高野紀元

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高野 紀元(たかの としゆき、1944年2月 - )は、東洋大学理事、日本郵便監査役伊藤忠商事顧問[1]。日本の外交官

略歴[編集]

その他[編集]

2005年2月23日、テレビ朝日ソウル支局の韓国人記者が、外信記者クラブで『竹島の日』条例をどう思うかと質問した。高野は「そういう問題が起きているのは知っている」とし、「竹島は日本領」「この問題が日韓関係全般に悪影響を与えないことを望む」と解答した。韓国では「竹島は日本領」の部分のみが切り出されて報じられ、反発を呼び、ついには駐韓公使を呼び出しての「厳重抗議」に至った。また、この発言を受けて、ソウルの日本大使館前で各市民団体が合同で反日集会を開催し、他の団体が、深夜デモ、断指、高野大使の顔が書かれた旗を燃やす、「日本は歴史歪曲を即刻中断しろ」と描かれた紙飛行機30個を日本大使館の中に投げ入れる、高野の名前が書かれた豚を捕獲するパフォーマンスを行うなどの騒動を起こす中、活貧団は、前夜の深夜デモに参加し、あくる日『あたらしい歴史教科書』をかたどったダンボール4箱を燃やすなどした後、洪貞植団長がナイフで自殺を試み、警察に阻止された。

同期[編集]

外務省入省同期には、竹内行夫(外務次官)、阿南惟茂(駐中国大使)、浅見真(駐コロンビア大使)、阿部知之(大臣官房長)、渡辺俊夫(駐アルゼンチン大使)、阿部信泰(ウィーン代表部大使)、西村六善(OECD大使、欧亜局長)、渡辺彬(駐アルジェリア大使)、天江喜七郎(駐シリア大使、中近東アフリカ局長)、山崎隆一郎(駐フィリピン大使)、黒川祐次(駐ウクライナ大使)、上田秀明(駐オーストラリア大使)など。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

公職
先代:
法眼健作
日本の旗 外務省研修所長
1998年 - 1999年
次代:
時野谷敦