小寺次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

小寺 次郎(こでら じろう、1953年6月28日 - )は、日本の外交官国連大使外務省欧州局長、駐サウジアラビア特命全権大使等を務めた。

来歴・人物[ソースを編集]

北海道出身。東京教育大学附属駒場高等学校(現筑波大学附属駒場高等学校)を経て、1977年に一橋大学経済学部を卒業し、外務省入省。外務大臣秘書官等を経て、1999年篠田研次の後任としてロシア課長に就任。

北方領土問題では「四島一括返還論」の主張者で、外務省に大きな影響力のあった鈴木宗男衆議院議員(のちに賄賂罪懲役)らが唱えた「二島先行返還論」に抵抗したため、2001年に鈴木の意を受けた東郷和彦欧州局長(後に大使免官)の意向で欧州局ロシア課長を解職され、駐イギリス公使への転出が決まり5月7日に渡英した。しかし直後に田中真紀子外務大臣により人事が凍結、機内で帰国命令を受け、ロンドン・ヒースロー空港に到着した5月8日に現地の大使館員から帰路のチケットを受け取り帰国。外相から「引き続きロシア課長をやってほしい」と要請され、5月10日深夜にロシア課長へ復帰する人事が発令された[1]

その後オーストラリア公使を経て、2006年から2008年まで国連大使。2008年に本省に戻り国際情報統括官就任。2009年には赤坂御用地の東宮仮御所で皇太子徳仁親王及び皇太子徳仁親王妃雅子に、国際情勢についての進講を行った[2]。2010年外務省欧州局長。その後駐サウジアラビア特命全権大使等を務めたが、体調不良により2015年退官。

経歴[ソースを編集]

同期[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

  1. ^ 読売新聞2002年4月1日16:58、鈴木宗男佐藤優『反省』
  2. ^ 産経新聞2009年6月27日
  3. ^ 秋元優里秋元玲奈の父で、生田竜聖の義父にあたる