げたのは初めて」というシュートであった。初めて投げたシュートは鋭く胸元に食い込み、驚いた一軍選手がコーチに報告してチャンスが到来した[4]

そして3年目の1969年に14勝をあげて頭角を現す。翌年の1970年は25勝をあげ[5]最多勝利投手のタイトルを獲得し、沢村賞を受賞。また、セ・リーグベストナインにも選出された。1971年も17勝で2年連続最多勝。12年連続2桁勝利をあげるなどエースとして低迷するチームを支えた。現役末期は怪我に泣き「ガラスのエース」と呼ばれたが、1983年に200勝を達成。甲子園優勝投手で、投手として名球会入りしたのは現在のところ平松だけである(王貞治柴田勲は打者として名球会入りしている)[6]

1984年限りで現役引退。リーグ優勝は経験できなかった(Aクラス経験はある)。同じ岡山県出身の星野仙一(中日)、松岡弘(ヤクルト)と共に、「打倒巨人」に燃え、巨人キラーとして活躍。彼の投げるシュートボールは「カミソリシュート」と呼ばれ、数多くの右打者バットを根元からへし折った。全盛期には、ど真ん中のボールが、右打者の体に当たるくらいまで変化したとまで言われている。

引退直後、近藤唯之が「あなたは巨人戦51勝、200勝も達成した。悔いはないでしょう。」と尋ねたところ、「自分は現役生活で1度も優勝できなかった。それに鈴木啓示はまだやっている(鈴木は同学年でライバルかつ親交があった)。2つも悔いがあるんですよ」と語っている[7]

また、投手としては打撃にも優れ、投手では歴代4位の通算25本塁打を記録した。ちなみに、漫画「巨人の星」にて大リーグボール3号を初めてヒットにした打者である。また、アニメがんばれ!!タブチくん!!安田猛からサヨナラホームランを打ったこともある。

引退後はフジテレビフジテレビONEプロ野球ニュース」などで司会を担当することもある)、ニッポン放送(2005年まで)、テレビ神奈川の野球解説者を務め、現在に至る。大洋や後身の横浜、DeNAの監督・コーチなどに就任することはなかったが、1998年に横浜が日本一になった時には我がことのように喜んでいた。また、2006年に発足したNPO法人横浜ベイスターズ・スポーツコミュニティの初代理事長に就任した。この団体はベイスターズが新日本石油株式会社と提携して、スポーツを通じて地域貢献を目指す法人である。平松がベイスターズ・日本石油野球部(現新日本石油ENEOS)双方のOBに当たる縁から就任要請を受けたものである。

2006年6月2日、横浜スタジアムの右翼外野部分に名球会入りした選手を称えるプレートが設置された。

2012年12月1日、ホエールズ ベイスターズOB会の会長に就任した。

シュートボール[編集]

平松の代名詞であるシュートだが、社会人時代に投げ方を教わっていたものの、本気で投げたことは無かった。アマチュア時代はカーブですら平松本人に言わせると「(完全な『カーブ』ではなく)カー」程度にしか曲がらず、投げる球種の大半がストレートだったが、それでも打者を打ち取れていたためシュートを投げる必要が無かったのである[8]。しかしプロ入り後、1969年春のキャンプで近藤和彦近藤昭仁に「こんな球しか投げられないのか」といったことを言われ、カッとなって、それまでまともに投げたことも無いシュートを全力で6球投げてみた。するとボールは平松自身も驚くほど鋭く打者に向かって変化、近藤和彦は腰を抜かしていたという。この時の6球でカミソリシュートが誕生したといい[9]、間もなく一軍に昇格しその後の活躍に至った。

シュートを投げる際の投球フォームはストレートと同じで、一瞬左肩を早く開いて右腕を遅らせる[10]。晩年に球威が落ちると腕を内側にねじる投げ方に変えたが、平松は全盛期の右腕を遅らせる投法を理想として後輩に教えている。しかしその感覚を他者に伝達するのは難しいらしく、教えてもなかなかモノにできないと嘆いている[10]

