有田八郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ありた はちろう
有田 八郎
Hachirō Arita 2.jpg
1936年 – 1940年(昭和11年 - 15年)頃
生年月日 1884年9月21日
出生地 日本の旗 日本 新潟県佐渡郡真野村(現・佐渡市真野)
没年月日 1965年3月4日
死没地 日本の旗 日本 東京都
出身校 東京帝国大学法科大学独法科
配偶者 ヤス
親族 山本悌二郎(兄)

内閣 広田内閣
第一次近衛改造内閣
平沼内閣
米内内閣
在任期間 1936年 - 1937年
1938年 - 1939年
1940年 - 1940年
テンプレートを表示

有田 八郎(ありた はちろう、1884年明治17年)9月21日 - 1965年昭和40年)3月4日[1])は、日本外交官政治家貴族院議員(勅選)、衆議院議員。号は澤農。旧姓山本[1]新潟県平民[2]

来歴[編集]

新潟県佐渡郡真野村(現・佐渡市真野)出身。山本家に生まれ、有田家の養子となった。早稲田中学校第一高等学校を経て、1909年(明治42年)東京帝国大学法科大学独法科卒業、外務省入省[3][4]

外務省ではアジア局長、オーストリア公使、外務次官、ベルギー大使、中国大使などをつとめる[3]。1936年(昭和11年)、広田内閣外務大臣[3]として初入閣。1938年(昭和13年)に貴族院議員に勅撰[1]。同年の第1次近衛改造内閣、1939年(昭和14年)の平沼内閣、1940年(昭和15年)の米内内閣でそれぞれ外相を務める[3]

1946年(昭和21年)に公職追放[5]。追放解除後の1953年(昭和28年)、第26回衆議院議員総選挙に際し故郷の旧新潟1区から革新系無所属として立候補し当選。のち、会派「小会派クラブ」に所属した[1]。1955年(昭和30年)、東京都知事選挙に革新統一候補(日本社会党推薦)として立候補したが落選。1959年(昭和34年)、都知事選に再び革新統一候補として挑戦するが落選。これを機に政界を引退した[1]

1961年(昭和36年)、自身の再婚と離婚(後述)の事情を誇張的に書き立てられ不安を覚えたとして、有田をモデルにしたとされる小説『宴のあと』を執筆した三島由紀夫および当時の単行本出版社を「プライバシー侵害」に当たるとして告訴(『宴のあと』裁判参照)し、公判中に死去した。事件は有田の死後和解した。

政策[編集]

戦前は「欧米協調派」に対する「アジア派」の外交官として知られ、1936年(昭和11年)の広田内閣時代に何度も蔣介石の国民政府との防共協定を提案しており、近衛内閣時代に「東亜新秩序建設」を推進した[1]日独防共協定を締結した[1]が、日独伊同盟の締結には最後まで反対した[3]

追放解除後は革新陣営に属し、日本の再軍備に反対した。

人物[編集]

昭和28年(1953年)
多磨霊園にある有田八郎の墓

1953年(昭和28年)、有田は東京・白金台の料亭般若苑」の経営者・畔上輝井(あぜがみ てるい、1906年 – 1989年[6])と再婚。1959年(昭和34年)に有田が都知事選に出馬すると、畔上は料亭を閉めて有田を支援。料亭を担保に選挙資金を得ようと五島慶太との間で話がまとまりそうになったが、岸信介首相の圧力で白紙になった。落選後、選挙運動のために莫大な借金ができ、有田は椎名町の広大な土地と自宅を売却した。一方畔上が料亭再開のための資金援助を吉田茂に頼んだことで、夫婦は揉め[7]、1955年(昭和30年)に離婚した。

1961年(昭和36年)、三島由紀夫の小説『宴のあと』が有田と元妻の以上の事情をモデルとしているのは明らかであり、プライバシー侵害に当たるとして訴えた[8]。本裁判は、日本初のプライバシー侵害裁判として話題になり、「プライバシー」の語が知られるきっかけになった。

栄典[編集]

位階
勲章
外国勲章佩用允許

家族・親族[編集]

山本家[編集]

新潟県佐渡郡真野村(現・佐渡市真野)

有田家[編集]

東京都新宿区下落合[13]

著書[編集]

  • 『人の目の塵を見る — 外交問題回顧録』 大日本雄弁会講談社、1948年
  • 『私の見る再軍備』 朝日新聞社、1952年
  • 『どうする? 日本の再軍備』 憲法擁護国民連合、1954年
  • 『これからの東京 — 都政改革への私見』 日本社会党出版部、1958年
  • 『馬鹿八と人はいう — 一外交官の回想』 光和堂、1959年

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g 有田八郎』 - コトバンク
    有田 八郎』 - コトバンク
  2. ^ a b 『人事興信録. 7版』(大正14年)あ三一
  3. ^ a b c d e f 新訂 政治家人名事典 明治~昭和』30頁
  4. ^ 上田正昭、津田秀夫、永原慶二、藤井松一、藤原彰、『コンサイス日本人名辞典 第5版』、株式会社三省堂、2009年 63頁。
  5. ^ 『朝日新聞』1946年2月10日一面
  6. ^ 畔上輝井』 - コトバンク
  7. ^ 和田ゆたか著『割烹料亭般若苑マダム物語』太陽出版社 1958年
  8. ^ http://www.cc.kyoto-su.ac.jp/~suga/hanrei/10-1.html
  9. ^ 『官報』第1915号「叙任及辞令」1933年5月23日。
  10. ^ 『官報』第2431号「授爵・叙任及辞令」1920年9月8日。
  11. ^ 『官報』第4038号「叙任及辞令」1926年2月12日。
  12. ^ 『官報』第4106号「叙任及辞令」1940年9月11日。
  13. ^ 第廿一版 人事興信録 』昭和36年(1961年)、あ一二四
  14. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 『人事興信録. 第14版』(1943年)上ア一四〇

参考文献[編集]

  • 新訂 政治家人名事典 明治~昭和』(2003年、編集・発行 - 日外アソシエーツ)30頁

外部リンク[編集]

公職
先代:
広田弘毅
近衛文麿
野村吉三郎
日本の旗 外務大臣
第52代:1936 - 1937年
第58・59代:1938 - 1939年
第62代:1940年
次代:
林銑十郎
阿部信行
松岡洋右
先代:
永井松三
日本の旗 外務次官
1932年 - 1933年
次代:
重光葵