内閣顧問

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

内閣顧問(ないかく こもん)は、内閣総理大臣の諮問機関。以下の3種がある。

  1. 内閣顧問 - 明治初期の太政官に置かれた官職
  2. 内閣顧問 - 昭和太平洋戦争時に内閣に置かれた官職
  3. 内閣特別顧問 - 平成になって内閣官房に置かれた官職

明治の内閣顧問[編集]

太政官に設置された、機密事項に参与する非常設の官職。ここでいう「内閣」とは、太政大臣左大臣右大臣参議の合議体のことを指した。ただし実態は、政府中枢と対立した重要人物を野に下らせないよう、一時的に宛がった官職だった。

昭和の内閣顧問[編集]

1943年(昭和18年)3月17日東条内閣において内閣顧問臨時設置制(昭和18年勅令第134号)が制定され、「大東亞戰爭ニ際シ重要軍事物資ノ生產擴充ソノ他戰時經濟ノ運營ニ關スル內閣總理大臣ノ政務施行ノ樞機ニ參セシムル」ため、従来の内閣参議を廃止して内閣顧問が親任官として置かれた。同年10月18日鈴木貞一藤原銀次郎結城豊太郎山下亀三郎財界を中心に7名が任命された。

1944年(昭和19年)10月27日小磯内閣のときに改めて内閣顧問臨時設置制(昭和19年勅令第604号)が制定され、その定義も「大東亞戰爭ニ際シ內閣總理大臣ノ國政運營ノ樞機ニ參セシムル」ためのものと改められた。施行日の翌28日、有田八郎小泉信三正力松太郎小泉又次郎ら各界から12名が任命された。

1945年(昭和20年)4月26日鈴木貫太郎内閣は来るべき本土決戦準備の推進のために、浅野良三藤山愛一郎千石興太郎岩田宙造ら各界から10名を任命した。

しかし終戦直後に発足した東久邇宮内閣以後は内閣顧問が置かれず、1947年(昭和22年)5月3日第1次吉田内閣のときに内閣官制の廃止等に関する政令(昭和22年政令第4号)が制定されたことにより廃止された。

平成の内閣特別顧問[編集]

内閣官房に置かれ、内閣総理大臣の諮問に応じて、助言などを行う。内閣官房参与より上に位置し、通常1人。

関連項目[編集]