湯川盛夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

湯川 盛夫(ゆかわ もりお、1908年2月23日 - 1988年3月16日)は日本外交官

略歴・人物[編集]

石川県出身。湯川宗理の子。

旧制室蘭中学第一高等学校を経て、1933年3月、東京帝国大学法学部卒業。大学在学中の1932年10月、高等試験外交科及び行政科試験に合格[1]

卒業後ただちに外務省に入省し[1]、生涯を通じて主に外交官として過ごした。主に経済・通商関係部局に勤務することが多く、その他、商工省企画院経済安定本部等への出向も経験している。

1951年には国際経済局長(のち改組により経済局長)に着任、1952年に一旦在フランス大使館参事官としての海外勤務を経て、1954年から本省に戻って国際協力局長を務め、及び1955年には再び経済局長に就いた。

1957年には駐フィリピン特命全権大使として派遣された。1961年に本省に戻り官房長を務めた後、1963年から駐ベルギー特命全権大使に就任した。1968年には駐特命全権大使に転じ、1972年までその任にあった。

同年に外務省を退官後、翌1973年から1979年まで、宮内庁式部官長を務めた。

なお、第二次世界大戦中には、海軍司政官の経験がある。

同期[編集]

  • 青木盛夫(駐ジュネーブ国際機関日本政府代表部大使・駐南ベトナム大使)
  • 伊吹幸隆
  • 糸賀篤 
  • 稲垣太郎
  • 牛場信彦(対外経済担当大臣、70年駐米大使・67年外務事務次官・外務審議官・61年駐カナダ大使)
  • 小川清四郎(65年駐バチカン大使)
  • 甲斐文比古(70年駐西独大使・67年駐オーストラリア大使・64年駐マレーシア大使)
  • 勝野康助(66年駐ポルトガル大使・62年駐ノルウェー大使・60年駐セイロン大使・58年法務省入国管理局長)
  • 黒田音四郎(63年駐レバノン大使兼ヨルダン大使・60年駐ギリシャ大使・57年駐パラグアイ全権公使)
  • 田中三夫
  • 千葉皓(67年駐ブラジル大使・65年駐オーストラリア大使・60年駐イラン大使・57年駐メキシコ大使)
  • 寺岡洪平(58年駐イラン大使・57年駐ペルー大使)
  • 中川融(70年国連大使・65年駐ソ連大使・64年駐イタリア大使・60年外務省条約局長・53年外務省アジア局長)
  • 林馨(60年駐メキシコ大使・58年駐マレーシア大使)
  • 箕輪三郎

脚注[編集]

  1. ^ a b 文官高等試験合格者一覧