松田道一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松田 道一(まつだ みちかず[1]1876年明治9年)3月14日[2] - 1946年昭和21年)1月20日[3])は、日本外交官。駐イタリア大使、駐オランダ公使法学博士

経歴[編集]

判事弁護士松田道夫の長男として東京府に生まれる[4]1900年(明治33年)に東京帝国大学法科大学法律科を卒業し、翌年に高等文官試験に合格し、また判事検事登用試験にも合格して検事となった[4]1902年(明治35年)、外務省参事官に転じ、翻訳官を経て、ベルギー公使館三等書記官を務めた[4]1913年大正2年)、外務省政務局第二課長となり、通商局長事務取扱、条約局長、国際連盟帝国事務局長・フランス大使館参事官を歴任した。1925年(大正14年)、駐オランダ公使となり、翌年に駐イタリア大使に転じた[4]1930年(昭和5年)より外務書記官・条約局長を務めた[4]

退官後は宮内省御用掛となった[4]。その他、日伊協会理事長・副会長を務めた。

脚注[編集]

  1. ^ 人事興信録 第14版(下) 1943.
  2. ^ 人事興信録 第5版 1918.
  3. ^ 戦前期官僚制研究会編『戦前期日本官僚制の制度・組織・人事』東京大学出版会、1981年。
  4. ^ a b c d e f 人事興信録 第11版(下) 1937.

参考文献[編集]

  • 人事興信所編 『人事興信録 第5版』 人事興信所、1918年
  • 帝国秘密探偵社編 『大衆人事録 第3版』 帝国秘密探偵社、1930年
  • 人事興信所編 『人事興信録 第11版(下)』 人事興信所、1937年
  • 人事興信所編 『人事興信録 第14版(下)』 人事興信所、1943年