正木靖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

正木 靖(まさき やすし)は、日本外交官外務省欧州局長。

経歴・人物[編集]

東京都出身。1984年東大法中退、外務省入省[1]国際法局経済社会条約官[2]領事局在外公館課長[3]、国際法局国際法課長、在フランス日本国大使館公使[1]、外務省経済局参事官を経て[4]、2014年大臣官房審議官(総括担当)。2017年から欧州局長を務め[1]ロシアとの北方領土での共同経済活動に向けた日露局長級会合などにあたった[5]

同期[編集]


脚注[編集]

  1. ^ a b c 外務省欧州局長に正木氏 日本経済新聞2017/1/20 11:55日本経済新聞
  2. ^ 国際法協会日本支部 2004年度後期理事会議事録国際法協会日本支部2004年
  3. ^ 「第4回 辻調アキバ塾公邸料理人0113」UDX2009年
  4. ^ 第1回「日本産酒類の輸出促進連絡会議」議事要旨 首相官邸2013年
  5. ^ 日露局長級会合 北方領土経済活動で「良い議論できた」毎日新聞2018年6月30日