福島慎太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

福島 慎太郎(ふくしま しんたろう、1907年1月15日 - 1987年4月2日)は、日本の外交官、内閣官房次長。

経歴[編集]

東京都出身。東京帝国大学法学部卒。1930年外務省入りし、英語研修(米国)、フィリピン在勤などを経て1947年から内閣総理大臣秘書官1948年芦田内閣では内閣官房次長(現在の内閣官房副長官)に就任[1]

1949年9月に毎日オリオンズ(現在の千葉ロッテマリーンズ)の球団社長となり、1951年からはパシフィック・リーグ会長も兼ねて日本プロフェッショナル野球協約制定の中心役となった[1]

1953年7月から1955年12月まで調達庁(後の防衛施設庁)長官、国際連合総会政府代表、1956年ジャパンタイムズ社長、1966年共同通信社社長を歴任し、1981年にパ・リーグ会長代行として球界復帰[1]1983年にジャパン・タイムズを小笠原敏晶を譲り渡した[2]

1983年からパ・リーグ会長になるが1987年4月2日に在任のまま80歳で死去[1]

2000年野球殿堂入り。

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『野球殿堂 2012 The Baseball Hall of Fame』(2012年、ベースボール・マガジン社)、P.146
  2. ^ 小野寺優・ニフコ社長--自動車用にとどまらず、工業用ファスナーを軸として切り口増やしたい東洋経済、2010年04月26日
先代:
工藤信一良
パシフィック・リーグ会長
1981 - 1987
次代:
堀新助