横田淳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

横田 淳(よこた じゅん、1947年昭和22年)6月26日[1] - )は、日本外交官外務省文化交流部長を経て、イスラエル駐箚特命全権大使ベルギー駐箚特命全権大使、国際貿易・経済担当大使、イラク復興支援等調整担当大使などを歴任した。

経歴・人物[編集]

1971年昭和46年)東京大学法学部三類を中退して、外務省に入省した。1991年平成3年)外務省経済協力局技術協力課長1994年平成6年)在シンガポール日本国大使館参事官1997年平成9年)在ジュネーブ日本政府代表部公使1998年平成10年)外務省大臣官房審議官経済局2001年平成13年)外務省文化交流部長、2002年平成14年)香港総領事などを経て、2004年平成16年)イスラエル駐箚特命全権大使2006年(平成18年)国際貿易・経済担当大使[2][3]2009年(平成21年)ベルギー駐箚特命全権大使。2012年平成20年)10月9日から経済外交担当大使[4]。イラク復興支援等調整担当大使、日本・EU経済連携協定交渉担当日本政府代表を兼務。2014年(平成26年)1月25日、退任[5]。同年3月13日富士通社外取締役候補に選出されたことが発表された。同年6月就任。同月一般社団法人日本経済団体連合会経団連会長特別アドバイザー就任[6][7][8]。 

同期[編集]

脚注[編集]

  1. ^ (日本語) 代表取締役の異動および取締役・監査役人事について”. 富士通 (2014年3月13日). 2014年6月29日閲覧。
  2. ^ (日本語) 「WTOとEPA」セミナー ― 登壇者プロフィール ― ”. 外務省. 2014年6月29日閲覧。
  3. ^ (日本語) EPAシンポジウム 登壇者プロフィール ”. 外務省. 2014年6月29日閲覧。
  4. ^ (日本語) 人事、外務省 ”. 日本経済新聞 Nikkei.com (2012年10月9日). 2014年6月29日閲覧。
  5. ^ (日本語) 外務省人事(24日付)”. 朝日新聞 (2014年1月25日). 2014年6月29日閲覧。
  6. ^ (日本語) 代表取締役の異動および取締役・監査役人事について”. 富士通 (2014年3月13日). 2014年6月29日閲覧。
  7. ^ 「横田 淳 Jun Yokota」富士通
  8. ^ [1]

外部リンク[編集]

先代:
林梓
外務省文化交流部長
2001年 - 2002年
次代:
糠沢和夫