堀新助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

堀 新助(ほり しんすけ、1919年3月31日 - 2013年9月28日)は、日本外交官イタリア大使などを務め、また、プロ野球パシフィック・リーグ(パシフィック野球連盟。以下、パ・リーグ)会長も務めた。長男は経営コンサルタントで(株)ドリームインキュベータ会長の堀紘一

概要[編集]

大阪府で繊維業を営む堀伊助の長男として生まれ、1942年(昭和17年)、東京帝国大学経済学部を卒業して外務省入省[1]。1950年イェール大学留学[2]

イギリスニュージーランドフィリピン米国での在外勤務、経済局東西通商課長、通商産業省参事官、イギリス大使館公使兼ロンドン総領事[3]1970年(昭和45年)バンクーバー総領事[4]、 文化事業部長などを務めるが、その間に岸信介内閣総理秘書官として安倍晋太郎と机を並べる。1975年(昭和50年)駐シンガポール大使、1978年(昭和53年)駐ポーランド大使、1982年(昭和57年)駐イタリア大使に就任して1985年(昭和60年)外務省を退官。

その後、顧問をした南海電気鉄道社長の川勝傳の推薦もあって1987年(昭和62年)から4年間パ・リーグ会長を務める。

2013年9月28日、老衰のため死去[5]。94歳没。


脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 「全国官公界名鑑」1985年 同盟通信社
  2. ^ 「国際紛争の多様化と法的処理」393頁、信山社
  3. ^ 「日本官界名鑑」1970年版 日本官界情報社
  4. ^ 堀新助『出身県別 現代人物事典 西日本版』p994 サン・データ・システム 1980年
  5. ^ 元パ・リーグ会長 堀新助氏死去 スポーツニッポン 2013年9月29日

著書[編集]

  • 『不思議な国イタリア』(サイマル出版会)
先代:
福島慎太郎
パシフィック・リーグ会長
1987年 - 1991年
次代:
原野和夫