水沢孝策

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

水沢 孝策(みずざわ こうさく、1890年明治23年)4月6日[1] - 1968年昭和43年))は、日本外交官。駐パナマ公使

経歴[編集]

新潟県出身。1917年大正6年)、東京帝国大学法学部政治科を卒業し、外交官及領事官試験に合格した[1]。外務属、領事官補、スペイン公使館三等書記官、ドイツ大使館三等書記官、ポーランド領事館領事ロサンゼルス領事、アメリカ合衆国大使館二等書記官、同一等書記官を歴任[2]1933年(昭和8年)、外務書記官・調査部第二課長となり、翌年には香港総領事に転じた[2]1937年(昭和12年)、ホノルル総領事に就任し、1939年(昭和14年)に駐パナマ公使に任命された[2]

1940年(昭和15年)に退官した後は、南洋拓殖株式会社顧問を務めた[3]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 帝国秘密探偵社編 『大衆人事録 第14版』 帝国秘密探偵社、1943年
  • 人事興信所編 『人事興信録 第13版(下)』 人事興信所、1941年
  • 人事興信所編 『人事興信録 第14版(下)』 人事興信所、1943年