橋本恕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

橋本 恕(はしもと ひろし、1926年大正15年)4月7日 - 2014年平成26年)4月6日)は、日本の外交官、駐中華人民共和国特命全権大使を歴任。徳島県鳴門市出身。

略歴[編集]

  • 1953年:東京大学法学部卒業後、外務省入省
  • 1953年:英語研修(在米国)
  • 1955年:在パキスタン大使館
  • 1958年:アジア局中国課
  • 1962年:在スイス大使館
  • 1965年:在ハンガリー大使館
  • 1966年:アジア局中国課首席事務官
  • 1968年:アジア局中国課長。1972年に日中国交正常化交渉を担当。
  • 1973年:在中華人民共和国大使館参事官
  • 1974年:在連合王国大使館参事官兼ロンドン総領事
  • 1977年:大臣官房領事移住部外務参事官
  • 1980年:大臣官房審議官
  • 1981年:情報文化局長
  • 1983年:アジア局長
  • 1984年:駐シンガポール大使
  • 1987年:駐エジプト大使
  • 1989年:駐中国大使
  • 1993年:退官
  • 2014年4月6日午前0時53分、老衰のため東京都港区の病院で死去。87歳没[1]

同期[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 橋本恕氏(元中国大使) 徳島新聞社 2014年4月8日

参考文献[編集]

  • 交詢社 第69版 『日本紳士録』 1986年