都倉栄二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

都倉 栄二(とくら えいじ、1915年 - 2000年7月4日)は、東京府出身の外交官。イスラエル、ハンガリー、スウェーデン、アイスランドの大使を務めた。作曲家都倉俊一の父。Jリーガー都倉賢の祖父。

略歴[編集]

旧制東京府立第八中学校(現東京都立小山台高等学校)を経て、ロシア文学に惹かれて東京外国語学校(現東京外国語大学)露語科に進み、1933年に卒業。ソ連の知識を買われて恩師に外務省入りを勧められ、1934年外務省入省。ハイデルベルク大学留学、在ドイツ日本国大使館在勤を経て、1936年ウラジオストクの駐ソ日本領事館に勤務。1941年10月、高等文官試験外交科(外交官及領事館試験)に合格しキャリア外交官となる。第二次大戦中はドイツフィンランドでソ連情勢の分析に携わる。1945年1月、満州国大使館に赴任。大将山田乙三の秘書官となる。満州国瓦解に伴いソ連軍に連行され、シベリア抑留を経験。1947年に引き揚げて外務省に復帰。ソ連通として日ソ国交正常化交渉に参加。

外務省欧米局第五課勤務、外務省欧亜局東欧課長を経て、1967年内閣調査室次長。1970年特命全権大使としてイスラエルに赴任。1972年ロッド空港事件では涙を流しながらイスラエル国民への謝罪文を読み上げ、日本とイスラエルの断交を回避した。この時期から胃潰瘍を患う。1973年ハンガリー大使に転任。ハンガリーでは長男俊一の結婚式を盛大に行う。

スウェーデンアイスランド特命全権大使を経て、1978年、外務省を退官。1979年、妻・久子に先立たれて一人暮らしとなる。財団法人世界の動き社理事長、社団法人国際交流サービス協会会長。1997年、外務省の外郭団体の仕事で出かけたアイスランドで転んで鎖骨を骨折。晩年は入退院を繰り返し、2000年で死去した。ロッド空港事件後洗礼を受け、東京府中のカトリック墓地に眠る。

家族[編集]

  • 妻・久子(旧姓・高山(こうやま), -1979)- ロッド空港事件ののち胃痛を訴えるようになり胃癌で死去。カトリック信者。[1]
  • 子・都倉俊一(1948-)
  • 子・都倉裕二- 研究者[2]
  • 子・都倉亮(1953-2013)-幼少期はドイツで育ち、10歳から4年間は西ベルリンのアメリカンスクールで学び、日本の高校に進学後、慶応大学を経て三井物産勤務[3][4]。病により退職し、北欧家具輸入販売の都倉インターナショナル設立[5](2010年倒産[6])。著書に『諦めない生き方』致知出版社 (2012/6/11)。
  • 孫・都倉賢-亮の子。
  • 孫・都倉伶奈-亮の子。元準ミス日本で女優

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 平和的撤退都倉亮ブログ、2011年11月26日
  2. ^ 都倉俊一系図近現代・系図ワールド
  3. ^ プロフィール都倉亮ブログ
  4. ^ 国歌斉唱都倉亮ブログ、2012年4月6日
  5. ^ 都倉亮 あいさつ都倉亮を支援する会
  6. ^ 北欧家具の「都倉インターナショナル」が破産決定受け倒産不景気.com 2010年5月20日
  7. ^ 国際交流から得た地域づくり開発こうほう、2004年4月

参考文献[編集]