森岡二朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
森岡二朗の肖像写真

森岡 二朗(もりおか じろう、1886年5月1日 - 1950年12月20日)は、日本の内務警察官僚。官選県知事台湾総督府総務長官。

来歴・人物[編集]

森岡万平の二男として奈良県山辺郡丹波(現:天理市)で生まれる。郡山中学四高を経て、1911年7月、東京帝国大学法科大学法律学科(独法)を卒業。同年11月、文官高等試験に合格し内務省に入省。兵庫県警部に任官し警察部保安課に配属された。

1912年10月、兵庫県出石郡長に就任。以後、兵庫県理事官、同県警視青森県警察部長、神奈川県警察部長、警視庁刑事部長、警視庁官房主事京都府書記官・内務部長などを歴任。

1926年9月、島根県知事に就任し、さらに、青森県茨城県栃木県の各知事を歴任。1929年11月、朝鮮総督府に転じ、警務局長となる。1931年6月に退任し、同年12月、内務省警保局長に就任。1932年1月、桜田門事件により文官懲戒令懲戒処分(二ヶ月間年俸月割額十分の一減額)を受け、同年5月に退任した。

1936年職業野球旗揚げに際して大東京軍取締役社長に就任した[1]

1936年9月、小林躋造予備海軍大将台湾総督就任に伴い総務長官に登用された。1940年5月、小林総督の退任と共に辞任。

1941年3月、日本野球連盟会長に就任し、戦時下におけるプロ野球存続に尽力。1947年10月に公職追放となった。1950年12月20日死去。64歳没。1969年野球殿堂入りした。

脚注[編集]

  1. ^ 日本職業野球連盟公報 第1号 (PDF) 野球殿堂博物館デジタルアーカイブ

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本近現代人物履歴事典』東京大学出版会、2002年。
  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 上田正昭他『日本人名大辞典』講談社、2001年。


公職
先代:
浅利三朗
日本の旗 朝鮮総督府警務局長
第6代:1929年 - 1931年
次代:
池田清
先代:
平塚廣義
日本の旗 台湾総督府総務長官
第15代:1936年 - 1940年
次代:
斎藤樹