茂田宏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

茂田 宏(しげた ひろし、1942年昭和17年)6月13日[1] - )は、日本外交官1999年から2002年までイスラエル駐箚特命全権大使

経歴・人物[編集]

1942年(昭和17年)朝鮮生まれ。1965年(昭和40年)東京大学中退、外務省に入省する。ハーバード大学留学を経て、1967年度には、外務省在ソ連邦日本国大使館とソ連邦対外文化連絡国家委員会の合意に基づき、松井啓及び宮鍋幟らとモスクワ大学派遣研究員を務めた[2]

外務省欧亜局ソヴィエト連邦課長、1992年平成4年)駐公使1996年(平成8年)外務省国際情報局長、総理府国際平和協力本部事務局長を経て、1999年(平成11年)8月、駐イスラエル大使。2002年から2004年まで、テロ対策担当大使も務めた[3]。退官後は、東京大学拓殖大学同志社女子大学で客員教授として活動するかたわら、2006年(平成18年)7月、日本財団特別顧問、2007年(平成19年)10月1日から2013年(平成25年)まで、北方領土問題対策協会理事(非常勤)なども務めている[4]

2017年(平成29年)秋の叙勲で瑞宝中綬章を受章。

岡崎久彦亡き後の岡崎研究所の運営を引き受けている[5]

同期[編集]

著作[編集]

編著[編集]

翻訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.192
  2. ^ 「国際文化交流の現状 」外務省
  3. ^ (日本語) 慶應義塾大学出版会”. 慶應義塾大学出版会. 2014年3月27日閲覧。
  4. ^ (日本語) 平成19年10月1日時点における役員名簿”. 北方領土問題対策協会. 2014年3月27日閲覧。
  5. ^ 所長紹介 NPO岡崎研究所

外部リンク[編集]