秋葉剛男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

秋葉 剛男(あきば たけお、1958年12月19日[1] - )は、日本外交官外務省総合外交政策局長、外務審議官(政務担当)などを経て、2018年平成30年)1月19日から外務事務次官[2]

経歴・人物[編集]

神奈川県出身。栄光学園中学校・高等学校卒業。1981年昭和56年)10月東京大学法学部在学中に外務公務員採用上級試験に合格する。

1982年(昭和57年)東大法学部を卒業して、外務省に入省した。国際法課長、中国・モンゴル課長を経て、2012年(平成24年)北米局兼アジア大洋州局審議官、2014年(平成26年)国際法局長、2015年(平成27年)総合外交政策局長を経て、2016年平成28年)6月7日から外務審議官(政務担当)[3][4]

2018年(平成30年)外務事務次官。早期から外務事務次官候補と目され、外務審議官としては、北方領土の共同経済活動に関する日露次官級協議などを担当した[4]

2019年(令和元年)5月28日の川崎市登戸通り魔事件(被害者2人死亡、18人負傷)で外務事務官の男性が殺害された際は、河相周夫上皇侍従長(元外務事務次官等)を通じて上皇明仁上皇后美智子夫妻から同被害者の妻に対する弔意を伝えられた[5][6][7]

同期[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2017年版』(読売新聞東京本社、2017年)p.217
  2. ^ 外務省 杉山晋輔・前外務次官が「開放感」毎日新聞
  3. ^ (日本語) “外務審議官に秋葉氏”. 日本経済新聞. (2016年6月7日). https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS07H5M_X00C16A6PP8000/ 2017年12月24日閲覧。 
  4. ^ a b (日本語) “杉山氏を駐米大使へ 後任外務次官に秋葉氏”. 毎日新聞. (2017年12月23日). https://mainichi.jp/articles/20171224/k00/00m/010/060000c 2017年12月24日閲覧。 
  5. ^ 川崎殺傷:犠牲のKさん、上皇ご夫妻弔意 在位中に通訳” (日本語). 毎日新聞 (2019年5月30日). 2019年5月30日閲覧。
  6. ^ 「上皇ご夫妻がXXへ弔意 ミャンマー通訳を4回」朝日新聞デジタル2019年5月30日11時26分
  7. ^ 「上皇ご夫妻が弔意 川崎殺傷、犠牲者妻に 過去に通訳」日本経済新聞2019/5/30 11:47