秋葉剛男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

秋葉 剛男(あきば たけお、1958年12月19日[1] - )は、日本外交官外務省総合外交政策局長、外務審議官(政務担当)などを経て、2018年平成30年)1月19日から外務事務次官[2]

経歴・人物[編集]

神奈川県出身。栄光学園中学校・高等学校卒業。1981年昭和56年)10月東京大学法学部在学中に外務公務員採用上級試験に合格する。1982年(昭和57年)東大法学部を卒業して、外務省に入省した。国際法課長、中国・モンゴル課長を経て、2012年北米局兼アジア大洋州局審議官、2014年国際法局長、2015年総合外交政策局長を経て、2016年平成28年)6月7日から外務審議官(政務担当)[3][4]。2018年外務事務次官。早くから外務事務次官候補と目され、外務審議官としては、北方領土の共同経済活動に関する日露次官級協議などを担当した[4]

同期[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2017年版』(読売新聞東京本社、2017年)p.217
  2. ^ 外務省 杉山晋輔・前外務次官が「開放感」毎日新聞
  3. ^ (日本語) “外務審議官に秋葉氏”. 日本経済新聞. (2016年6月7日). https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS07H5M_X00C16A6PP8000/ 2017年12月24日閲覧。 
  4. ^ a b (日本語) “杉山氏を駐米大使へ 後任外務次官に秋葉氏”. 毎日新聞. (2017年12月23日). https://mainichi.jp/articles/20171224/k00/00m/010/060000c 2017年12月24日閲覧。