1974年7月9日の対巨人戦では、平松の投じたシュートが河埜和正の左手に当たってバックネットに転がりデッドボールかと思われたが、球審の平光清は「ストライクのコースに入った球を河埜が打ちに行き、グリップエンドに当たった」としてファールボールを宣告。この判定に激高した巨人の川上哲治監督が平光に執拗に突っかかった為、平光は川上に退場を宣告。これが川上の監督生活最初で最後の退場となった。

長年にわたって代名詞となったシュートボールであったが、後に平松は「できればシュートではなく、(アマチュア時代のように)ストレートとカーブで勝っていきたかった」と語っている。

巨人キラー[編集]

平松の巨人戦通算51勝は金田正一(65勝)に次ぐ歴代2位。ただし、金田は国鉄時代の通算353勝の1/5に満たない65勝なのに対し、平松は通算201勝の1/4以上を巨人から挙げている。また、金田は65勝72敗と負け越しているが平松は51勝47敗と勝ち越している。巨人戦30勝以上している投手で勝ち越しているのは平松と星野仙一川口和久だけであるが、星野、川口が巨人より勝ち星の多い対戦相手(いずれも阪神)があったのに対し、平松は巨人戦の勝利数が飛び抜けて多い(巨人の次に勝利数が多かったのは後述する中日で42勝)。

特に長嶋茂雄が最も苦手にしていた投手として知られている。長嶋と平松の通算対戦成績は181打数35安打8本塁打打率.193、三振33、内野ゴロ65(内併殺打7)で、25打数無安打の時期もあった。長嶋は平松の200勝達成記念パーティで「あの頃は寝てもさめても平松のシュートが頭から離れなかった」とコメントしている。

しかし長嶋と並ぶ巨人打線の中核であった左打者の王貞治に対しては苦手意識を持っており、最も多くのホームラン(25本)を打たれている。同時代に活躍したヤクルトの松岡や中日の星野も、同様に長嶋は抑えても王には(3割以上)打たれた。これは彼らの最盛期が長嶋の最晩年(72~74年、打率.266、.269、.244)に重なっているためである。

他のチームでは中日戦の対戦成績も42勝32敗と強く、中日キラーとも言える。

人物[編集]

現役時は短気で気が強い性格として知られた。

  • 若手時代にはエラーをしたベテランの江尻亮に対し砂を蹴飛ばしてチーム首脳陣から大目玉をくらった[11]
  • 1978年7月20日の対ヤクルト19回戦(横浜スタジアム)では、5-1でリードしていた3回表に4点を奪われて降板した際、土井淳ヘッドコーチの叱責に対する怒りのあまり、利き手である右手でベンチに設置されていた扇風機を叩き壊したことがある。当時の扇風機の羽根は金属製であったため大怪我をしても不思議ではなく、無傷で済んだのは幸運であった。本人も「一歩間違えば投手生命が終わっていたかも。無茶をやった」と述懐している[12]
  • ミスをした周囲に対して怒るのでコーチから「みんな懸命にやった結果なのだから変なプレーをしてもお前が助けろ」と諭されても、負けん気の強さから「俺は勝ちたいんだ! 変なプレーをして巨人に勝てるのか!」と反論したという[13]

