阿部守太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
阿部守太郎

阿部 守太郎(あべ もりたろう、明治5年11月10日[1]1872年12月10日) - 大正2年(1913年9月6日[2])は、日本の外交官外務省政務局長。

経歴[編集]

大分県下毛郡桜洲村(現在の中津市)出身[1]第三高等中学校を経て、1896年明治29年)に東京帝国大学法科大学政治科を卒業した[1]。同年、高等文官試験に合格し、大蔵属として主計局、理財局、主税局に勤務した[1]。翌1897年(明治30年)、外務書記官に転じ、通商局第二課長心得となった[1]1899年(明治32年)、参事官に昇進し、翌年からは加藤高明外務大臣の秘書官も兼任した[1]1901年(明治34年)、イギリス公使館二等書記官となり、1905年(明治38年)からは清国公使館一等書記官を務めた[1]1909年(明治42年)、再び外務省参事官となり、1912年(明治45年)には政務局長に任命された[1]

1913年第二革命が勃発していた中華民国で、北京政府軍が9月1日南京を占領した際に、日本人が惨殺された[2]。外務省の姿勢を軟弱として批判が高まるなか、9月5日、阿部は岡田満・宮本千代吉の2名によって刺され、翌6日に死去した[2]。同日、阿部は駐ベルギー特命全権公使に任ぜられた[3]

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 『大分県人士録』pp.266-268
  2. ^ a b c 『回顧八十年史 第16輯』
  3. ^ 『官報』第334号、大正2年9月8日。
  4. ^ 『官報』第5848号「叙任及辞令」1902年12月29日。
  5. ^ 『官報』第8454号「叙任及辞令」1911年8月25日。

参考文献[編集]

  • 佐藤巌『大分県人士録』大分県人士録発行所、1914年。
  • 『幕末・明治・大正 回顧八十年史 第16輯』東洋文化協会、1935年。