松岡弘とは学校やチームが一緒になることは無かったが、同じ岡山県出身で同学年で投手同士、すなわち岡山時代からプロ球界に至るまでの長年のライバルであり、友人でもある。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1967 大洋 16 10 2 2 1 3 4 -- -- .429 291 70.1 66 13 14 1 3 42 2 1 31 28 3.60 1.14
1968 51 13 2 1 1 5 12 -- -- .294 531 120.1 119 14 54 0 7 77 4 0 71 57 4.28 1.44
1969 57 25 8 5 1 14 12 -- -- .538 991 245.2 215 24 56 4 14 157 3 1 78 70 2.56 1.10
1970 51 38 23 6 5 25 19 -- -- .568 1279 332.2 226 18 68 6 13 182 1 2 80 72 1.95 0.88
1971 43 32 11 3 1 17 13 -- -- .567 1112 279.0 211 18 82 5 10 153 3 2 78 69 2.23 1.05
1972 41 26 10 0 2 13 15 -- -- .464 998 243.2 211 32 84 8 11 118 4 0 111 93 3.43 1.21
1973 49 19 9 1 2 17 11 -- -- .607 842 207.2 180 15 56 8 4 110 0 0 78 70 3.03 1.14
1974 46 30 12 1 0 15 16 2 -- .484 1004 243.2 222 37 74 4 7 175 2 1 112 99 3.65 1.21
1975 28 22 9 1 0 12 10 2 -- .545 696 172.1 145 25 50 1 6 134 1 0 71 62 3.24 1.13
1976 41 35 16 2 1 13 17 2 -- .433 1089 260.1 227 40 95 7 9 170 0 0 121 110 3.81 1.24
1977 32 21 10 2 0 10 9 1 -- .526 723 166.0 182 25 50 3 6 105 2 0 75 73 3.96 1.40
1978 36 15 4 0 0 10 5 7 -- .667 622 146.2 142 18 49 3 7 83 1 0 73 64 3.92 1.30
1979 30 25 11 3 2 13 7 1 -- .650 784 196.0 155 20 50 4 6 138 4 0 58 52 2.39 1.05
1980 30 29 9 0 0 10 11 0 -- .476 855 199.1 227 26 57 4 6 107 1 1 108 95 4.30 1.42
1981 17 16 4 0 0 6 7 1 -- .462 464 110.2 109 9 31 2 3 70 1 0 45 43 3.49 1.27
1982 25 25 1 0 0 9 10 0 -- .474 603 140.1 150 15 31 1 5 83 1 0 65 62 3.99 1.29
1983 23 22 4 1 1 8 8 0 -- .500 577 131.0 136 14 53 4 1 83 2 0 67 57 3.92 1.44
1984 19 18 0 0 0 1 10 0 -- .091 430 95.0 114 11 36 2 2 58 0 1 63 60 5.68 1.58
通算:18年 635 421 145 28 17 201 196 16 -- .506 13891 3360.2 3037 374 990 67 120 2045 32 9 1385 1236 3.31 1.20
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
節目の記録
  • 100勝:1974年6月1日、対中日ドラゴンズ6回戦(札幌市円山球場)、7回表に2番手で救援登板・完了、3回1失点 ※史上61人目
  • 1000奪三振:1974年10月3日、対中日ドラゴンズ22回戦(中日スタヂアム)、5回裏に広瀬宰から ※史上50人目
  • 150勝:1978年6月3日、対中日ドラゴンズ10回戦(札幌市円山球場)、9回1失点完投勝利 ※史上30人目
  • 1500奪三振:1978年9月9日、対中日ドラゴンズ24回戦(横浜スタジアム)、7回表にフレッド・クハウルアから ※史上25人目
  • 500試合登板:1979年5月26日、対読売ジャイアンツ7回戦(石川県立野球場)、先発登板で7回4失点で勝利投手 ※史上38人目
  • 600試合登板:1983年6月23日、対阪神タイガース13回戦(阪神甲子園球場)、先発登板で2回2/3を9失点で敗戦投手
  • 200勝:1983年10月21日、対読売ジャイアンツ25回戦(後楽園球場)、先発登板で5回1/3を1失点完投勝利(雨天コールド) ※史上19人目
  • 2000奪三振:1984年5月10日、対広島東洋カープ5回戦(横浜スタジアム)、3回表に山根和夫から ※史上10人目
その他の記録
  • オールスターゲーム出場:8回(1969年 - 1974年、1976年、1980年)
  • 通算25本塁打(投手として歴代4位の記録)
  • 通算201勝(球団記録)
  • 通算145完投(球団記録)
  • 通算120与死球(セ・リーグ記録)

背番号[編集]

  • 3 (1967年)
    • 長嶋茂雄に憧れて野球を始めたこともあり、長嶋と同じ数字であった。日本では投手がほとんど付けない番号であり、非常に珍しい例である。
  • 27 (1968年 - 1984年)

関連情報[編集]

著書[編集]

[編集]

  • 六つの星(1976年5月1日発売、メインボーカルは細川たかし
王貞治山本浩二田淵幸一星野仙一松岡弘と共にバックコーラスを担当
  • 愛してヨコハマ
ソロ歌手としてのシングル盤
  • 夜明けまでヨコハマ
伍代夏子(当時の芸名は「加川有希」)とのデュエット曲

出演番組[編集]

フィクションでの登場[編集]

  • 漫画「巨人の星」 - 星飛雄馬の大リーグボール3号から最初に安打を奪った選手として描かれている。「投手なのでスイングがゆるく、バットに当たった」という理由だった。
  • 漫画・アニメ「野球狂の詩」-原作・アニメにも時折、登場していた。

脚注[編集]

  1. ^ 現役引退後に出演した資生堂「ヴィンテージ」CMより
  2. ^ 大洋と入団契約を交わした1967年8月10日は大洋の平松との交渉権が切れる当日でもあった。都市対抗野球大会の終了日がこの日以降になった場合、大洋が自動的に平松との交渉権を喪失することを意味した。平松は事前に大洋側に対して、大会の終了後に入団表明を行うとしていた(大会中にプロ入りを表明した場合、即座にアマチュア資格を剥奪されるため)。また当時「巨人が平松の大洋入団を阻止するために、大会終了後直ちに平松を雲隠れさせる」という噂が飛び交っており、そのため大洋の関係者達はひたすら8月10日までに大会が終了することのみを願っていたという(岡邦行『江川になれなかった男たち』p.91-92)。
  3. ^ フジテレビONE「プロ野球ここだけの話」2011年12月20日放送にて
  4. ^ テレビ愛知制作『プロ野球列伝』より。シュートボール項参照。
  5. ^ 1970年の25勝のうち、7勝(完封4・防御率1.50)が巨人戦での勝ち星だった。これは、チーム全体の巨人戦勝利数(14勝)の半分にあたる。平松はこのシーズンから、「カミソリシュート」にスライダーを組み合わせるようになった。なお、巨人監督の川上哲治はこの年のペナントレースを振り返って、「平松に抑えられなかったら、ウチはもっと楽に優勝できた(2位阪神とのゲーム差は2)。シュート・直球・スライダーの組み合わせには王も長嶋も手が出なかった。」という趣旨の発言をおこなっている(岡邦行『江川になれなかった男たち』p.92)。
  6. ^ 甲子園優勝投手で日本プロ野球通算200勝を記録した投手としては他に野口二郎(237勝)がいるが、野口は大正生まれのため名球会員ではなかった。また、日本プロ野球200勝以上の投手のうち、プロで現役としての優勝経験がないのは野口と平松だけである。
  7. ^ 近藤唯之『引退 そのドラマ』新潮文庫
  8. ^ 文春Numberビジュアル文庫「豪球列伝」文藝春秋社
  9. ^ 長嶋苦しめた平松の「カミソリシュート」 カーッとして誕生”. NEWSポストセブン (2015年1月23日). 2016年6月20日閲覧。
  10. ^ a b 「変化球握り大図鑑 シュート 平松政次」 『週刊ベースボール』2009年6月22日号、ベースボール・マガジン社、2009年、雑誌20444-6/22、10頁。
  11. ^ 村瀬秀信「4522敗の記録」135頁 双葉社 2013年
  12. ^ 文春Numberビジュアル文庫『暴れん坊列伝』文藝春秋
  13. ^ 村瀬秀信「4522敗の記録」136頁 双葉社 2013年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公式サイト